2014年8月 4日 (月)

熱中症にご用心~とんだ失敗談

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

ここ数年、夏が最も体調が良かった私だが、今年はとんだ失敗をやらかしてしまった。どんなに暑くても汗をタップリかけばスッキリしたものだったのに、今年は熱中症になってしまい、久々に救急車のお世話になってしまったのである。というのも。。。

その日は日中37度越えの酷暑であり、普段はあまり冷たいものを飲まない私ですらも、さすがに冷蔵庫から取り出した冷たいジュースを直接喉に流し込むほどだった。夕方になってもその暑さが治まることが無かったため、昼、冷やしうどんを食べた上に、夕方もまた調子に乗って冷やしうどんの連ちゃんと行ってしまった。その上、デザートにはよく冷えたスイカまでつけて。

そして食後に歯を磨いていた所、不調は突然やってきた。いきなり足が火照る様に熱くなったと思いきや、冷や汗が出てきてすーっと気持ちが悪くなった上に、今度は久々のめまいまでが襲ってきたのだ。

いったいどうしたものかとしばらく扇風機の前でじっとしていたが、状態はまったくよくなるどころかどんどん吐き気が増してくる。しかも手足が痺れてきてしまう始末。その上、お腹も痛くて何度もトイレに駆け込まなくてはならない。ちなみにこの時点で下痢ではない。

もしかしたらこれが熱中症かも知れない

しばらく悩んだ末、ついに救急車を呼んだ。慢性腎炎の既往症があることを伝えると、今は管轄外ではないが、以前かかっていた病院へ向かってくれるという。その間にも、めまいと吐き気を抑えながら、またしてもトイレへ。ああ確かに最近便秘がひどかったのだ。

吐き気が襲ってきた場合のため、手には膿盆を預けられての15分~幸い吐くことはなかったけれど(吐くと脱水と吐き気が増幅するため出来るだけ吐きたくない)、病院に到着しても症状が改善することはなかった。

が、当直の医師がたまたま脳外科医だったため、前回めまいで入院した時よりはずっとスムーズに事が運んだ。CTにレントゲン、血液検査、一通り検査したが特に異常は見当たらない。クレアチニンも0.6と腎臓の方も心配ない。

以前同様「頭位性めまい症」と診断され、念のため一晩入院したが、翌日には吐き気も治まったので退院する。以前腎炎の時もお世話になった幼馴染の看護師とも楽しく話せて、ここまではまずまずだったのだ。問題はその後。。。

退院して夜まではふらふらめまいがあったものの、それなりに体調が良いと思っていた所へ、それまでなんとかもっていた胃腸が悲鳴を上げてしまった。入院後もずっと便通が続いていたが、今度はひどい下痢を起こし、それまではなんとかあった食欲もまったくなくなってしまったのだ。

2~3日、キャベツスープとおかゆで過ごしたけれど、それでも症状が一向に改善しなかったため、万策尽きて懐仁堂さんに電話を入れた。すると候先生はこの症状を即座に「急性胃腸炎」と判断される。冷たい物を食べたのですね?

暑い時に冷たい物を体内に入れると、内臓が冷えて「熱」が体内にこもってしまうことから、熱中症になりやすい。暑い時は、熱いものを飲食して汗をかいた方がよい。

もちろん、屋外で活動をされる場合は別だろうけれど、室内で、体を冷やす目的で摂取する冷たい物にはよくよく注意が必要だということを、今回私は身をもって体験したという訳である。

せっかくずっと健康を保ってきたのに、失う時はほんの一瞬~後悔先に立たずだけれど、候先生が処方してくださったお薬で(乾姜・厚朴で健胃に加え、めまいも配慮していただく)、吐き気と下痢は1~2日で治まり、3日程飲んだところで、ほぼ体調は元に戻ってきたようだ。まだ万全とは行かないが、それはこの暑さも手伝ってのことだろうし、処方していただいた10日分服用すれば、きっと元気になることだろう。

これからまだまだ夏本番~これを教訓に今後は重々気を付けていきたいと肝に銘じた次第である。皆さまもどうぞ、くれぐれもご自愛あそばしますようにcat

Sea_2

少しでも涼んでいってくださいねpenguin

 

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

自然治癒力の偉大さを思い知る~角膜潰瘍~

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

 先日、右目がひどく充血していることに気づき、少し使い過ぎたかと1日タップリ休みを取ったもののこれが治らず、2日目になっても充血が引かないばかりか、ゴロゴロとした違和感があること、その上、黒目の上に白い点が見えることからついに眼科へと足を運ぶこととなった。

看護師に症状を告げると、その白い点を見た彼女は即、角膜に傷がついているという。これはかなり痛かったでしょう?

