« 「子宮筋腫」に関する記事 | トップページ | 「低たんぱく食」に関する記事 »

2008年11月30日 (日)

「IgA腎症と慢性腎臓病」に関する記事

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

このページは見出しのページです。

題名をクリックしていただくとそれぞれの記事にジャンプします。(向かって右上のIgA腎症・慢性腎臓病(CKD)カテゴリからも関連記事がお読みいただけます)newは最新記事デス。

●まとめ

IgA腎症について~より高いQOLを求めて (うんと長いデスbleah

IgA腎症が寛解した経緯について (アッサリ編デス)

発症入院まで

「腎炎です。このまま入院していただきます」

「入院 初日」

「1日尿蛋白は2600mgです」

食事制限(低タンパク食)

腎生検

「残念だけど、IgA(アイジーエー)だったよ」

ステロイド治療ステロイドパルスで入院、退院後投薬治療)についての考察

IgA腎症とステロイド治療

IgA腎症のステロイド治療とその副作用-再燃は防げる?

水虫とステロイド軟膏-IgA腎症に置きかえて考える

ワタシがステロイドを受け入れた理由

IgA腎症はステロイドじゃないと治せない?

IgA腎症とステロイドパルス~身近な例で考える

IgA腎症~ステロイドの副作用にはもうウンザリ!

アジソン病(副腎低形成)ってご存知ですか?

IgA腎症~ステロイドは両刃の剣

ステロイドの副作用対策

ニキビ予防に「大豆イソフラボン」が効果的?

扁桃摘出術(未経験)

IgA腎症と扁桃摘出術-ホントにそれでイイの?

せっかく病気になったんだから(笑)

IgA腎症~扁摘パルスは過剰医療!?

IgA腎症~なんで扁桃腺は切らんとアカンの?

食事療法「低たんぱく食」に関する記事低たんぱくレシピ集もご覧ください)

IgA腎症と食事療法

1)低たんぱく食

低タンパク食-腎炎治療に「食事制限」は必要か?

低タンパク食の勧め~あなたの「ふつう」はどれくらい?

IgA腎症と食事療法~低たんぱく食のススメ再び(笑)

IgA腎症~食事で腎臓を悪くしない方法

2)腎臓にイイもの

なたまめ茶はIgA腎症の救世主!

秋サケを食べてIgA腎症を追い出せ!(アスタキサンチン)

やっぱり食べたい(笑)!腎臓に良い食材

カラダにイイものは腎臓に良くない?

マクロビオティックは腎臓病に悪いんじゃない?(@_@;)

腎臓病とマクロビオティック~再び検証!

3)塩分制限

薄味と少食-アナタはどっちならガマンできる?(上手な減塩の仕方)

4)カリウム制限

腎機能低下によるカリウム制限について

ゆで野菜のカリウム量(腎臓病のカリウム制限)

IgA腎症とは?

IgA腎症とは?

IgA腎症~ワタシが思いあたる原因について

IgA腎症が寛解にいたるまで―

IgA腎症~再燃そして寛解へ

「腎臓病ってなあに?―もっとわるくならないために」

IgA腎症は自然に治る?~国際IgA腎症ネットワークより

腎生検って不要だったの?(@_@;)

悪いことはできないもので・・・(^^ゞ

IgA腎症とその長期予後について

IgA腎症の完全寛解とは?

通院日記

きょうは腎臓内科の通院日デシタ 2008/09/11

IgA腎症の完全寛解~コレでやっと無罪放免?(笑)

IgA腎症を治すために

IgA腎症はうがいで治す!

IgA腎症を治すためにheart

「IgA腎症を自分で治す」ことの意味

IgA腎症と自然治癒

IgA腎症-尿pHと尿潜血の関係~尿pHをアルカリ性に!

尿潜血はどこからのサイン?~尿潜血の原因を探れ!

IgA腎症の治療について~常在菌と自己免疫の関係

腎炎と口呼吸~鼻で息をしてますか?(笑)

ホメオスターシス~元に戻ろうとする力

「患者力」を読んでみて

IgA腎症と漢方薬

IgA腎症の完治を目指して!

IgA腎症~体質改善を図るためにheart

IgA腎症~もし再燃しても焦らないこと!

IgA腎症にイイこと~ちょいと豆知識♪

IgA腎症にイイこと~ちょいと豆知識(鼻炎編)

IgA腎症~ちょいと豆知識(血尿編) 

IgA腎症~ストレス溜めていませんか?

IgA腎症~自然治癒を促すには?

IgA腎症~体質改善してみませんか?heart

IgA腎症と歯周病

IgA腎症~治療法を選ぶのも患者自身!

newIgA腎症と体質改善

慢性腎臓病(CKD)

1)CKDと言われたら?

尿にたんぱくや潜血が出ているといわれたら?

慢性腎臓病~ムリは禁物!分かっちゃいるけど(笑)-

慢性腎臓病~ときには外食も楽しまなくちゃ♪

尿試験紙は必需品

腎臓にイイこと(^0_0^)

カラダにイイことは腎臓にもイイことだ!(笑)

腎臓の自然治癒~アナタ自身が助けてみたら?

