« 使い方に迷ったらお読みください♪ | トップページ | IgA腎症になって~病気とウマく付き合う方法 »

2009年3月18日 (水)

マクロビオティックって腎臓病に悪いんじゃない?(@_@;)

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

最近マクロビオティックを始めたんだけれど、マクロビ的食事を作りながら、常にアタマの隅っこに、ある考えが居座っている<(`^´)>。

「お野菜だけだと、アミノ酸バランスが悪くなるんじゃないの(@_@;)??」

アミノ酸バランスが悪い食事=腎臓に負担をかけるということ。

アミノ酸バランスを良くするためには、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を、文字通りバランスよく食べなくてはいけない。

それに腎臓病になったら「塩分控えめ!」はもう常識!!<(`^´)>

一方、マクロビオティックでは、「塩分をシッカリとる」ことを勧めており、お肉やお魚に関しては、厳密に言うと食べてはイケない!!(@_@;)

(塩分については昨日カラダを温めるヒケツは塩分にあった!(゜o゜)に書いたので今日は止めとくざんす(^^ゞ)

もう7年間もアミノ酸スコアを意識し、お肉や野菜のバランスを考えてきたんだから、いきなり切り替えることなどできやしないし、ホントいうとまだどっちがイイのかよく分からない(笑)。

それでも以前、IgA腎症のステロイドパルスを終え、低たんぱく食作りにもなれてきた頃、もっともっとお肉を減らして野菜や果物をイッパイ食べなくちゃいけないのではないか?そう思ったことがある。これは、アンドルーワイル博士の本の影響だ。

自己免疫疾患に、高たんぱく食は大敵である!たんぱく系の食べ物を1日60gも食べれば成人には十分だ!」

動物系のたんぱく質を極力減らし、腎臓にイイもの~ひじきにヤマイモ、ソラマメに黒豆、葉野菜や果物(つまりは「カリウム」いっぱい!)を、お肉が減った分、お腹イッパイ食べてみた(笑)。

「野菜ならたんぱく質が少ないからたっくさん食べれる!(^O^)/」・・・結局はそこかい・・・(-_-;)

たんぱく質だけで重量を割り出したもんだから、たしかに量をイッパイ食べられた(笑)。

極端なこと言うとね~、にんじんはたんぱく質が少ないから1日400g(中2本でたんぱく質は2.4g)はいけちゃうわね~とか。

栄養学の知識のある方には考えられないアホさ加減なんだけど、最初はこんなものだったのダ(笑)。

できた料理は馬のえさ並み!(^O^)/

~そうそう、カキはたんぱく質が少ない(重量100gでたんぱく質6g程度)からって、生ガキを150g食べたこともあったっけ(^^ゞ。当然翌日からひどい便秘になって苦しんだ~(-_-;)。われながら笑える~(爆)~

でも、こんな、お野菜やイモ類、海藻類などを中心にした料理を食べても、お肉やお魚をイッパイ食べた時と同じように、尿タンパクが出てきた(>_<)。

あれにはホントにビックリしたっけ(゜o゜)。今にして思えば、食べ過ぎってこともあったんだろうケド・(^^ゞ。

まあ、そんなこんなであれやこれやためしているうちに、こ~んなド素人にも段々分かってきた。

「たんぱく質が少ない食材ならイイというものでは、どうやら無いらしいワ~」

毎日、献立を計算しながら、お肉やお魚と野菜類のバランスが大事なのだということに気づく。目安になったのは「アミノ酸スコア」

(※ワタシが参考にしていたのは「食品成分表」です。発行元によってはアミノ酸スコアの記載がないものもあるので、購入する際は中味をよく確認してください。アミノ酸スコアについてはちとこめんどくさいんだけど、そのうちまた書いてみたいと思っていマス)

