« 腎臓病と疲労感 | トップページ | 尿にたんぱくや潜血が出ているといわれたら? »

2009年1月28日 (水)

腎臓にイイこと(^0_0^)

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

今まで、胃にイイこと、腸にイイこと、子宮筋腫にイイこと、心にイイこと(笑)、などなどイロイロ書いてきたけれど、「腎臓にイイこと」はまだ書いてないことに気づいた。(ほかにもたまった『宿題』がありそーな・・・爆)

基本的には「カラダにイイこと=腎臓にイイこと」だと思うんだけど、う~ん、それでも特筆しておくことってあったかしらね~(@_@;)。

やっぱり食べたい(笑)!腎臓に良い食材カラダにイイものは腎臓に良くない?に食べ物のことは書いたんだけど~ほかにイイ「こと」もきちんと整理しておかなくちゃね~(^0_0^)。

腎炎などでふだんから気をつけてらっしゃる方には、目新しくはないと思うけど、最近は、生活習慣の乱れから腎臓を傷めてしまう慢性腎臓病(CKD)の方も急増しているのだとか。

「腎臓=生命エネルギーをつかさどる臓器」というだけあって、腎臓に良いことはアンチエイジングにもつながっているという。

最近白髪が気になるわ~、体力が落ちて疲れやすいわ~という方にも興味を持っていただけるかも、と思い、つらつらと書いてみることにした(^^ゞ。

●24時間働きづめの腎臓をいたわろう!

胃炎の時は胃を休めるために絶食すればイイけれど、腎臓はそうはいかない。

24時間老廃物をろ過し、血液を浄化する働きをしているので、人間が生きて生命活動を営んでいる限り、腎臓は休むことができないのだ。

まずはできるだけ腎臓への負担を減らすことが大切。

1)夜は早めに(できれば10時頃には)ぐっすり眠る

ぐっすり眠れば体内の代謝活動が少なくなり(=老廃物が減る)、腎臓への負担を減らすことができる。

横になってもなかなか寝付けずに考えことなどをしていると、交感神経の活動が活発になって血液中の老廃物を増やしてしまうので気をつけること。

特に午前2時前後に熟睡していることが腎臓にとっては大事なのだそうだ。

睡眠の質を高めて腎臓をいたわるためにもカフェイン摂取は控えたいもの。就寝前の軽いストレッチなどもお勧めだ。

自分の経験から言って、寝る前のアルコール摂取は「イイようで悪い=睡眠の質が悪くなる」(笑)。

どうしても何か飲みたいならリラックス効果の高いハーブティーか、少量のホットミルクがお勧め。

2)疲労をためない

労働をすればカラダに老廃物がたまり、腎臓への負担も増えることになる。

疲れを感じたら、少しの時間でもよいから、ゴロンと横になって休むこと。横になることで腎臓への血流が増え、傷んだ細胞の自然治癒が促される。

3)適度な運動(有酸素運動)をする

2)と矛盾するようだが、適度な運動はカラダ全体の血行を良くし、ひいては腎臓への血流量を増やすことにつながる。

あくまでも、気持ちがイイ程度にとどめておくこと。(そんときキモチがよくても2~3日後に筋肉痛が出るようではダメですよ~笑) やりすぎはゼッタイ逆効果。<(`^´)>

4)脱水に気をつけること

腎臓は体液の成分を一定に保つ働きをしている。水分のとりすぎもよくないが、脱水症状は命取りにもつながりかねない。

のどの渇きを決してガマンしないこと。汗をタップリかく夏は、早め早めに摂取した方が良さそうだ。

5)風邪を引かない

風邪が腎炎の引き金になりうることも理由のひとつだが、風邪を引くと体温が上がる⇒代謝が活発になって老廃物が増える、汗の量が増えて脱水になりやすい、と、何一つイイことはない。

風邪はなるべくひかない、ひいたらすぐに治すこと!

