« アレルギー性鼻炎の種類と体質について-その2 | トップページ | 低たんぱくレシピ-炊き込みごはん »

2009年1月15日 (木)

冬はゼッタイ湯たんぽがおススメ(^^♪

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

冷え性のワタシは、冬にはゼッタイ湯たんぽが手放せない!カラダが冷えると免疫力が低下してカラダが弱ってくる!

健康になるための一番の早道(笑)-それはカラダに余計な負担をかけないこと-ワタシがそう思うようになったのは、アンドルー・ワイル博士の本を読んでから。

博士の本を読んだ方はお分かりだろうけれど、弱った体(慢性疾患を持つカラダ)にはあらゆる刺激=ストレスが致命的なダメージとなりかねない。

口に入れるものは必ずその安全性を確かめること――無農薬、有機栽培、土壌や水質汚染、油は酸化していないか、食品添加物は含まれていないか、などなど、とにかくあらゆるものに気をつけても気をつけすぎることなど無いと書かれている。

モチロン口に入れないシャンプーや化粧品なども同様だ。

テレビやインターネットで腹立たしいニュースにイラつくことさえ禁じられている(笑)。心をゆったり豊かに保つことが治癒への第一歩だからだ。

その中でも、ワタシの興味を引いたのは「電気毛布」だった。

職業柄、たくさんのパソコンの中で仕事をする、つまり電磁波を浴びると、疲れが倍増することは経験的に分かっていた。テレビでさえ長時間は観ていられない。これは腎炎発症前からそうだった。

でも、電気毛布までダメなの??ワタシは寒いの大っキライなのにぃ~(;_;)。

よく考えてみれば、遠く離れたTVでさえ疲れるのに、カラダに密着させる電気毛布がカラダにイイ訳ないわよね~<(`^´)>。

ちなみにワイル博士は、枕もとにラジオを置くことさえイケナイといっている。脳にダメージを与えるというのだ。同じ理由で携帯電話も然り(^^)v。

冬は電気毛布がないと足が冷えて眠れなかったのだが、コレを読んで早速「湯たんぽ」を買ってきた。ね、日本には昔からこういうスグレモノがあったじゃない!(^^♪

お湯を入れるのが結構重く、毎晩のことなので多少腕に筋肉はつくけれど、エコにも優しいし、断然お勧めだ。(二の腕ぷるんぷるんの解消にもなる・笑)

それにね、ちょっと調べてみたら、「免疫湯たんぽ療法」なるものも存在するらしい。班目健夫さんの理論なんだけど、ちょっと抜粋するとこんな感じだ:

「カラダの冷えは免疫力と密接な関係があり、十分にカラダを加熱・保温すると、きわめて短期間で免疫力の回復・改善がみられる」

~斑目さんは、安保・福田両先生の「爪もみ療法」も実践されており(両者の著書でも紹介されていマス)、湯たんぽでカラダを温めながら爪もみをすることが免疫力のUPに効果があると唱えていらっしゃいます~

そして、「冷え」は本人に自覚がなくても、カラダの表面温度が腋下温度(えきかおんど=わきの下の温度)以下になっていれば、それは冷えているというのだ。

「え~、湯たんぽ~?そんなんじゃ温まらないわよ~」

ところがね~、この湯たんぽ、実は電気毛布よりもずっと大量の熱容量があることが分かってるんだって。

電気毛布の発熱量55ワットの熱容量は47,124cal/時間なのに対し、湯たんぽは130,000cal/時間なのだとか。(班目健夫:「体の冷えをとって病気を治す」より)

それでね、湯たんぽは冷たい足元に置くもんだとばかり思っていたんだけど、実は、末端を温めるよりも、まずはお腹やお尻を温めた方が全体にその温かさが行き渡っていくのだそうだ。

