« 初めてのお風呂(笑) | トップページ | 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-筑前煮 »

2008年12月26日 (金)

大人(おとな)しすぎていませんか-医師との上手な(?)付き合い方

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

ワタシがIgA腎症のステロイドパルスで入院した時、卵巣がんの患者さん(Sさん)と同室になったことがある。

Sさんは、がんの再発を自分で発見し、それを見逃した医師を怒鳴りつけて入院してきたほどの豪傑(笑)である。回診にきた医師にもバンバン言いたい放題。さすがのワタシもビックリしたほどの人だった(゜o゜)。

そのSさんが化学療法を始めることになった。事前に医師や看護師たちから説明は受けたらしいのだが、意外にも彼女の口から漏れるのは治療に対する不安ばかり。

「ねえ、こんさん、髪が抜けるってホントかしら?」

「ひどい吐き気におそわれるっていうわよね?」

毎日質問攻めにあってしまった(-_-;)。祖母をがんで亡くしたワタシは、がんに関する本をかなり読んではいたし、化学療法についても多少の知識は持っていた。でも所詮は机上の空論。不安でいっぱいの彼女の疑問に答えることなどできるわけもない。ただ彼女の悩みを聞くことしかできなかった。

朝から晩まで1つ部屋の中で悩みを聞かされていた。そのうち、Sさんのため息が聞こえただけで、ワタシの胸まで不安でドキドキしてくるようになった。

始終看護師が詰めてきていたので、彼女達に聞いてみれば?って何度も言ったんだけどSさんは決して聞こうとしない(-_-;)。

「Sさん~、具合はどうですか?何か心配事はありませんか~?

「元気です~。大丈夫です~(^^)v」

看護師が姿を消すと、また「はぁ~~」と始まる。彼女たちは患者の悩みを聞くことも仕事の1つなのに。

本来お気楽なワタシだけど、ステロイドの副作用(情緒不安定)もあったためか、ある日、急に心拍数が上がるという事態におそわれてしまう。モチロン、ワタシの主治医は大慌て(>_<)。部屋にいろんな器械が持ち込まれて一時は大騒ぎになった。

仕方なく担当の看護師に訳を話すと、翌日Sさんは別室へ移されることになった。ナースステーションの近くの部屋が空いたらしく、彼女の治療上もそのほうがよいと判断されたとのこと。

確かに病気になると心細くて、医師以外の誰かに話を聞いてほしくなることもある。アノ物怖じしないSさんでさえこうなのだから。

でもね、所詮、素人は素人。語れるのはせいぜい体験談でしかない。その体験が励みにはなっても、自分にあてはまるとは限らないのだ。

気持ちを分かち合ったり参考にするだけならイイけど、見当違いの処置をしてしまったら、かえって病気を悪化させてしまうかもしれない。

ネットでの体験などを読んでいても、いつも不安に思ってしまう。

「医者なんて関係ない!自分で治すんだ!」

確かに自分で治そうという気構えはとても大切。それなくしては病気を治すことはできないとさえ言える。でも、決して医師を除外してはならない、とワタシは思うのだ。素人判断は命取りになりかねない。

自分がこーゆーブログを書いているのにこんなことを言うのははばかられてなかなか言えなかったんだけど(^^ゞ、病気についての不安・疑問があったら、必ず医師の意見を仰いでほしいと思うのだ。(体験談はあくまでも参考!笑)

その上で医師の話が納得できるものでなければ、納得できるまでとことん話し合うべきだろうし、必要ならセカンドオピニオンを求めるのもよいと思う。

~このブログのサイドバー(左下)の「お役立ちサイト」に腎臓専門医名簿のサイトをリンクしてあります。よろしければそちらもご利用くださいマセ~

確かに、最初に病気を宣告された時には心構えがまだできていない。たとえ質問を促されても何を聞いていいのかさえ分からないことだろう。

そんな時でも「(質問は)何もアリマセン」ではなく、「今は考えがまとまらないので次回させていただきます」そう答えるようにしたいもの。でないと、この患者には自分の意見がないと思われてしまいかねない。

ましてや2度、3度と通うようになったなら、疑問や不安は医師に直接ぶつけなくちゃ。患者は病気の素人なのだ。病気に関することで、その道のプロである医師に「聞いちゃイケナイ」ことなど決してありはしない! 自分の疑問や不安をあらかじめ紙に書き出して整理しておくのもイイだろう。

「聞いても教えてもらえなかった(>_<)」

そんな話も耳にするけど、一度聞いただけで本人に分かりやすく教えてくれる医者なんて、そうそういないわよ~。彼らは「先生」とは呼ばれているけど、教えることが専門じゃないんだから(^O^)/。