6)塩分控えめの食事を心掛ける

水分と同じで、塩分を抑えすぎるのもカラダにはよくない。特に、塩分を控えた上に水分を取りすぎることは、かえって腎臓への負担が大きくなりかねない(自分の体験からもそう思いマス)。

経験から言っても1日5~7gがベストかな。

7)自分の腎機能に見合ったたんぱく質を摂取成人に必要なたんぱく質量は、実は驚くほど少ないそうだ(肉体労働者、妊婦さんを除く)。

たんぱく質を分解する際に出る老廃物は腎臓への大きな負担!「高たんぱく=カラダにイイ」の幻想は捨てよう。

よろしければ低たんぱく食-入門編をお読みくださいマセ。

8)暴飲暴食をしない & 標準体重を保つ

コレは説明をするまでもないわよね~(笑)。

単純に太るだけでも、体内の老廃物の処理量が増えて腎臓に負担をかけるし、急激なダイエットもNGである。

cf)標準体重(BMI22)の出し方:

身長(m)x身長(m)x22←単位に注意!
(表記に誤りがあったので訂正させていただきました2009.2.1)

9)カラダを冷やさない

腎臓は体温の変化に敏感な臓器。冬はモチロンのこと、夏もエアコンの効きすぎや汗でカラダが冷えることが無いように気をつけたい。

冷たい飲みものは極力控えること。体質にもよるがカラダを温める食べ物を積極的に食べること。(食べちゃイケナイ体質の人もいますのでご注意ください) 自分の体質、知っていますか?

10)高血圧に注意

塩分過多の食事を改めること。また、適度な運動は血圧を低めに保つにも役立つ。(血圧についてはまたそのうち詳しく書こうと思いマス)

●腎臓を丈夫にしよう(笑)

11)昔から臍下不仁(せいかふじん)と言って、へそよりしたの筋力が弱い人が腎臓も弱いと言われているそうだ。くれぐれも無理は禁物だけど、スクワットやウォーキングを習慣にして脚力をつけよう。

●腎臓の疲れをとろう

12)腎臓のツボ押しマッサージ疲れたカラダをもみほぐすように、腎臓の疲れ(コリ)もとることができるそうだ。

①耳は腎臓に該当する場所とも言われ、耳をマッサージすると腎臓に良いという説がある。

②腰の腎喩(じんゆ:ウエストラインの高さの背骨から左右に指巾2本分のところ)、足裏の湧泉(ゆうせん:足の裏、土踏まずの中央)のツボを押す。

腎臓が疲れている時は腰が重だるく感じるものだ。そんな時に腎喩のツボを触るとかたくこわばっているのが分かる。ここを丹念にもみほぐすと、腰が軽くなりカラダのだるさが消え、腎臓の疲れを取ることができる。

湧泉は、主に水分調整をしているツボ。カラダ、特に足にむくみのある方はここのツボ押しを習慣にするとよい。

●みずから腎臓を悪くするような行動は慎むべし!
<(`^´)>

上記のことに気をつけたら、あとは、キモチの問題だ(笑)。腎臓は「恐れの臓器」とも呼ばれ、むやみに恐怖心を持つことがタブーとされているのである。

「イライラ・くよくよは腎臓の敵だっ!!」

う~ん、前にもどこかで叫んだよーな・・・(^^ゞ。

カラダをいたわることは大事だけれど、要らぬ心配をしすぎて交感神経を高ぶらせ続けないこと。そんなことじゃ良くなるものも良くなりませんよ~<(`^´)>。

と、今日のところはコレぐらいにしておきたいと思いマス。また何か思いついたら書きますね~。もし皆さまにも「コレはお勧め!」の方法がございましたら、是非コメントをお寄せくださいマセ(^^♪。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

IgA腎症慢性腎臓病に関する記事は:

IgA腎症・慢性腎臓病 (CKD)カテゴリ(全文が表示されます)またはIgA腎症と慢性腎臓病に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 腎臓病と疲労感 | トップページ | 尿にたんぱくや潜血が出ているといわれたら? »

4)IgA腎症・慢性腎臓病(CKD)」カテゴリの記事

コメント

こんさんのブログはほんとに勉強になります~♪

とにかく無理をしないでのんびり過ごすことが腎臓には大事ですね!!

