« デトックス食材とは? | トップページ | 健康長寿をめざして(^^)v~マクロビオティック »

2009年2月25日 (水)

もう1つのデトックス~マイナスの健康法

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

デトックスってカラダにイイらしいわね」

どこからか聞きかじってきたらしく、得意気な母(^^♪。

デトックスの意味知ってる?(笑)『デ=除く、トックス=毒』で、体の中から毒を除くって意味なんよ」

としたり顔のワタシ(^0_0^)。

「な~んだ、そんなことなん(゜o゜)?じゃあ、食べなきゃイイだけじゃないね」
(-_-;)(-_-;)(-_-;)

ウチの母はカタカナには弱いけど、結構鋭いところを突いてくる(笑)。もう何十年も十二指腸潰瘍を患っており、「調子が悪い時は食べなきゃイイ」がモットー(^^♪。

十二指腸がかなり変形してしまっているそうで、甘いものが大好きな母だが少しでも余計に食べるとお腹にガスがたまってくるという。

以前そんな時はげぇげぇ苦しそうにしていたものだが、最近はすぐに「絶食」をするらしい。

母曰く、「カラダに余計なものが入って具合が悪くなっているのだから、それ以上余計なものを入れず、たまったものを外に出してしまえばイイ」のだそうだ。

誰に教わったわけでもなく、長年のカラダとのつき合いからコレが一番イイと悟ったとのこと(笑)。

そしてまさしくデトックスも、「悪いモノを外に出す」という、いうなればマイナスの健康法なのである。

昨日お話ししたデトックス食材を「食べる」ことはまだ「プラス」のアプローチだけど、「マイナスの健康法=何も食べない」こと~実はこちらの方がかなり強力に効果的なのだ(笑)。

現にワタシも、ひどい便秘になると何も食べずに水分補給(キャベツスープと番茶)だけで過ごすことがある。

食べないとお通じによくないという説もあるが、ワタシの便秘は食べすぎが原因であることがほとんど(^^ゞ。このプチ断食を1日実行すれば、間違いなく翌日からの便通は快適になる(^^)v。

でも、その水分補給も、よく言われているところの1.5ℓ以上なんてとても飲めない。

だって胃腸が疲れているのだから、そんなに飲んだら即キモチが悪くなっちゃう(>_<)ってなもんヨ(笑)。

特に生水なんて飲んだら、疲れた胃腸がますます冷えてお腹こわしちゃうわ~(-_-;)。

これもヤッパリ人それぞれね(^^♪。

先日ワタシが体調を崩した時、1日中ほとんど何も食べずに過ごしたとお話ししたけど、疲労したカラダ、体力が低下したカラダ、病気と戦っているカラダにとっては、「食べ物を消化すること」そのものがダメージとなる場合があるんじゃないかと思うのだ。

本来、ヒトの体内には、外敵が進入したら免疫系が作動して敵を倒す!という、いわば軍隊のようなシステムが備わっている。

疲労やストレスで細胞が痛んだらそれを修復してくれるお医者サマもいたりしてね~(^^♪。

それが、いつも食べ過ぎていると、兵隊さんやお医者サマまで消化活動に借り出されちゃって、本来なすべき仕事ができない!(-_-;)ってなイメージかしらん?(笑)

そして、これらの「カラダ治し隊(なおしたい)」(笑)である白血球は、低体温だとその働きが鈍くなってしまうという。

多量の水分摂取はカラダを冷やしてしまうので、飲みたくもないのに大量に飲むのはかえって逆効果になる場合もあるかもしれない。

かといって控えすぎて脱水になるのはこまりもの~その辺は自分で見きわめなくちゃね。

それに、ふだんからカリカリしやすい人(笑)、高血圧の人などは、タップリ飲んだほうがいいのかも?(よろしければホ~ントにむずかしい水分のとり方(-_-;)をお読みくださいマセ)

まあ、水分のことはとりあえず置いといて(笑)、このカラダへの過剰な負担(食べ過ぎや飲みすぎ)、免疫系が誤作動してしまうIgA腎症などの自己免疫疾患にも深く関わっているのではないのだろうか?

慢性的な食べ過ぎ・飲み過ぎが胃腸の機能を低下させ、それを治すことにカラダが全精力を使い果たし(お腹イッパイの時は頭も働かないし~笑)、カラダにイイと思って飲む水分が低体温を招き――知らず知らずのうちに免疫系が疲弊してしまう・・・(>_<)

ちと話がズレてきてしまいましたが(^^ゞ、最後に、アナタにもデトックスが必要かどうか、生活習慣や自覚症状をチェックしてみてはいかがでしょうか?

●生活習慣チェック

1.野菜をあまり食べない

2.魚介類を食べることが多い

3.油っこいものが好きだ

4.浄水していない水道水を利用している

5.ストレスが多い

6.タバコを吸う

7.歯に金属の詰め物がある

●自覚症状チェック

1.風邪を引きやすい

2.関節が痛むことがある

3.便秘になりやすい

4.ニキビができやすい

5.肩がこる

6.シミが増えた

7.気分が沈みやすい

8.イライラしやすい

両者合わせて、アナタはいくつ該当しましたか?(ちなみにアタシは今んトコ2つでやんす・笑)

★0~5個: 有害な物質が少しずつ蓄積している状態。食生活に注意しましょう

★6~10個: 有害物質が中程度蓄積。さらに侵入しています。積極的なデトックスが必要デス

★11~15個: 有害な物質はかなり蓄積。また新たな侵入量も増加しています。確実なデトックスを行いましょう

ここでいう「積極的なデトックス」とは、カラダに負担のない程度にデトックスサプリメントを摂取する、水道水ではなくボトリングウォーター(ペットボトル)を飲むなど。

「確実なデトックス」には「断食」がお勧めだが、現在疾患をお持ちの方は医師と相談するなど十分な注意が必要である。

何日も続ける断食には抵抗があるけれど半日なら試してみたいという方によいのでは?(^^♪

ただ中には、それが「合わない人」もいらっしゃるだろうし、ワタシのように水分をたくさん飲めない人もいるかもしれません。

ご自分の体質をよくよく見極めた上で、くれぐれもムリのないようにお試しくださいマセ<(_ _)>。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法カテゴリ(全文が表示されます)または健康法に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« デトックス食材とは? | トップページ | 健康長寿をめざして(^^)v~マクロビオティック »

1)健康法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/44170249

この記事へのトラックバック一覧です: もう1つのデトックス~マイナスの健康法:

« デトックス食材とは? | トップページ | 健康長寿をめざして(^^)v~マクロビオティック »