« クスリとワタシ~IgA腎症と子宮筋腫 | トップページ | 低たんぱく食をやってよかった!)^o^( »

2009年3月15日 (日)

クスリとワタシ-続編

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

昨日書いたことはワタシの体験談なんだけれど、他にもクスリで悩んでいらっしゃる方も多いことだろう。

今朝(^^ゞ、ちひろさんから頂いたコメントを拝見してあらためてそう思った。

ちひろさんのお母さまは糖尿病性腎症で、たんぱく質とカリウム制限がおありなのだとか。

他に貧血もおありだそうで、今回はカリウムを減らすクスリのことをお話ししてくださった。

ちひろさんのコメントはこちらデス★

ワタシが昨日この話を書いたのは、たまたまのぞいたIgA腎症根治治療ネットワークで「CKD患者の薬はなぜ多い?」という記事を読んだからだった。

1つの慢性病を患うと、次々と薬が増えていくことが多い。

現にワタシの父も尿酸値を下げるを飲んだところ血圧が上がり、降圧剤を処方されたことがある。

痛風の方は食事で改善され、尿酸のクスリは止められたのだが、結局は不整脈も見つかってしまい(>_<)、降圧剤は続けて飲むことになってしまった。

血圧だって食事で改善できるのに―そう思って説得しては見たけれど、本人がどうしても不安だというので、それならむしろを飲んだほうがイイとワタシも納得した経緯がある。

ワタシ自身クスリは好きではないが(^^ゞ、必要な時に必要量を飲むことまで否定しているわけではナイ。

まあ、ちひろさんはじめ、みなさん、それは分かってくださっていると思っているけれど(^_-)-☆。

それに、クスリは続けて飲まないと効果が出ないことがほとんどである。

前にもちょっとお話ししたんだけれど、クスリは本来毒性も強いので、一度にたくさん飲むことができない。

少量ずつ飲むことで、すこしずつクスリの血中濃度を高めていき、はじめて効果が現れるというものらしい。

降圧剤などで「一度飲んだら一生のみ続けなければならない」というのは、そういうことなのだ。

今日くどくどしく(笑)「続編」を書いたのは、もし、そのような「飲み続けることで効果が出るクスリ」を飲んでいらっしゃる方がいらっしゃったら、決して自己判断でを止めないでほしいということを念押ししたかったからである<(`^´)>。

もちろん、以外に症状を改善する手段があれば、積極的にやってみることはとっても大事。

そして、その上でなら医者と交渉することも可能である。

(医師に内緒でを止めてはダメですよ~(^_-)-☆)

もし、ウチの父のように「クスリがないと不安で夜も眠れない(>_<)」と思うのなら、それこそ精神衛生上よろしくないので、ムリしてを止める必要はないとワタシは思っている。

~ま~ったく、アタシはどこの子なんだか(-_-;)~顔は父親そっくりなんだけど~キツイ性格は母親そっくりで・爆~

でももしもし(笑)、クスリによる副作用で他のを飲まなくてはならなくなるようなら、薬の連鎖を防ぐためにも、最初の症状を何とか他の手段で抑える手立てがないかどうか~一考の余地があると思うのである。

まあ、自分の父親を説得できなかったのにこんなこというのはナンなんだけど(^^ゞ、ワタシは、自身が高血圧になりかけた時、食事と運動で乗り越えた経験がある。

また来週にでもお話させていただきたいと思っちょりマス~(^^♪。

それでは、どうぞ良い日曜日をお過ごしくださいマセ(^.^)/~~~。

みぃの「春」のおかげで今日も寝不足のこんでした~(-_-;)。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法カテゴリ(全文が表示されます)または健康法に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

IgA腎症慢性腎臓病に関する記事は:

IgA腎症・慢性腎臓病 (CKD)カテゴリ(全文が表示されます)またはIgA腎症と慢性腎臓病に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« クスリとワタシ~IgA腎症と子宮筋腫 | トップページ | 低たんぱく食をやってよかった!)^o^( »

