« 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-サケと青菜入り雑炊 | トップページ | ゆで野菜のカリウム量(腎臓病のカリウム制限) »

2008年12月 5日 (金)

慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-切り干し大根の炒め煮(2食分)

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくの献立です。

腎臓病(CKD)や慢性腎炎の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

腎臓病のための治療食!と張り切らなければ、1日に2度(若しくは3度?笑)同じおかずを食べることなんてしょっちゅうありますよね~?(^^ゞ

治療食だって同じデス。たまには2食分作って「手抜き」をしましょう。今日は食物繊維をタップリ摂りたいな~という時にお勧めの切り干し大根です。たんぱく質は多くないので、目分量でご家族と分けあうのもイイですね。

切り干し大根はミネラルタップリですが、カリウムもかなりの量(100g中3200mg)が含まれています。制限のある方はふつうの大根(200g)を千切りにしてお使いください。

<材料(2食分)>

切り干し大根 40g

 ※または大根(皮むき生)200g

にんじん 40g

油揚げ 20g

しょうが 5g

オリーブ油 10g

顆粒風味調味料 1g
水適量(1と1/2カップ=300gほど) 

砂糖 6g
減塩しょう油 10g

<1食分の栄養素>

総カロリー164.3Kcal、総蛋白質3.7g、塩分0.7g
(カリウム720mg-戻した水を捨てれば大分減るとは思いますが確実な値が分からないのでそのまま計算いたしました)

※切り干し大根の代わりに生の大根を使った場合

総カロリー126.5Kcal、総蛋白質2.9g、塩分0.6g
(カリウム310mg。大根とにんじんををゆでこぼせばもう少し減ると思います。その場合は水を減らして煮るようにしましょう)

<作り方>

1.切り干し大根はぬるまゆにつけてつけてもどし、水気を絞る。

2.にんじん、しょうがは千切りにする

3.油揚げは熱湯をかけて油抜きをし、千切りにする。

4.なべにオリーブ油を熱し、しょうが、切り干し大根、にんじんの順に炒め、全体に油が回ったら油揚げを加えてさっと炒め、だし、水を加えて煮る。

5.煮たったら弱火にし、砂糖を加えて少し煮る。最後にしょう油を加え、さっと煮あげて出来上がり。

ほかにも低たんぱく食のレシピをご用意しておりマス。

低たんぱく食レシピ集カテゴリ
レシピの一覧は低たんぱくレシピ集までどうぞ。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-サケと青菜入り雑炊 | トップページ | ゆで野菜のカリウム量(腎臓病のカリウム制限) »

3)低たんぱくレシピ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/43324770

この記事へのトラックバック一覧です: 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-切り干し大根の炒め煮(2食分):

« 慢性腎臓病(CKD)のための低蛋白レシピ-サケと青菜入り雑炊 | トップページ | ゆで野菜のカリウム量(腎臓病のカリウム制限) »