「今おっしゃったことがよく理解できないのですが、○○という意味でしょうか?」

手を変え品を変え、言い方を変えて(笑)、何度でもあきらめずに、自分が納得するまでトライしなくちゃ。

医師の言ったことを本当に理解できているのか、自分の言葉で言い換えてみること。口に出して医師に伝えることで、医師も自分の言ったことが患者に理解されたかどうかを知ることができる。

ある意味、患者も医師を教育しなくちゃイケナイのだ!
<(`^´)>

本当は分かってもいないのに「ハイ」って頷くだけじゃ、いつまで待っても十分な説明を受けることなどできやしない。患者の不安を医師に伝えなければ、医師の意識を変えることもできない。

残念だけど「この患者は自分の病気に興味ないんだな」=「自分で治そうなんて思ってないんだろうな~」って思われちゃうのが関の山だ。

ワタシの主治医なんてね、聞いたことには答えてくれるけど、こっちがモタモタしていると、ガタガタ貧乏ゆすりを始めちゃうのよ~(笑)。

「よぉ~し、次は聞きたい事をちゃんとまとめてくるぞぉ~<(`^´)>」

本当に治したいと思うのなら、この位の努力は必要だ。特に腎臓病などの慢性疾患は、医師との付き合いがう~んと長くなるんだから(笑)。

また、他のIgA腎症の方のブログにこんなことも書いてあったっけ。

~~自分は降圧剤を飲んでいる。ここ数ヶ月血圧は低いままで安定しているのに、今日の検診でも医師はそのことにふれようとしなかった。もう薬は止めてもイイのではないか?この医師はちゃんと患者を診ているのだろうか?~~

こういう人いっぱいいるわよね。何を隠そうウチの父親もそうなのだ(-_-;)。医師に黙って薬(降圧剤)を止めたことがあり、それを白状した時、ワタシに怒鳴りつけられた――「先生に謝ってきなさいっ!<`ヘ´>」(信じられないだろーケド、ワタシ、普段は大人しい娘なのだ・笑)

何かを疑問に感じたらその疑問をきちんと言葉に出して伝えること――「薬はいつまで飲めばイイのですか?」

医師にとっては「薬=治療」なのだ。本人が断らない限り、飲まなくても大丈夫だということを証明しない限り、薬を止めろとは言わない。だからといって自己判断で薬を止めるなどもってのほかだ。

そしてこの方、医師の再三にわたる禁酒の勧めも守っておられないとか(-_-;)。(ウチの父親も隠れてお酒飲んでたことあったな~笑)

ワタシが医師に同情してしまうのはこんな時なのである(^^ゞ。

大人(おとな)しすぎて何もいえない患者、どうせ言っても守らないだろうと最初からあきらめてしまっている医者、一体どちらに責任があるのかしらね~?

他人(医師)を変えたいと思ったら、まずは自分が変わること。「自分は病気を治したい」という姿勢を積極的に医師に見せよう。何も反応しないように見えても彼らなりに喜んでいるはずだ(笑)。だって、病気を治したくない医者なんている訳ないもの(^^♪。それでもひどい医師はヤッパリいるかもしれないケド・・・(笑)

本当に病気を治したいなら、医師を味方につける努力もしなくては!ワイロを渡せといっているのではありませんからね(爆)。

医師もワタシ達と同じ「不完全な人間」なのだ。専門性が高いだけに、対人関係が苦手でもそのくらいは目をつぶってあげなくちゃ。

自分はモチロンだけど(^^ゞ、会社で周りを見回してごらんなさいって。イイ年した子どもがいっぱいいるじゃない(爆)? 医者ばかり神聖化しちゃいけないわよね~って思えてくるわよ(^_-)-☆。

「お医者様は神様であるべき!」――そんな偏見を持つのは今年で終わりにしちゃいましょう(笑)!

ず~~っと言いたかったんだけどなかなか言えなかったテーマについて、ようやく書くことができました。長々とスミマセン~<(_ _)>。

レシピは明日(土曜日)にさせていただきますね。それではどうぞ皆さま良い週末をお迎えください。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

IgA腎症慢性腎臓病に関する記事は:

IgA腎症・慢性腎臓病 (CKD)カテゴリ(全文が表示されます)またはIgA腎症と慢性腎臓病に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 初めてのお風呂(笑) | トップページ | 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-筑前煮 »

7)その他の医療関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/43532336

この記事へのトラックバック一覧です: 大人(おとな)しすぎていませんか-医師との上手な(?)付き合い方:

« 初めてのお風呂(笑) | トップページ | 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-筑前煮 »