4)IgA腎症・慢性腎臓病(CKD)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
こんさん寝不足の方は大丈夫ですか?我が家のまわりでも猫ちゃんの季節真っ盛りです(汗)
本当に薬って難しいですね。確かに恩恵がある事も否定できませんが…。知り合いの薬剤師さんは病気になっても滅多に薬は飲まないとの事…何だか考えてしまいます。
私事で恐縮ですが先日の検査の結果、蛋白も潜血も(ー)になってました!医師も驚いていました!こんさんのブログに感謝です!しかし、糖尿は確定しました(泣)でも、これからもこんさんのブログでもっと勉強して精進していきます!

投稿: わかば | 2009年3月15日 (日) 10時54分

わかばさんこんにちは~。

ご心配ありがとうございます。
夜眠れないなら、日中寝ようと頑張ってみたものの、
こーゆーことには昼も夜もないようで~(-_-;)。
これが治まるまでは当分ぼ~っとしていそーです(笑)。

あらら~、わかばさんも(-)ですか~(゜o゜)!
それは本当にようございました~~(^O^)/。

「糖尿が確定」って、そちらはタイヘンそうですね~。
でも食事に気をつけて&運動もしていけば、
よい状態を保っていけるっていいますものね。
これからも頑張ってくださいね~(笑)。

うれしいご報告をいただきましてありがとうございました~。
(^O^)/こん

投稿: わかばさんへ | 2009年3月15日 (日) 13時05分

こんばんは(^^)
またまた きてしまいました。

こんさんが言われる通り、運動や食事等 薬を飲まなくてもいいように、出来る範囲で努力はしてみるべきだと思います。

それから 先生ときちんと相談して自分の状態など話すことも大事だと思います。

母は 脳梗塞、脳出血もやっているので、血液をサラサラにする薬を2種類飲んでいました。
食事に気を使い、血液をサラサラにする効果のあるものを出すように心掛けました。
しばらくすると 鼻血をちょこちょこ出すようになり、先生に相談しましたが 「この、薬は飲んでいた方がいいよ」とのことでしたが 次の診察日にも先生に相談しました。
「…では、1種類減らしましょう」

その薬がなくなってから 鼻血はでません。

投稿: ちひろ | 2009年3月15日 (日) 23時22分

ちひろさん、こんにちは~。
コメントありがとうございます~(^O^)/。

三年番茶のこと、間にあって(?)よかったデス(^^ゞ。
ワタシはこれがイイ!と思うと見境がなくなってしまう方なので(笑)。

味も気に入っていただけてよかった~(^^)。
このお茶はとってもまろやかですよね~。
香りの高いウーロン茶みたいな感じで私も気に入ってます♪

お母さまもお薬たくさん飲んでらっしゃるんですね~。
そのような既往歴があるのでは、血圧のことご心配でしたでしょうね。

「血液をサラサラにする」薬、私が飲んでいたコメリアンもその1つです。でも、血液サラサラは、それこそ食事の得意分野(?笑)なので、ちひろさんの食事療法はナイスヒット!だったのだと思いマス。
(^O^)/

そういう選択はカラダ全体の健康にもつながっていきますよね~。それならなおさら、褐変茶、お飲みになれるといいですね~。

朝っぱらからWBCに熱く燃えいるこんなのでした(^^ゞ。
今日は、少しカラダ(アタマ?)を冷やす朝食にしないといけないかも~(笑)。

貴重な経験をお話くださってありがとうございました~(^O^)/。
それではまた!(^.^)/~~~

投稿: ちひろさんへ | 2009年3月16日 (月) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/44350303

この記事へのトラックバック一覧です: クスリとワタシ-続編:

« クスリとワタシ~IgA腎症と子宮筋腫 | トップページ | 低たんぱく食をやってよかった!)^o^( »