« アレルギーの仕組みに納得 (*^。^*)-病の起源より | トップページ | 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-野菜のかき揚げ »

2008年11月28日 (金)

慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-メンチカツとかぼちゃのコロッケ

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくの献立です。

慢性腎炎などの腎臓病(CKD)の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

揚げ物は、出来合いは油や塩分が気になりますが、家庭で作れば安心して食べられます。カロリーUPにもなるので、時間のある時にまとめて作っておくと便利。ビタミンEたっぷりのかぼちゃを食べて血液の循環を良くしましょう。

作り置きする際は、油で揚げたものを冷凍しておくと簡単♪デス。解凍するときはペーパータオルにのせて電子レンジで。アルミ箔に包んでオーブントースターで加熱もOKデス。

<ワンポイント>

★卵を少量使うときは、うずらの卵(1個10g)があると便利デス。たんぱく質はほんの少し(100gで0.2g)多いだけなので少量を使う場合はほとんど変わりません。

★塩0.2gとはホンの「ひとつまみ」デス。

★「ソースは要らない」という方へ:
 中濃ソースのカロリーは14.5kcal、蛋白質は0.1g、塩分0.6gで計算してあります。

<材料(1人分)>

メンチカツ

牛ひき肉 15g
豚ひき肉 15g

玉ねぎのみじん切り 20g

卵 2.5g

パン粉 2g

塩 0.2g

かぼちゃコロッケ

西洋かぼちゃ 25g

玉ねぎのみじん切り 2.5g

塩 0.2g 

(衣A) 

小麦粉 3g
卵 2.5g
パン粉 5g 

(衣B) 

小麦粉 2g
水 少々 
パン粉 2g 

オリーブ油(吸収分) 9g

サラダ菜 10g

中濃ソース 11g

総カロリー171.4Kcal、総蛋白質8.4g、塩分1.2g

<作り方>

1.卵は割り溶いて分量を量っておき、玉ねぎはみじん切り(使うのは22.5gだので少し多めにネ)にしておく

2.牛・豚のひき肉、玉ねぎのみじん切り(20g)、溶き卵(2.5g)、パン粉、塩を混ぜ合わせ、よく練って楕円形にまとめる

3.かぼちゃはラップに包んで電子レンジで1分ほど加熱し、熱いうちにスプーンでつぶす

4.3に玉ねぎのみじん切り(2.5g)と塩を加えて団子状にまとめる

5.2(メンチ)はA(小麦粉⇒卵⇒パン粉の順)、4(かぼちゃ)はBの衣(水溶き小麦粉⇒パン粉の順)をつけて175℃の揚げ油(普通に用意してください)できつね色になるまで揚げる

6.サラダ菜を敷いた上にカツとコロッケを盛り合わせ、中濃ソースを添えてできあがり

ほかにも低たんぱく食のレシピをご用意しておりマス。

低たんぱく食レシピ集カテゴリ
レシピの一覧は低たんぱくレシピ集までどうぞ。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« アレルギーの仕組みに納得 (*^。^*)-病の起源より | トップページ | 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-野菜のかき揚げ »

3)低たんぱくレシピ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/43251340

この記事へのトラックバック一覧です: 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-メンチカツとかぼちゃのコロッケ:

» コロッケ カロリー [コロッケ カロリー]
こんにちは。この度、ダイエット情報のHPを作りましたので、トラックバックさせて頂きました。ブログ訪問者の方には有益な情報かと思っています。よろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2008年12月14日 (日) 11時45分

« アレルギーの仕組みに納得 (*^。^*)-病の起源より | トップページ | 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-野菜のかき揚げ »