内臓関係にはかなり気を使ってきたつもりだったが、まさか目をやられるとは不覚だった。そう言えば、1週間ほど前に目にゴミが入ってひどく痛かったような記憶がある。でもその後しばらくはなんでもなかったはずなのに。

それでもまだそれほど重大なこととは思わずに、一通りの検査を受けた後に医師の診察を仰ぐと、なんとこれが「角膜潰瘍」だと言うではないか。

医師曰く、角膜に傷がついたところから何らかの細菌が入り込み、それが目の奥にまで入り込んで炎症を起こしているという。

う~ん、視力は落ちてないようだけど。。。

この重苦しい雰囲気で、もうとっくに忘れていた思い出がよみがえる。昔、腎臓内科へ連れていかれた時のことを思い出したのだ。

腎臓が弱いので抗生物質は飲みたくないと告げたことから、余計に難しい顔の医師は、もしかしたら治らないかもしれないと言わんばかり。

たとえ炎症を抑えられても白濁は残るかもしれない。

これは大分後になって知ったことだが、角膜潰瘍が進むと角膜穿孔となり、失明の恐れもある、実は大変恐ろしい病気(症状)なのだそうだ。

でもその時は、瞳の横に白い点が残るなんてぐらいにしか思わず、でもそれでもかなりとガッカリして帰宅した私はすぐに「困った時の神頼み」の懐仁堂さんへ電話を入れた。すると意外なことに候先生はあっさりと、大丈夫、心配いらない(眼科から処方された以外の薬はいらない)とおっしゃる。

大丈夫、人間には自分で(傷を)治そうとする力があるgood

その言葉に力を得た私は、これまで蓄積した「カラダにイイコト」を総動員させることにした。実際眼科に行く前日の夜も、あまりの目の重苦しさに「爪揉み」をしてみたら、それまでまったく涙が出なかったところに、涙がどっと出始めて、なんとなく楽になったのだから。

ものの本には角膜潰瘍の特徴として涙が出ると挙げられていたが、それもまた「自然治癒」しようと体が頑張っている証なのではないだろうか。

傷を治すためのビタミンCや粘膜に良いと言われるカロテンの多い食材を積極的に食べ、適度な運動と休息を取り、夜も~目が疲れて起きていられず~8時には就寝した。それでも毎日朝6時過ぎまでぐっすり寝ていたところを見ると、体もかなりの休息を欲していたに違いない。

その後、目薬や軟膏の成果も上がって炎症は納まり、心配された白濁もほぼ綺麗に消えてくれた。点眼薬にはステロイドが使われていたため、あまり長く使いたくなかった私は、医師の許可をもらって早めにこの使用を止めたけれど、ステロイドが無くてもきっと~多少時間はかかるだろうけど~残りの白濁も消えてくれるだろうと信じている。

今回の角膜潰瘍の直接の原因は、おそらく目に入ったごみが原因だろうということだったが、間接的な原因は、疲れがたまっていたことで、免疫力が落ちていただろうことが考えられる。逆にいえば、免疫力が高ければ、細菌が侵入してもひどくならずに済んだのかもしれない。

その後はタップリ休養を取って養生に専念したことで、傷の回復が早まっただろうことは、次に受診した際の医師の反応を見れば明らかだ。 

(少し驚いた様子で)炎症が治まって傷も治ってきているね。血管が傷の方に張り出してきて、新しい皮が張ってきている。

気づけばもうブログを1年以上もほったらかしにしておりましたのに、お訪ねくださる方がいらっしゃることに心から感謝しております。これからも「カラダにイイこと」を続けて、体全体の健康を心がけていく所存です。clover 

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月28日 (火)

IgA腎症の患者さんが国立大学に合格!だそうです

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

先日、本当に久しぶりに懐仁堂さんの候先生とお話しする機会があった。最近は目立った症状もなかったため、ずっと店長さんにお願いして薬を注文していたのを、そろそろ電話で問診を受けてほしいとのお気遣いを頂いたからだ。この辺も実にありがたく安心なところである。

現状を伝えたところ、1種類のお薬に変更があった模様。乏しい漢方の知識で調べてみたら、どうやらこれは「肝気欝結」に効く生薬が入ったらしい。

しかもこれがすごいことに、ちょうど薬が届いた翌日あたりから、それと思われる症状がみられたのにはビックリ。気が高ぶって眠れない~肩や背中がつっぱるなどなど、やはり人間の体というものは、気候や天候に左右されるものなのだと、またしても漢方の奥深さにほとほと感心してしまったほどである。

今日はでも、候先生の千里眼を礼賛するためではなくて、その候先生からお聞きしたIgA患者さんのお話を皆さまにもお聞かせしたくて筆を執った次第である。

幼い頃からIgA腎症と診断されて、体が弱く、このままでは大学進学も無理かもしれないと心配されていた患者さんのお母様が、やはり縁あって懐仁堂さんに連絡を取られたらしい。