寝てるときにお腹の上に湯たんぽを置くのはためらわれたので(寝相が心配で・・・爆)、お尻の下(正確には太ももの下)において寝てみた。

コレ、何ともいえずポカポカとしてきて、まるでお風呂に入った時のような心地よさ(^^♪。

斑目さんによれば、湯たんぽは冬だけではなく夏でも使うとよいのだとか。

「夏は発汗でカラダが冷えるが、気温が高いので気にならない人が多い(!!)。しかし、カラダの局所が冷えることは内臓の循環血液量が低下したことを意味しており、健康には良くない」

夏、エアコンの冷気などで手足が冷た~くなっていることあるわよね~。でも暑いから気にならない人が多い、それをおっしゃっているのだ。

そんな時は、入浴前にお風呂のお湯で(40℃程度)湯たんぽを作り、おなか、太もも、お尻、二の腕などを湯たんぽで温めてから入浴する習慣をつけるとよいそうだ。半身浴でものぼせちゃうっていう方にはおススメかもね~。

一昨年の夏、子宮筋腫の手術のあと、夏の汗でカラダが冷えてしまった時、おなかにショウガ湿布をしたことがあるが、どんなに暑い日でも、本当にじんわりと気持ちが良かったのを思い出す。

今年の夏は、是非やってみなくちゃ! <(`^´)>

夏まで待たずとも、この冬冷えで悩んでいる方、悩んでなくても(笑)、腎臓が弱い方、子宮筋腫や卵巣のう腫などの婦人病を患っていらっしゃる方は、知らず知らずのうちにカラダが冷えているものです。

是非、日本が誇るエコグッズ=湯たんぽをお試しくださいマセ(^^♪。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法カテゴリ(全文が表示されます)または健康法に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« アレルギー性鼻炎の種類と体質について-その2 | トップページ | 低たんぱくレシピ-炊き込みごはん »

1)健康法」カテゴリの記事

コメント

新年のご挨拶がまだだったような・・・?

明けましておめでとうございます!今年もますます楽しい日々を送ることができるよう頑張ります。

なわけで、私も勿論湯たんぽ活用しています。最近では前もって夫が作ってお布団に入れておいてくれています。でもこれって私のためと言うより、猫のためかも。。。にゃんこがそのあたりで丸まっているんですよ~携帯用の可愛い湯たんぽもあるので、冷えそうな場所では膝掛けの下にこっそり忍ばせておいたり。

暖まったお布団は気持ちいいですよね~あと手首が冷えるので、リストバンドのようなものもしています。意外と袖口から入る空気が冷たくって。

さて、本日は半年ぶりの腎臓内科受診日でした。残念なことに蛋白が(+)でした。でも潜血は(-)だったので薬もなくていいと言っていただけました。

自分で考える原因としては、最近の食生活の乱れでしょうか。元気になってきて、随分たくさん食べるようになってしまって。必然的にタンパク量は増えていると思われます。

いろいろありますが反省したり勉強したりしながら今年も行こうと思っています。またよろしくお願いします。

投稿: じろう | 2009年1月15日 (木) 12時57分

じろうさん、お久しぶりです~(^O^)/。
今年もよろしくお願い申し上げます(笑)。

湯たんぽはイイですよね~(^^♪。
ウチのみぃも、家族のダレよりも早く使い始めました~。
最初はお尻だけくっつけて、そのうち上にダラ~ンって(笑)。
気持ち良さそーに眠っていますよん。

そうそう、「首」のつくとこは、温めておかないとね(^_-)-☆。

お正月明けの腎内通院はツライものがありますよね(笑)。
当然(爆)食べ過ぎちゃうし・・・だからこそ行くべき??
ワタシはいつも年末と3月に行っていました~(^^ゞ。

今年は今んとこ、まずまず無事に来てますかしらん?
でも、人間は失敗からしか学べないそうなので(爆)
「日々コレ勉強だっ!」とより前向きにガンバローと思っちょりマス。

こちらこそよろしくお願いします~(^O^)/こん。

投稿: じろうさんへ | 2009年1月15日 (木) 16時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/43745674

この記事へのトラックバック一覧です: 冬はゼッタイ湯たんぽがおススメ(^^♪:

« アレルギー性鼻炎の種類と体質について-その2 | トップページ | 低たんぱくレシピ-炊き込みごはん »