2)腎機能

「腎機能正常範囲」の落とし穴

腎機能を簡単に計算する方法(補足)

腎臓病と疲労感

腎臓病と自覚症状~カラダの声を聴いていますか?

腎臓が強くなるということ

3)腎臓病の薬

クスリとワタシ~IgA腎症と子宮筋腫

クスリとワタシ-続編

東洋医学(漢方薬)に光明を見出す!

「腎臓を強くする」~漢方薬を飲んでみて

IgA腎症~漢方薬を服用してもうすぐ3ヶ月

4)その他

腎臓病の人へのお歳暮には何がいい? 

●その他

Special Thanks to—

IgA腎症の治療においてワタシが疑問に思うこと

カラダはとってもデリケート♪

★ほかの方の闘病記(病気自慢・健康自慢より)

慢性腎炎-尿試験紙を片手に奮闘中デス!byりんごさん

慢性腎炎-尿タンパクを減らす!りんごさんの「傾向と対策」

慢性腎炎はいつのまにか寛解-ただいま気ままに養生中♪byじろうさん

IgA腎症が寛解したじろうさんのお話

いまだ続くステロイドの余波-なんとかうまくやり過ごせますように<三憂さんの場合>

IgA腎症?~3ヶ月ガンバって「ぼぉ~っと養生」してみました~チョコミントさん

自然治癒力を信じて~nonさん

IgA腎症は扁摘パルスで寛解中♪「前向きに!」がモットーです~mogtarouさん

カラダにイイこと実践中です♪~nonさん

食事の改善でクレアチニンが下がった~~!(nonさん)

扁摘パルスで血尿が消えました~Kanmamaさんのケース

IgA腎症?~生活改善で尿所見も改善!~mayさんのケース

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 「子宮筋腫」に関する記事 | トップページ | 「低たんぱく食」に関する記事 »

コメント

こんにちは、36歳女性です。初めてブログみさせていただきました。相談というか意見を聞かせていただきたくメールしました。
実は今年の検診で初めて潜血+3蛋白±でひっかかり、腎機能は正常でした。その後月一の経過観察の結果潜血は変わらず、蛋白は-で腎機能は正常で医師から、薬もいらないし、食事制限もなし、と言われ、自分なりに、塩分制限と蛋白を気をつけていました。その頃から3ヶ月に一回の診察になりました。じぶんで勝手に食事制限をやりすぎたせいか、体力が落ちてしまって、食事をある程度戻した矢先に風邪から下痢がひどくて脱水になり、初めて肉眼的血尿を出してしまい、点滴をしたら、血尿もおさまり、様子をみていました。私は、年齢的にも子供がほしいと思っていて、腎内科の医師にも子供を作っていいとOKが出て不妊の検査も受けていて検査の一つで造影剤を使用しました。その検査の一ヶ月後の腎内科の診察で、潜血は変わりませんが蛋白は-なのに腎機能【クレアチニン1.1)に悪化していまい、医師もびっくり。原因がわからず、下痢と造影剤のことを伝えると、それが原因の可能性ありかも。一ヶ月様子を見て悪化するようなら初めて腎生検とステロイドを使うことになるかもといわれました。医師によると多分Iga腎炎らしいです。
ショックと不安のあまりそのことばかり考えてしまい、自分で治す方法はないかと、このブログに出会うことができました。今、自分で気をつけてることは、うがい、腎臓を冷やさないように腹巻、食事では、玄米小豆ご飯を主食にして、根菜を食べるようにしています。あとスイカやなたまめ茶を飲んでいます。一度下がった腎機能は戻らないのでしょうか?どうしてもステロイドを使いたくないのです。
他に自分でできることありますか?意見やアドバイスをいただけたら嬉しいです。よろしくおねがいします。

投稿: 山 | 2009年7月 2日 (木) 19時41分

山さん、こんばんは。
コメントありがとうございました。

IgA腎症かもしれないということですが、ご自分で色々努力されたのにクレアチニンが上がってしまったこと、残念でしたね。

おっしゃるように、食事制限は、きちんとできれば確実に効果があるのですが、栄養指導無しに行うのは、却って体力を落とし、ひいては腎機能をも落としかねません。
病院で指導していただけるにこしたことはないのですが・・・

また、そのクレアチニンですが、私は医師ではないので明確なことはいえませんが、体調が悪いと一時的に上昇することもあるそうです。
たとえば、急激に腎機能が落ちて人工透析を受ける場合がありますが(急性腎不全)、腎機能が回復すれば透析の必要はなくなります。

山さんの場合~そう極端では無いでしょうが~一時的に悪化しただけなのかもしれないとお医者様もお考えなのかもしれませんね。

私は一患者であって医師ではないので、残念ながら治療についてのアドバイスをすることはできません。山さんの症状がどのようなものであるのかは、やはり腎生検をした上で、医師が判断するべきだと思うからです。