私は伝え聞いただけなので、この方と直接お話ししたことはないのだけれど、そのお気持ちが手に取るように分かる気がする。きっと、何かにすがるような気持ちで連絡されたに違いないのだ。そして今、とても喜ばしい成果が表れたそう~息子さんは確実に回復され、この度めでたく国立大学に入学が決まったそうなのだ。

これを聞いた私まで、涙が出そうになるほど嬉しかったので、ご家族の喜びはいかばかりだったことだろう。

またほかにも、こちらはこのブログをご覧になられて懐仁堂さんとのご縁を結ばれた方がいらしたそうだ。この方もまた、かなり症状が改善されたそうで、それも何とも嬉しい限り。

どちらのケースも実際にご当人とお話しした訳ではないので、ここで話してよいものやら迷ったのだけれど、候先生ご自身がブログに書いておられたようなので、そこにリンクして、ここにも書かせていただくことにした次第です:

懐仁堂さんのブログ

5月24日の記事~「遅かったが万歳!IgA腎症の子が国立大合格!」です。そこに何気に登場している「HPを作った患者さん」が不肖、私めでござるgood

誰もが漢方薬を試せるわけでもないだろうし、経済的な事情が許さない場合もあるだろう。でも、もし

「単に知らないだけ」

なら、なんてもったいない~ついついそう思わずにはいられない私なのである。

お節介とは思いましたが、ついお話しさせていただいちゃいました。お会いしたことはないけれど、これからもご一緒に、漢方薬の力を借りながら、無理のない範囲での健康体を目指して、ともに頑張っていければ幸いに存じますheart

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2013年5月22日 (水)

快眠にお勧めの簡単ストレッチ~医療の現場より

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

気が付けばもうあっという間の5月。おかげさまでその後も元気にしております。つい先日みぃの2度目の命日を迎え、これを機に、引っ越し先で出会った(というよりその子がいたから引っ越し先をそこに決めた)みぃにそっくりな三毛猫がめでたく家族の一員となりましたcat

最近はなかなか「カラダにイイこと」に目が行かない私ですが、それも逆に、ことさらに健康に留意する必要が無くなった=健康になったということで、ありがたいことだと感謝の毎日を送っています。

でも今日は久しぶりに~先日放送された鳥越俊太郎さんの「医療の現場」での快眠を促すストレッチについて書かせていただこうと思います。これがとっても手軽でお勧めなのと、このお話をしてくださった医師=滋賀医科大学 睡眠学講座の宮崎総一郎氏のお話がとても印象に残ったからです。

まずはそのお話からピックアップしますね:

眠りには「記憶を確定」させる働きがあるのだそうです。よく昔、学生時代などに、一夜漬けは記憶に残らない、一晩寝たほうが、記憶にしっかり残ると言われましたが、それはやはり真実なのだそう。

そしてそれを逆に考えると

「眠れないということは記憶に残したくないという脳の働きでもある」

そうなのです。辛い思いをすると眠れない、悲しすぎて眠れないということは皆様もご経験があると思いますが、それは、その辛い出来事を長いこと記憶しないための、人間の「防御反応」なのだそうです。

悲しみや辛さが心に残ってどうしても眠れない時は、無理に眠ろうとしなくていい。それは、悲しみや辛さを癒す人間の知恵でもあるのだから。

このお話を伺って、なんだか心がす~と軽くなるような気がしました。それでもそんな不眠症状が1ヶ月ほど続く場合は医師に相談が必要とのことです。

そんな宮崎医師がお勧めするストレッチはこれです。

まずは、右手を頭の上に乗せ、腕の重みで首を右に傾ける~左の首筋をう~んと伸ばす。この際、できれば、1、2、3、4、とゆっくり15まで声を出して数を数えるとより効果的だそう。声を出したくない方は、息を静かに吐いてくださいとのこと。

次は左手を乗せて同じようにストレッチ。

そして最後は両腕を頭の後ろで組んで、腕の重みで頭を前に下げて同じように今度は後ろの首を伸ばします。

これを寝る前に行うと、体がリラックスして眠た~くなってきますよ。

また、これはここでも以前どこかに書いたことなのですが「寝だめ」というのはやはりあまり好ましくないのだとか。それよりも「いつもより30分だけ長めに寝る」ということを続けるのが良いそうです。

そうしているうちに自分にベストな睡眠時間を確保できるようにもなり、慢性的な寝不足からも解放されるのだとかclover

睡眠不足は免疫力の低下にもつながり、果ては風邪同様「万病のもと」となりかねません。特にこの風薫る五月を目いっぱい満喫するためにも、ぐっすりしっかり良い睡眠をとって、楽しい毎日を送りたいものですね。

