« 子宮筋腫がマクロビオティックで治せる!? | トップページ | 今度という今度は・・・<(`^´)> »

2009年3月20日 (金)

腎炎と口呼吸~鼻で息をしてますか?(笑)

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

以前、ネットサーフィンをしていた時、口呼吸と腎炎というサイトを見つけた~前回はニーレの会にすっかり夢中になってしまって(^^♪、こちらの存在を忘れてしまったのである(^^ゞ。

あの「爪もみ」で有名な安保徹先生の著書「医療が病をつくる」からの引用だそうだ。

それによると、東京大学医学部口腔外科の西原克成医師曰く、「口呼吸が免疫系を破壌し、自己免疫疾患を始めとする多くの病気の引き金になることを見出している」

「つまり、口呼吸は吸った空気が直接扁桃を刺激し免疫系に異常をもたらすということである」

今、IgA腎症の治療法として、扁桃摘出ステロイドパルスによる施術(扁摘パルス))が注目されているが、その第一人者である堀田修医師も(でさえ・笑)、このように語っておられる:

「たとえ扁桃(口蓋)を摘出しても舌扁桃が残るので、口呼吸の習慣を是正しない限り、あらたな慢性感染がひきおこされるIgA腎症根治治療ネットワーク「病巣感染について」より

つまりはこうだ~口蓋扁桃に慢性感染(病巣)が生じるのは、呼吸していることが大きな原因である!

すなわち(ふぅ~笑)、口呼吸を止めることができれば、扁桃の慢性感染は抑えられる!?

まあ、もう何年もかかって巣くった病巣を、少しばかり口呼吸をしたからと言って治せるわけではナイだろうけど、少なくとも、口呼吸IgA腎症への引き金になっているかもしれないということは、かなりの確立で正しいといえるのではないか。

鼻炎の方など、特にこの花粉症の時期、鼻で息をするなんて、至難のワザだろう。睡眠時にのどを痛めないようにとマスクをしていらっしゃる方も多いのでは?

ワタシは、「切らなくて済むものなら切りたくない」派だし(笑)、扁桃腺に関しては、扁桃腺自体が免疫器官であることを無視することができない。免疫異常である「自己免疫疾患」=IgA腎症を治すために、なぜ扁桃腺を切除しなくてはいけないのか?どうしても割り切れない。

手術がいやなわけじゃない。それで本当にすべての不安がスッキリ解消されるのなら、ワタシは少しもためらうことなく手術を受けるだろう。

ワタシが疑問に思っているのはココだ:

IgA腎症患者のすべての扁桃腺が病巣となっているのなら、なぜ扁桃腺を切らなくても寛解する人がいるのだろうか?

その逆もある~長いこと扁桃腺に炎症があるヒトは、ホントにみんな、IgA腎症になっているのか?(どーしても「全員調べてみたんかい?」っていいたくなっちゃうのよね~爆)

単に運がイイ人、たまたまそういうタイプの腎炎だった~そういう問題じゃないっしょ。

もし扁桃腺がなくなってしまったら、そこで食い止めていた細菌はどこへ行ってしまうの?気管支や肺へ直行しないの??despair

何年かかろうとも、いつか襲いくるかもしれない病への恐怖を自制心で押し殺し、ゆったりと心を豊かに保ちながら免疫系をととのえる努力をした者、が、この勝利の美酒を飲んでいるのではないのか?

(ってちょびっとキザッチィcoldsweats01?)

もちろんワタシは扁桃摘出ステロイドパルス扁摘パルス)などの積極的治療を選択した方たちを非難するつもりなど毛頭ない。ワタシ自身もステロイドパルスを受けた身だ。ここでそれだけはキッチリ誤解のないように言っておきたい。

ワタシが言いたいのは、扁桃腺を切らずとも、ステロイドを使わずとも、うがいや食事、日常生活に注意を払いながら、寛解を保っている人もいるのだということを忘れないでほしい、その人たちの存在を否定しないでほしい!ということ。

そして、ご自分もまた積極的治療を受けずに腎炎を治したいと思っている方には、心からのエールを送りたいのダ。

一緒にがんばって「鼻呼吸」をしていきましょう!と(え?話がズレてる??笑)

でも、残念ながら、症状がかんばしくない方、進行が疑われる方には、積極的治療を受けることも視野に入れていただきたいとお伝えしたい。

1つの考えに固執してしまうことは、得てして病を悪化させてしまいかねないからだ。

以前、ワタシがステロイドを受け入れた理由で神と神を熱烈に信仰している信者の話をさせていただいたことがある。

「神がこの世に遣わしてくれた『医師』を信じて治療を任せる」

それも時には必要なことなのだ!(って、神様関連がおキライな人にはごめんなさい~でもコレ全然宗教っぽくない、どちらかと言えば皮肉な話なんデス~笑

「アレがイイ!コレが絶対!ソレしかないっ!」

じゃなくて、考え方に柔軟性を持つことも、このような長い治療には大切なことなのだから。でないといつかボキッと折れてしまいますよ(笑)。

ようやく春が終わって(笑)静かになったイイ子のみぃcatと、咲き始めたハゴロモジャスミンの香りにうっとりしながら過ごすお彼岸の午後なのでありましたheart04

~レシピは明日UPできるかなぁ・もしかしたらお休みするかもしれませんデス(^^ゞ~

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

IgA腎症慢性腎臓病に関する記事は:

IgA腎症・慢性腎臓病 (CKD)カテゴリ(全文が表示されます)またはIgA腎症と慢性腎臓病に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 子宮筋腫がマクロビオティックで治せる!? | トップページ | 今度という今度は・・・<(`^´)> »

4)IgA腎症・慢性腎臓病(CKD)」カテゴリの記事

コメント

私の場合8年間患った扁桃炎がファンギゾンシロップで治りましたよ。

投稿: A | 2014年6月18日 (水) 11時32分

Aさん、貴重な情報をありがとうございます。

症状が出る機会があったら是非試してみたいと思います。こん

投稿: Aさんへ | 2014年6月18日 (水) 16時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/44408394

この記事へのトラックバック一覧です: 腎炎と口呼吸~鼻で息をしてますか?(笑):

« 子宮筋腫がマクロビオティックで治せる!? | トップページ | 今度という今度は・・・<(`^´)> »