だから、アミノ酸バランスは、ゼッタイに大事なのだ、と自分の経験から断言できる。

でも、マクロビがぁ~~(ToT)。

こんなジレンマを抱えつつも(^^ゞ、とりあえずやってみようと決めたことだから、今はあまりアミノ酸バランスにはこだわらず、自分の体質に合うように、やや陰性~陽性の植物性の食材を中心に食べるようにしている。

お肉やお魚は今までの半分程度になった。そして野菜も2/3~半分程度に減った。

今のところ体調は悪くないし、カラダが冷えることもない。みぃのせいで(抱っこしてないと「んがんが」うるさく鳴くので)多少鼻炎気味だが、鼻水がズルズル出ることもなくなった。

玄米や雑穀、豆を入れたご飯をシッカリ食べているからかたいしてお腹も空かないし、そのおかげでお肉やお魚が少ないことにも思ったほど不満は感じないようだ。

それでも、スッパリ止めることはできないでいる。以前じろうさんもおっしゃってらしたけれど、現代のストレス~仕事も含めて~に対処するには、お肉も必要なんじゃないかなぁって思うのダ<(`^´)>~ってお肉を食べるための言い訳か~?この抜け道(?)についてはそのうち書きますね~(^^ゞ。

時々尿検査もしながら、エネルギー不足にならないように気をつけながら(笑)、様子を見ていこうと思っているところ。

それにね~、今になって思うんだ。あれから7年経ってアタシの腎臓も少し丈夫になってきてるんじゃないかなぁって。

以前は、まだまだ腎臓が弱っていたから、少しでも負担の大きい食事には耐えられなかったんじゃないのかなぁって。

ホラ、特にアタシはやることが極端だから~笑。

いくらカラダにイイことでも、「タイミング」が大事なんよ。
<(`^´)>

運動がカラダにイイからって、高熱がある人にウォーキングはよくない。肩凝りには筋肉をほぐさなくちゃって分かっていても、五十肩の人に肩は回せないわよね~
(^O^)/。

ワタシの腎臓も、7年前はもっともっと傷んでいたにちがいない。

その傷を考えずに、カラダにイイからって負担をかけたから、よかったつもりが毒になり・・・(>_<)。

たとえ回り道をしているようでも、その時にはできなかったことでも、時間が経ってはじめてできるってこともあるんじゃないかしら?

前にもちょっとお話ししたけど、疲労感が強いのなら、もしかしたら、それは「動くな休め!」のサインかも知れないし、グッタリして動けなくなることも、時にはカラダにとっては「必要」なことなのかも知れない。

そう、マクロビも今だからこそ始められるっ!(^^)v
(お~相変わらず単純~~爆)

これも、自分に都合のイイ考えかもしれないし、また、「やっぱりダメだった~合わなかった~~(>_<)」ってことになるのかもしれないんだけど(^^ゞ。

それだってやってみなくちゃ分からないものねっ。
<(`^´)>
合わないってわかったらすぐに止めればイイんだし。

今までのワタシの経験から言うなら、1つの考えにいつまでも執着しなければ、ナニ試してみてもイイってこと!(笑)

人生なんて、所詮はケセラセラだもの(笑)。自分のできることを精一杯やってみるっきゃないっ。あとはなるようになれ~っ♪(^O^)/

後日、腎臓病とマクロビオティック~再び検証!でその結果を検証しております。よろしければ足をお運びくださいマセ(*^_^*)

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

IgA腎症慢性腎臓病に関する記事は:

IgA腎症・慢性腎臓病 (CKD)カテゴリ(全文が表示されます)またはIgA腎症と慢性腎臓病に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 使い方に迷ったらお読みください♪ | トップページ | IgA腎症になって~病気とウマく付き合う方法 »

4)IgA腎症・慢性腎臓病(CKD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/44385742

この記事へのトラックバック一覧です: マクロビオティックって腎臓病に悪いんじゃない?(@_@;):

« 使い方に迷ったらお読みください♪ | トップページ | IgA腎症になって~病気とウマく付き合う方法 »