« スロトレとは何ぞや?(笑) | トップページ | 低たんぱくレシピ-野菜タ~ップリ春巻 »

2009年3月 6日 (金)

「マクロビオティック」で健康を考える

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

先週から少しずつマクロビオティックの本を読み始めた。

今まで東洋医学についてかじってきたせいか、この考え方にもそれほど違和感がない。

でも、食材に対する考え方、「陰」と「陽」についての分類には、かなり違いがあるようだ。

以前にもちょっとお話ししたが、たとえば「ショウガ」。

ショウガがカラダを温めることは皆さまもよくご存知のところだろうし、東洋医学の分類では「微温性」(陽)にあたるんだけど、マクロビオティックでは「陰」とされている。

逆にお肉はすべて「陽」。牛肉や鶏肉は東洋医学では温性だけど豚肉は平性(微寒性)なのに~。

「う~ん、分からない~(@_@;)。どっちが正しいと??」

まだすっかり理解できたわけじゃないんだけど、どうやら「温める」かそうでないかだけの分類方法ではないらしい<(`^´)>。

現時点で分かったところをまとめてみるとこんな感じだ:

マクロビオティックにおいて、「陽」とは収縮する概念、爆発的なエネルギーを内に秘めているもの、水分の少ないもの、固いもの、ゴムが縮んだ状態(はじけると痛い)、濃い~というようなものらしい。

「陰」とは、広がりのあるもの、サラサラしたもの、滞りがないこと、融通が利くこと、すくすくと伸びていくもの、みずみずしいもの(水分が多いもの)、薄い、という概念のようだ。

たとえば血管を1つ例にとってみよう。

血管が収縮すれば、その状態は陽であり、拡張すれば陰となる。

食材とあわせて考えると、カラダ(血管)を収縮させるもの=塩辛いものは陽であり、カラダを拡張させるもの=甘いもの、お酒類、などは陰なのである。

前者は「温める」といえるだろうケド、後者は一概に「冷やす」とは言えないわよね?(笑)

また、ショウガはカラダを温めるけれど、一方で血管を開き血液の流れを良くするという観点から言えばたしかに陰だ。(香辛料はみな同様)

そして、男性は陽、女性は陰だという。

適した食べ物は、男性は陽に偏り過ぎない程度に陽を維持し、女性も、陰に偏らない程度に、でも、陽にならないように、「やや陰~中庸」を保つものがよいとされている。

(なんだか禅問答みたいだわ~笑)

動物性のもの(液体を除く)はほとんどが陽だし、植物性のものは陰が多い。

もう少し詳しくいうと、上に伸びていくもの(葉野菜)ややわらかくみずみずしいものは陰で、下(地中)に伸びるもの(根野菜)や固くガッチリした野菜はほとんどが陽である。

ごぼうやにんじん、かぼちゃ、玉ねぎは陽で、大根、小松菜、白菜(この辺はまだ中庸)、キャベツ、長ネギ、ブロッコリー、イモ類、なす、トマト(右に行くほど陰が強い)などは陰なのだそうだ。

また豆類も、ひよこ豆や小豆は中庸だが、ほかはほとんどが陰だ。そう、納豆も!(血液サラサラ効果♪)

また、病気についても考えてみた(とは言っても自分の経験したものだけね~笑)。

子宮筋腫は固い~手術後、切り取った検体の写真を見せてもらったのダ(-_-;)。それはそれはきれいなピンク色をしたプラスチックのようなカタマリだった!

固いということは即ち「陽」。

陽に偏らないようにするためには血流をよくしなければならない。

水分をとりすぎてカラダを冷やしすぎる(陰)ことは考え物だが、陰の食材(葉物野菜、豆類など)をうまくとりいれて血液をサラサラにする努力が必要になる。

この反対が卵巣のう腫腎臓病鼻炎だ。

まったく違う病気だけれど、どれもカラダに水分がたまりやすい、またはたまった状態であるといえると思う。

これも「滞って」はいるけれど、水分過多な状態なのでどちらかといえば「陰」の状態だ。

陽に偏りすぎるのはいけないが、水分のとりすぎ、塩分の控えすぎ、は、もしかしたら、これらの病気を悪化させることがあるかもしれない。

これは以前から自らの体験として感じていたことでもある。(時が来れば、もう少し深く考えられると思いマス~笑)

今のところ、ワタシの解釈はこんなところだろうか?

いくつかまだ腑に落ちない点もある。

でも、今考えてもコレ以上は分かりそうもないので、考えるのはとりあえず止めることにした(^O^)/。

「だって、マクロビは日本人がまとめたとは言っても元は西洋の考え方なんだし、きっとそれ(違い)はそれなりに、意味があるにちがいないワ(^^♪。そうでなきゃ、世界中で実施されているわけがないものね~」

ワタシは根が脳天気なので、どんなに努力しても今の自分の手には負えない!と思ったことはそれ以上追求しないことに決めている。そんな時に考えても疲れるだけだからだ。

これは腎炎になってから学んだ処世術(?)でもある(笑)。

それにパートタイムクリスチャンとしては(^^ゞ、時が来れば分かることもあるだろう、そんなふうにも思っている。(要はい~かげん?爆)

それでも、今回1つ確実に納得できたことがあった。

それは「朝は1日の活動に向けて『カラダを温める』食事をしたほうがイイのではないか」ということ。

次回は、朝食について再度考えて見たいと思いマス。

って、気づいたらいつの間にかまた食べ物の話に・・・(^^ゞ。

ま、いいか~(^O^)/。それもアタシだ~(笑)。

レシピは明日にさせていただきマス~。それでは“TGIF”!(^_-)-☆

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法カテゴリ(全文が表示されます)または健康法に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« スロトレとは何ぞや?(笑) | トップページ | 低たんぱくレシピ-野菜タ~ップリ春巻 »

1)健康法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/44258458

この記事へのトラックバック一覧です: 「マクロビオティック」で健康を考える:

« スロトレとは何ぞや?(笑) | トップページ | 低たんぱくレシピ-野菜タ~ップリ春巻 »