ただ、同様に一患者&腎炎の先輩(笑)として言えることは、与えられたこの1ヶ月を、「ショックと不安でイッパイ」に過ごすのではなく、できるだけ心を穏やかにし、カラダをいたわって過ごしてくださいということです。

体力が落ちているようなら体力の回復に努めるように、食事も、極端に制限するのではなく、お肉やお魚なども、1日に50~60g程度は食べるように。同時に野菜をたくさん食べ、血液をなるべくアルカリ性に近づけること。

少し体力が回復してきたら、少しずつでいいから有酸素運動をしてみること。でも疲れるようならやらないこと。

1ヶ月間「養生」してみて、また、その時にお医者様と相談すればイイことです。

考えないようにするのはむずかしいかもしれませんが、自律神経を安定させること、もこの病気には大切な治療です(*^_^*)。
いまはの~んびり構えること、キモチを楽~に持つことこそが、山さんにできるベストの治療法だと考えます。

よろしければ、ちとコトバはキツイのですが~この記事はどうみても積極的治療が必要な人にあてて書いたものですから(笑)~この「IgA~に関する記事」の中の、

●慢性腎臓病
1)CKDと言われたら?
尿にたんぱくや潜血が出ているといわれたら?

↑この記事を読んでみてください。ワタシなりに具体的な養生法を書いたつもりデス(笑)。

どんな治療法を選んだとしても(自然治癒を待つにしても)、どのみち、そんなに短い期間で治る病気ではありませんのデス。月~年単位で考えなくてはなりません。

カラダを冷やさない、とてもいい方法ですね(*^_^*)。まずはとにかくカラダをいたわって、少なくとも1ヶ月間はゆっくりのんびり行きましょう。

あ、すいかは、カラダを冷やしてしまうので、利尿にはよいでしょうが、腎炎の進行具合では、NGになる場合もありですのでお気をつけください。
個人的にはなたまめ茶の方がよいような気がします。

めずらしく、夜(笑)仕事をしていました(^O^)/。ちょうどお返事ができてよかったデス。長々とスミマセン(^^ゞ。

どうぞまたいつでもいらしてくださいマセ。お待ちいたしております。

こん(*^_^*)

投稿: 山さんへ | 2009年7月 2日 (木) 20時19分

早々のお返事ありがとうございます。
少し気持ちが落ち着き、頭を切り替えねばとおもいました。今から思うと、ちょうど潜血がみつかったころは、仕事は楽しかったのですが忙しく、結婚して1年ちょっとで、家庭内がうまくいってなくて、怒りと悲しみ、焦りの毎日でした。常に離婚を考えて生活していたので・・・そんな矢先にこんなことになってしまい。現在はこの病気をきっかけに家族とも話し合い落ち着いた状況ではありますが、この病気を治すためには自分自身も心の持ち方を変えねばとこのブログで強くおもいました。ほんとうにありがとうございます。
これからも読ませていただきます!
そーいえば、本で読んだのですが、小豆の煮汁は腎機能回復に良いらしく、血尿が止まった方が多いらしいです。これからも腎臓にいいと教えてください!

投稿: 山 | 2009年7月 3日 (金) 13時45分

山さん、こんにちは(^O^)/。
お返事どうもありがとうございました。少しは落ち着かれたとのこと、本当にようございました!

確かにむずかしい病気ではあるのでしょうが、そして自分が寛解したから言うわけではナイのですが、山さんもお気づきのように、精神を安定させ、心のもちようを変えることができれば、もしかしたら、それが一番の近道かもしれない、ワタシはそんなふうに思うのでありマス(笑)。

モチロンね、物理的な努力も必要デスよん♪でも、イライラしてどうにかして治そう!と気ばかり焦って夜眠れないよりは、ど~んと構えてぐっすり眠った方が、ゼッタイ腎臓にもイイハズなのです。

そうそう、アタマではうれしいことでも、カラダにとってはキツカッタ(>_<)ってこともたくさんあるに違いありません。そこに気づかれただけで~ワイル博士の言葉を借りれば~治癒への第一歩が踏み出せたに違いないです(*^_^*)。

病気になんてならないにこしたことは無いけど、ワタシも病気になってはじめて、きちんと家族と向き合うことができるようになりました(^^ゞ。そして、気持ちも落ち着いていき、ゆったりと養生に専念できるようになったのです。このような(免疫異常の)病気には、そういう気づきが不可欠のように思います。

そうですか!小豆の煮汁ですか(゜o゜)。
ワタシもこんど試してみます。ワタシはなんでもやりすぎちゃうので(^^ゞ、少しずつ飲んでみますね~。情報をありがとうゴザイマス(^O^)/。

これからも、色々情報交換しながら、一緒にノンビリ養生していきましょうね~。

とりあえずは、よい週末をお迎えくださいマセ(^_-)-☆

こん(*^_^*)

投稿: 山さんへ | 2009年7月 3日 (金) 14時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/42333298

この記事へのトラックバック一覧です: 「IgA腎症と慢性腎臓病」に関する記事:

« 「子宮筋腫」に関する記事 | トップページ | 「低たんぱく食」に関する記事 »