« 使えば使うほど・・・(^^)v(廃用症候群) | トップページ | 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-おでん »

2008年12月12日 (金)

慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-お雑煮

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくの献立です。

腎臓病(CKD)や慢性腎炎の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

腎臓が悪くても、お正月にはお雑煮だって食べられます(^^♪。年越しソバもおせち料理も、量を加減すればイケるはず(^^)v。手作りでないものはなかなかその成分が分かりづらいので、その代わりに手作りするものはいつも以上にキッチリ計って作りましょう。そして、その前後はカッチリ(笑)節制しましょうね~~。

お雑煮は、地域によって使う食材や作り方も異なると思います。これはあくまでもご参考になさってくださいマセ<(_ _)>。

★おせち料理にはカリウムが多いので、今回はカリウム量を減らすために、野菜はゆでた後の重量で計算しています。

<材料1人前>

もち2個 100g

鶏モモ肉 40g

オリーブ油 5g

かまぼこ 10g

にんじん(ゆで)20g
ごぼう(ゆで)20g
せり(ゆで)10g

減塩しょう油 10g
カツオだし(1カップ)200g

総カロリー370.4Kcal、総蛋白質15.4g、塩分1.3g
(カリウム量は488.5mg※)

※鶏モモ肉をゆでこぼせば更にカリウムは減らせますね

<作り方>

1.鶏モモ肉は削ぎ切りに、かまぼこは薄切りにする

2.にんじんは輪切り、ごぼうは斜め薄切り、せりは2cm長に切って、それぞれさっと下ゆでをし、水気を切って重量を確認する。

3.おもちはこんがりと焼いておく

4.鍋にオリーブ油を熱し、鶏モモ肉とにんじん、ごぼうを軽く炒める

5.カツオだしを注ぎ、肉に火が通るまで煮る(1~2分)

6.1の焼いたおもちに熱湯をかけ(カリッとした食感を残したい方はそのままでOK)、お椀に入れておく

7.5にしょう油を加えて煮立ったらお椀のおもちにかける。セリとかまぼこを添えてできあがり

★もう少しカロリーUPしておきたい時は仕上げにごま油をたらしましょう。ごま油5gで46kcalプラスできます。

ほかにも低たんぱく食のレシピをご用意しておりマス。

低たんぱく食レシピ集カテゴリ
レシピの一覧は低たんぱくレシピ集までどうぞ。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 使えば使うほど・・・(^^)v(廃用症候群) | トップページ | 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-おでん »

3)低たんぱくレシピ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/43395458

この記事へのトラックバック一覧です: 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-お雑煮:

« 使えば使うほど・・・(^^)v(廃用症候群) | トップページ | 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-おでん »