« 「IgA腎症を自分で治す」ことの意味 | トップページ | 低たんぱくレシピ-カレーピラフ »

2009年3月27日 (金)

低たんぱくレシピ-手作りソーセージ(^^♪

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくの献立です。慢性腎炎などの腎臓病(CKD)の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

たまにはソーセージが食べたくなっても、食品添加物や塩分のことを考えると買うのを躊躇してしまいがちデス(>_<)。

そんな時に手軽に作れる手作りソーセージはいかがですか?○ランラップ(ラップフィルム)があれば簡単にできてしまうんです(^^)v。ローズマリーやセージのフレッシュハーブなどを加えて作ってもイイですね~♪

低たんぱくにするには1回に1本でお願いしたいですが(笑)、せっかく作るのですから、今回は4本分のレシピを用意しました。

残りの3本は冷凍庫で保存し、なるべく早く食べてください。

<材料~4本分>

豚ひき肉 200g

塩 3g
砂糖 3g
こしょう少々
ハーブ類(あれば)適宜

玉ねぎ(すりおろしたもの)30g
にんにく(すりおろしたもの)5g
しょうが(すりおろしたもの)5g

じゃがいも(すりおろしたもの)20g

1本あたりの栄養素

総カロリー122Kcal、総蛋白質9.5g、塩分0.8g
(カリウムは197.5mg)

<作り方>

1.玉ねぎ、にんにく、しょうがをボールにすりおろし、分量を量る:(用意する目安としては、玉ねぎは小1/4コ、にんにくは1かけ位です)

2.じゃがいもは別の容器にすりおろしておく

3.1にひき肉、塩、砂糖、こしょう、ハーブおよびつなぎとして2のすりおろしたじゃがいもを入れて、よくこねる

4.材料を四等分する

5.ラップを2重にして敷き、1/4のネタを真ん中にのせて形を整えながら巻き、両端は輪ゴムでシッカリと縛る

6.5の材料を沸騰したお湯にいれ、小さな泡がぶつぶつ上がってくる程度の温度(90℃程度)で15分間加熱殺菌する

7.粗熱が取れたらすぐに冷蔵庫へ。できたてを軽く焼いて食べても美味しいですよん(^^)v。すぐに食べない場合は冷凍庫で保管のこと

ほかにも低たんぱく食のレシピをご用意しておりマス。

低たんぱく食レシピ集カテゴリ
レシピの一覧は低たんぱくレシピ集までどうぞ。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 「IgA腎症を自分で治す」ことの意味 | トップページ | 低たんぱくレシピ-カレーピラフ »

3)低たんぱくレシピ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/44480292

この記事へのトラックバック一覧です: 低たんぱくレシピ-手作りソーセージ(^^♪ :

« 「IgA腎症を自分で治す」ことの意味 | トップページ | 低たんぱくレシピ-カレーピラフ »