« 片頭痛を治すには? | トップページ | 健康生活には必須!-ショウガパワー »

2009年1月21日 (水)

カラダを温める最強の食材――羊肉!

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

ワタシはお肉大好きだけれど(^^♪、今ひとつ苦手なのが羊肉。マトンはモチロン、ラムもあんまり得意ではない(-_-;)。あのにおいが鼻につくのだ。

そんなワタシだったけど、以前友達に誘われてとある大手のビール工場へ出かけたことがある。

そこでは、「ビールのお供に♪」の名目でジンギスカンがお勧めメニューだった。

「え~、アタシ、あんまり好きじゃないわ~」

それでも、友達が食べたいっていうし、冷えたビールに熱々のジンギスカンももしかしたら悪くないかも~♪と思って、思い切って頼んでみたのだ。

いざ出てきてみたらち~っとも臭いは気にならず、とっても美味しくてすっかり平らげてしまった(^O^)/。

「こ~んなに美味しいものだとは思わなかったわ~(^^♪」

以前、NHKのためしてガッテンで「羊の肉を美味しく食べる方法」について放送していたが、油をしっかり落とすように十分に焼けば臭みがとれてやわらかくいただけるのだそうだ。

だからってジンギスカンが美味しかったという思い出話をするためだけに書いたわけじゃないのよん(^^♪。

タイトルにもあるように、羊の肉はあらゆる食材の中でもっともカラダを温める、最強の「デ冷え」食材なのである!(笑)

昨日の「本当は怖い家庭の医学」でも言ってたけど(サッカーがあったからチラ観しただけだけど・笑)、冷えを解消するには良質のたんぱく質を食べるのが効果的なのよね~。でも、一食20gも食べる必要はナイと思うけど(-_-;)。

以前ガッテンで同じテーマを扱った時には、冷え解消には(同じ理由から)生のお刺身が一番効果的だって言ってたわよね、たしか・・・。

ま、TVの受け売りはこのぐらいにして(^^ゞ、もし「東方栄養新書」をお持ちの方がいらしたら、是非、290ページを開いてご確認いただきたい(笑)。寒熱の欄に「大熱」とあるが、他の食材にはみられない表記なのだ。(ほかは、熱、温、など)

お持ちでない方のために少々引用させていただくと、

羊肉は『大熱性』をもつ肉で、冷え性のある『陽虚』(腎が弱って体が冷えやすい方)が『少量』摂るにはよい」

冷え性の方でさえ「少量」なのだから、熱っぽい方、高血圧の方にはモチロン不向きである。冷えたビールを飲みながらの時(笑)でも控えめにしてね~。 (^_-)-☆

ちなみに羊肉(めんよう)はお肉のワリには低たんぱく-マトンもラムも100g中20g以下と腎臓にも優しい食材だ。

また、虚弱な体質で胃腸の弱い方は、少しずつ食べると胃腸の機能を回復できるという。

そういえば、胃腸が弱かったワタシの叔父がジンギスカンを食べるようになってからカラダが丈夫になったって聞いたことあったっけ。そんときは、ふ~ん、そんなことあるのかしら?って思ってたけど、ホントだったのね~(゜o゜)。

寒い冬の時期、冷え性でお悩みの方は一度ジンギスカンをお試しになってみては?(う~ん、マンションでは少し臭いが気になるかもしれないデスね~~笑)

でも、奥園さんのレシピはおいしそーだったから、後でちょっとためしてみよ~っと(^^♪。13~14g位で計算できたら(笑)そのうちレシピにUPしますね~。

☆彡こんなふうに計算してみました~サケときのこの葛あんかけ

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法カテゴリ(全文が表示されます)または健康法に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 片頭痛を治すには? | トップページ | 健康生活には必須!-ショウガパワー »

1)健康法」カテゴリの記事

コメント

こんさん、こんにちは~(●^o^●)

わたしも昨夜の「たけしの家庭医学」での冷え対策レシピ見ました~♪わたしにも作れそう(●^o^●)蛋白質の量に、注目していたので、とても勉強になりました~。

蛋白質の摂取と、冷えが 関係あるんですね~。

ここ数日、自分の食事内容をノートに書き出し、PCで蛋白質量を計算してみたら、1日23g~38gと、かなり少な目でした。

とにかく、野菜を多く取ろうとしすぎ、逆に肉魚豆などが、少なかった様です(>_<)

実際、蛋白量を計算するのは「気合い♪」がいましたが、今回、やってみて、良かったと思いました~。

投稿: りんご | 2009年1月21日 (水) 10時54分

りんごさん、こんにちは~(^。^)。
今日もお仕事お疲れサマです~。

ホント、昨日のレシピ美味しそうでしたね~(^^♪。
サッカーも気になり、詳細は見逃したのですが(^^ゞ、
食には驚異的なアンテナを持つワタクシなので(爆)、
なんとか作れそうな気がします~。

「サケときのこ」「鶏ムネ肉の南蛮漬け」「トーフ入ドライカレー」
でしたよね??
でもレシピになる頃には自分流になってしまいそーな・・・(爆)

1日23g--う~ん、たまには良いかもしれないけれど、
(食べ過ぎた次の日とか・笑)
続くと、疲労感とか冷えとか、ひどくなっちゃいますからね~
どうぞ気をつけてくださいね~。

そうなんですよね、やっぱり計って&計算しないと、
目分量だと知らず知らずに狂っていきがちですよね~
って、ワタシの場合は、多くなるだけですが・・・(^^ゞ。

「いつも」が大変でも、
時々きちんと計って計算したパターンを記録しておけば、
なんどか繰り返して使えますものね。

よく食べる組み合わせや、好きなレシピなどなら、
気合も入りそうだし(?笑)長続きのヒケツになるかも~(^_-)-☆。

でも、くれぐれもムリにならないように気をつけてくださいね~
それではまた。(^.^)/~~~こん

投稿: りんごさんへ | 2009年1月21日 (水) 16時53分

こんさん、ありがとうございます~(●^o^●)
「パターン化してメモ♪」やってみます~~。

昨夜の、ガッテンはテーマはダイエットでしたが、三食のバランスの良い献立の立て方が、ガッテン!でした~。

週末は、また冷えるようで(>_<)冷えると昼寝時間が長くなり、1日があっという間に終わってしまいます(^_^;)
蛋白質を、40gくらいは取って、体力つけたいデス(●^o^●)この、微調整がムズカシソウ♪

投稿: りんご | 2009年1月22日 (木) 11時35分

こんにちは~。
ホントに冷えますよね~。

この時期は何もしなくても体を温めるための
「熱量」が必要になりますものね。

良質のたんぱく質をきちんと食べて、
できるだけ体の負担を取り除きたいですね~。

昨日のガッテンの「たんぱく質を2種類」のところを
お魚・肉(50g)は、1種類のみ、
他のは2種類とすると分かりやすいかも知れませんよ。(^_-)-☆

そうそう、お昼寝も必要デス。

昨日「羊肉」の記事がココログガイドさんに載ったらしくて(^^ゞ、
めずらしくつながりにくくて(笑)スミマセンでした~それではまた~(^.^)/~~~こん

投稿: りんごさんへ | 2009年1月22日 (木) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/43806376

この記事へのトラックバック一覧です: カラダを温める最強の食材――羊肉!:

« 片頭痛を治すには? | トップページ | 健康生活には必須!-ショウガパワー »