« アレルギー体質改善プロジェクト-まずは朝の点検から! | トップページ | 低たんぱく食作りの心強い味方(笑)――低たんぱく小麦粉! »

2009年1月 6日 (火)

アレルギー体質改善プロジェクト-大切なのは朝ごはん!

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

アレルギー体質の改善にあたってまず考えたのは朝ごはんだ!

朝は1日の始まりだから沢山食べないとイケナイ、朝食を抜くなんてもってのほかだ!という。

一方で、朝はまだ胃袋が目覚めていないのだから、食べたくもないのに食べる必要はないという説も・・・(-_-;)。

ワタシ自身生まれてこのかた朝食を抜いたことはナイ。寝坊することも滅多にないし(それならそれで午前休にしていたし・笑)、だいたい朝食べたくないなんて思ったことがほとんど無いのである(^^ゞ。

でもその内容は、以前とは大分変わった。昔は朝はキッチリ卵や牛乳、お肉かお魚を食べていたものだけど、最近は真逆。

朝はまるで青虫になったかのような(笑)、つまり野菜中心の食生活を送るようになった。

こうなる前、一度朝食をリンゴとにんじんのジュースだけにしたことがある。

腎炎になってアレルギー体質改善したいと思い始めたころ、石原結實先生のご本に「朝はリンゴとにんじんのジュースを飲めば十分だ。糖分(エネルギー)とビタミンが取れればヒトの活動に支障は無い」と書いてあったからである。

でもコレは3日間ほどで挫折(;_;)。

当時は既にたんぱく計算をしていたので、朝食べないことで昼と夜が必然的に増える。量が増えてガッツリ食べられるのはうれしいんだけど(笑)、1度に食べる量が増えてどうも腎臓への負担が増したように思えたからだ。

それに何より、朝食べないと午前中がもたなかった(-_-;)。お腹が空くだけじゃなくて脳貧血を起こしそうになるのだ。石原先生お勧めのしょうが紅茶を飲んでみたけど、空腹時に紅茶の刺激は強すぎて今度は胃が痛くなってくる始末・・・(;_;)。

「ワタシにはこれじゃダメだ!」

それでたどり着いたのが今の朝食メニューである。

美味しさを追求という点ではちとガッカリされちゃうかもしれないけど、カラダを温め、血をキレイにするという点から言うと、まあまあ合格点かな(笑)。ちなみに野菜や果物はすべて有機栽培&無農薬のものを使っている。

~ところが後日マクロビオティックを勉強したら、「血はキレイに」なったかもしれないけど、「カラダを温める」という点に関しては、かなりの落第点(爆)をとっていたことがわかった!爆~

★しょうがをタ~ップリ入れたお味噌汁。カラダがう~んと温まるし、のどが痛いかどうかもチェックできる――この時点で痛かったら朝食後になたまめ茶でうがいをする。治るまで日に何度でも。ワタシにはコレがよく効く~♪。

お味噌汁とはいっても家族の「上澄み液」(笑)をもらって具はすりおろしたしょうがととろろ昆布のみ。とろろ昆布にはフコイダン※がた~っぷりなのダ。ついでに家族の食事の塩分チェックもできる(笑)。

※フコイダン:昆布、わかめ、もずくなどにも含まれるいわゆるヌルヌルした物質。とろろ昆布の材料になる「がごめ昆布」に特に多く含まれている。肝機能の向上、抗がん、血圧上昇の抑制、免疫賦活(向上)、抗アレルギー作用などがある――というわけでIgA腎症には一押しの栄養素(^^♪。

★玄米ご飯(玄米50gに少し多めの水とヨーグルト大さじ1を入れて普通に炊く)←以前は玄米フレークだったのだが、玄米が手に入るようになったので変更した。やっぱり加工品は避けたほうがよさそうなので。

★にんじんのごま和え※。ごま和えというよりは「ごまのお風呂」(?笑)。にんじん100gをオリーブオイルで(弱火)じっくり炒め、少し冷めたところにごま10gをタップリかけて食べる。パサつく時はここにはちみつをたらす。

※にんじんはβカロテンが豊富で皮膚や粘膜を強化するし、ごまは言わずと知れた抗酸化作用ね。まあワタシのは少し極端だけど、にんじんとごまって味的にも(笑)結構グッドハーモニーなのよん♪。

★キャベツと玉ねぎ、ジャコ炒め

★カスピ海ヨーグルト(80~100g)&フルーツ(リンゴかキウイ)のはちみつがけ

★豆乳(100~120g)

★小松菜とリンゴのジュース(ジューサーで手作り)

★なたまめ茶(なたまめ茶はIgA腎症の救世主!

アミノ酸バランスから言うとかなりスコアが低いんだけど、貧血にならない限り、朝はこのぐらいに抑えておくほうがどうやら調子がイイみたい。その分お昼と夜はシッカリお肉かお魚を頂く。cf)低たんぱく食-たんぱく質の質(アミノ酸バランス)を考える

それにね、玄米フレークの時は他は同じでも少し低栄養気味だったんだけど(アタマがふらついたりしたこともあった)、玄米ご飯にしてからはそれがま~ったく無いの。むしろカラダに力がわいてくるような気さえするからフシギ~(^^♪。

お肉食べてるわけじゃないのにね(←お肉志向がまだ抜けきれない・笑)。ビタミンB(疲労回復)の効果なら玄米フレークでも変わりないと思うんだけど・・・(@_@;)。玄米ご飯だとよ~く噛むからなのかしらん?ホント、食べることって奥が深いわよね~。

3年ぐらい前かな~その頃も1度玄米ご飯に挑戦したことがあったのよね。アノ頃は貧血がひどかったからやっぱりお肉に頼らざるを得なくて止めたんだったわ。今回また始めたのは帯津先生の「粗食~」の本を読んでからなの。

この献立だと、多少胃の調子が悪い時でも胃もたれがすることはないし、お腹が空きすぎるということもなく快調そのもの。繊維質も多いしヨーグルトも食べるから快腸生活にもつながっているみたい。もちろん鼻炎が起きる回数も減ったしね(^^)v。

今のワタシのカラダの状態、腎機能、などにはまずまずの食事なのではないかと思う。(でもあくまで個人差がありますからね~)

食事の良いところは自分で試行錯誤できるところ。薬はそうは行かないものね。色々やってみて、イイと思うものを取り入れていければいいかな。ダメなら変えればイイんだし。とりあえずは今年もコレで行ってみようと思ってマス~(^^)v。

***

アレルギーを改善する朝ごはんに関しては、後日マクロビ的「健康朝食」を考える<(`^´)>にも書きました。イロイロ試行錯誤しておりマス(笑)。よろしければご一読くださいマセ。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法カテゴリ(全文が表示されます)または健康法に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« アレルギー体質改善プロジェクト-まずは朝の点検から! | トップページ | 低たんぱく食作りの心強い味方(笑)――低たんぱく小麦粉! »

1)健康法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/43654512

この記事へのトラックバック一覧です: アレルギー体質改善プロジェクト-大切なのは朝ごはん!:

» 玄米 ごはん についてー "玄米パン" の続きを読む… [玄米 ごはん のお話]
玄米パン・・・ [続きを読む]

受信: 2009年1月10日 (土) 00時28分

« アレルギー体質改善プロジェクト-まずは朝の点検から! | トップページ | 低たんぱく食作りの心強い味方(笑)――低たんぱく小麦粉! »