わかってはいても、こういった記事読むと再確認します。

カフェインは胃炎になってから辞めました。。。それまでカフェラテが大好きで毎日お昼に買ってたんですけど(@Д@; 
最近はココアにしてます。
カフェイン少なくて胃潰瘍予防とかにもいいらしいですよね♪

そんで家でも緑茶を飲んでたんですけど、緑茶にもカフェイン入ってるって気づいて!麦茶に変えました(笑)

おかげで調子よしです!

最近はジンジャーにはまっているので('-'*)
紅茶+牛乳+ジンジャー+シナモンでしょうがチャイを飲んでいます♪
おいしす~なのでやってみてください(^ー^* )

投稿: Maa | 2009年1月28日 (水) 22時59分

Maaさん、おはようございます~(^O^)/。

ワタシがステロイド治療をしていた頃-もう7年近く前になりますが、
ネットで体験談を読もうとあちこち探しました~。

すんごく、ツラク苦しい戦い~っていうのは分かったのですが、
そんなかでも、どうやったら楽しく養生できるのかって話は
残念ながら、あんまり見当たらなかったのです(-_-;)。

それだけ大変な病気なんだな~とは思いましたが、
根が楽天家のワタシ、そーじゃない道もあるのでは?
といつも思っていたのです~(^^ゞ。

こんなこともあんなことも、腎臓にイイんだって~
毎日やっていれば、きっと腎炎にもイイわよね~~(^^)vって。

おかげ様で寛解することもできました。
今、苦しんでいらっしゃる方がいらっしゃれば、
ほんのちょっとでも見方を変えていただけたらいいな
そんなふうに思ってます~~。

うわぁ~ワタシ、チャイ大好きです(^O^)/。
学生時代、1ヶ月インドを放浪したことがあり、
そんときからやみつきになりました~(笑)。
ソレ、お手軽でよさそうですね~。早速ためしてみますね(^^♪。

美味しい情報ありがとうございました~こん

投稿: Maaさんへ | 2009年1月29日 (木) 06時19分

っていうか、インドに1ヶ月放浪したことあるんですか!!!

すごいですね!アクティブですね!
うらやましいぃ~
わたしも海外でしばらく生活したいです。。

チャイは私も大好きで♪
一度本場で飲んでみたいなぁ(*'-'*)

投稿: Maa | 2009年1月31日 (土) 14時23分

Maaさん、こんにちは~(^O^)/。

昔はね~若かったですからね~爆。
今はぜ~ったい行けませんね~(^^ゞ。

腎炎が落ち着いてステロイドが抜けたら、
Maaさんもまた旅ができますよ~♪

まったく違う文化の中で生活するのは、
特に若い時にはゼッタイお勧めですよ~。

年とってくると(笑)、
なかなか異文化を受け入れにくくなって(^^ゞ
せっかく海外に行ったのに和食レストランを探すなんて、
もったいないですものね~~(笑)。

本場のチャイはものすっごく濃くて美味しい♪ですが、
一応、きっちり沸かしてあるか生のミルクを入れてないか(ちゃんと沸かしてあるか)確認した方がよいですよ、念のため(^_-)-☆

それではまた~(^.^)/~~~こん

投稿: Maaさんへ | 2009年1月31日 (土) 16時54分

最近はあまり更新されていないようなので、ご覧になっていないかもしれませんが、コメントさせていただきます。
確定診断されていませんが、経過観察と言われて、すごく不安になり、いろいろ見ているうちにこちらにたどり着きました。
ネガティブな私は、すぐに不安になり、悲観的になりがちなのですが、こちらのブログは、すごく励まされ、頑張ってよくなろう、うまく付き合っていこうという前向きな気持ちになれます。
こういうブログがあるということに感謝し、伝えたくてコメントさせていただきました。ありがとうございます。
生活のこと、食事のこと、たくさん勉強させていただきます。そして明るくポジティブに頑張りたい時にも、また読ませていただきます!