Ill_bouquet_rose07

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

ゴマの健康効果恐るべし♪

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

すっかりご無沙汰してしまって、ふと気づけばもう師走。ほったらかしのブログにもご訪問くださる方がいらっしゃること、まずは心からお礼申し上げますheart

で、最近のマイ健康法を1つ。それが表題にも掲げた「ゴマ」である。

ゴマにはセサミン(抗酸化物質)が含まれている事は、健康オタク?の方なら既にご存知だろうけれど、これが意外にもかなり効くのだ。

きっかけは母がご飯の上にゴマをタップリかけて食べ始めた事だった。昨年の大震災で、なかなか食糧品が手に入らなかった際、親戚が送ってくれた炒りゴマをふりかけ代わりに食べていたところ、とても調子がよいと言うのだ。

アンタも食べてみなさい

そう言われても、ゴマは結構たんぱく質も多いんだよな~とご遠慮していたのだけれど、今年に入って夏以降、自分もこのゴマを食べ始めたところ、身体に元気がみなぎってくるのが実感できたのだ。

今はキッチリとした食事制限は行っていないため、かなりアバウトな表現だけれど、目安としては「ご飯が見えなくなるくらい」ゴマをタップリふりかけて食べる。(ごま塩は塩分過多になるからダメですよpaper

朝は玄米ご飯と決めているので、玄米にゴマ、そして梅干を食べると午前中の活力が湧いてくる。これ本当。白ゴマと黒ゴマでは黒ゴマのほうがよりパワーが強いような気がするけど、その理由は定かではない。

寒い冬、朝なかなか起きられない~などという機会も減ってくるのはありがたいし、これがまた、どうやらお通じにも良いらしいのも嬉しいところ。ちょっと色はかなり黒くてビックリしちゃうんだけどcoldsweats01

手軽に手に入って簡単に食べられる「炒りゴマ」の健康パワー、それぞれの健康具合に応じて極端にならない程度にどうぞお試しくださいませ。

また少し早めではありますが、今年一年また大変お世話になりました。来年もほそぼそと続けていく所存ですので、どうぞよろしくお引き立ての程お願い申し上げます。皆様にはどうぞ良いお年を迎えられますように。

Ill_fuji04

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法に関する記事(一覧表示)からご覧いただけます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

子宮内膜症~あきらめなくてよいのかも?ほぼねえちゃんのケース

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

久しぶりに病気自慢の記事を書かせていただきます。昨日お寄せいただいた「子宮内膜症」を患っていらっしゃる方の体験談です。

いつも申し上げているように、人はそれぞれ、体質もそれぞれ~なので、この治療法なら絶対に効くという事はまずないと個人的には考えています。

でもそれは、逆に言うと、できるだけたくさんの方の体験談に触れることができれば、自分に合う治療法のヒントもまた得られるのではないかということ。ここはイイけど、ここはダメ、この治療法は自分に合うみたいだけど、これは合わない。

ご自分なりに治療法を模索しておられる「ほぼねえちゃん」さんのケースです。どうかひとりでも多くの方が「あきらめず」に希望を持つ事ができますようにheart04

~ほぼねえちゃんさん、そういう趣旨なので、どうかご了承くださいませね~

はじめまして

ここで紹介されている右の本のリストを読んで、本当はしたくないと思っていたホルモン療法に踏み切るのをやめる決心ができました。

3度子宮内膜症で手術をしました。
3回目のはチョコレートのう腫が9cmと大きかったため、開腹でした。

それから一年、先々週また再発が見つかりました。

3回目の手術を勧めてくださった先生がホルモンを選ばない訳がわからない、といった口調で、また再発していることを告げられ、ホルモン療法をせまられました。

ホルモン療法は個人差があると思いますが、私には全くあわなくて、いつもツライことになっていました。 良かれと思って言われているのもわかりますが、恐怖から決断するのも・・・と本当に悩んで、検索していてこのサイトにヒットしました。

お勧めの本はかったっぱしから読んでいます。そして、勇気付けられています。

体を温めたり、食べ物を変えたり。そのうちに、ホルモンを直ぐ選ばなくてもやっていけるかも、と希望がでてきました。

特に、アンドリュー・ワイルと石原先生の本に助けられる思いです。

すばらしいリストを載せてくださって、このブログを書いてくださって、本当にありがとう。 これからも、きっと沢山の女性がこのブログに助けられると思います。

私自身、様々な方からこれらの本を紹介されました。何冊も読んで、自分に合うものを取り入れるうちに、すこしずつ自分なりの健康法が分かってきた気がします。

強い薬を使うわけではないので、すぐに症状が好転しない場合もありますが「悪くならない」のをまず良しとして、根気よく身体に良いことを見つけていって下さいね。ほぼねえちゃんさんの症状が少しでも緩和される事を心からお祈りいたしております。こん

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«夏の終わりに~秋バテにご用心?