投稿: あおやま | 2014年9月 7日 (日) 16時54分

あおやまさん、はじめまして^^。
管理人のこんです。

いえいえ、一応毎日頂いたコメントだけはチェックさせていただいていますよ。最近記事を書いていないのは、たぶん、自分の健康に対する関心が薄れただけなのです(笑。

大分長いことかかりましたが(^_-)。

そんなブログが少しでもお役に立てていると言っていただけるのはとても嬉しいです。

腎炎は、手術でどうこうできる病気ではないので、本当に時間がかかりますよね。その間、憂鬱になるのは当然です。

でもそのためだけに時間を費やすのは本当にもったいないことでもあるのですよ~。腎臓のためにも良くないですし。

これから気持ちの良い季節になりますから、毎日楽しく過ごせるとよいですね。どうぞくれぐれもご自愛くださいますように。こん

投稿: あおやまさんへ | 2014年9月 8日 (月) 06時58分

はじめまして。IgA腎症のyuyuと申します。

2012年夏に扁桃腺摘出&ステロイドパルス療法をして、一年かけてステロイド中止になり、寛解(といっても潜血は残っていましたが尿蛋白が陰性になりました)になっていましたが、この度 再燃し、このブログにたどり着きました。
すごく勉強になります。
私は主治医から「もう再発はないだろうから何食べてもいいし、尿検査も検診くらいでいい」と言われ、鵜呑みにしてしまい、再燃の発見も遅れたようでしたが、何より 主治医の言葉を鵜呑みにせず、自分で気をつけなければならなかったとこのブログを読んでも思います。

また、扁桃腺摘出後にIgA腎症悪化(尿蛋白が増えた)したのが気になっており、こちらのおススメの本「ぼ~っとしようよ養生法」を読んで、すっきりしたのであります。

とは言え、扁桃腺摘出で治る人もいるというからよくわかりませんが、今後もお勉強させて頂きたく存じます。

また、自身もブログをやっているのですが(最近は腎炎のことも書いてます)、リンクさせていただいてもよろしいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

投稿: yuyu | 2014年12月24日 (水) 14時17分

yuyuさん、こんにちは♪
御丁寧なコメントをお寄せくださいましてありがとうございました。

IgA腎症の原因は扁桃腺だけではないと個人的には感じています。
自分の扁桃腺は残っていますが、風邪をひいて扁桃腺が腫れても、尿所見はまったく悪化することがなかったので。

yuyuさんも、もしかしたら、他に原因があるのかもしれませんね~。

でも、究極的には、体全体が健康になってくれば、腎炎もきっとよくなると思いますよ。決して無理をなさらず頑張ってくださいね~。

最近はほとんど更新していないなまけものブログですが、もしご参考にしていただけるのであれば嬉しい限りです。リンクもまったく問題ないです~。こちらこそ、ありがとうございますheart。こん

投稿: yuyuさんへ | 2014年12月25日 (木) 07時19分

ありがとうございます^^
お言葉に甘えてリンクさせていただきます。

冷え性を治したり、自分にできることから気をつけてやっていこうと思います。

すごく悩みましたが二度目のステロイドパルスはしたくないです!!

今後ともよろしくお願いいたします。

本当にありがとうございました。このブログの存在にもこんさんにも感謝です。

ちなみに私のブログは 人生勉強の記録 という楽天ブログです。 あまり実のあるブログではないですが、お知らせまで・・・。

投稿: yuyu | 2014年12月25日 (木) 13時22分

yuyuさん、ご丁寧にありがとうございます。

毎日ほんの少しの積み重ねが、健康や不健康のもとになると実感しています(笑。

お互いに、自分のできる範囲で自分の体を健康にしていきたいですね。ゆっくり焦らず頑張りましょう(^_-)。こん

投稿: yuyuさんへ | 2014年12月26日 (金) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/43879758

この記事へのトラックバック一覧です: 腎臓にイイこと(^0_0^):

« 腎臓病と疲労感 | トップページ | 尿にたんぱくや潜血が出ているといわれたら? »