« 呼吸法をマスターして病気とサヨナラ・・・したい(笑) | トップページ | 低たんぱくレシピ-レンコンとマイタケの炒り煮 »

2009年4月 9日 (木)

呼吸法はすぐれた予防医学~丹田呼吸法~

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

「呼吸」と「呼吸法」――今まで区別することなく使ってきたけれど、「呼吸」は無意識に行われるもの、「呼吸法」には意識が伴うという大きな違いが実はあるのだそうだ。

呼(吐く)吸(吸う)のうち、大事なのは呼気。息を吐く時に気持ちを込めると、副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが回復、血中のリンパ球が増えて免疫機能が高まるとイイこと尽くめ!

その呼吸法の中でも今ワタシが注目しているのが「丹田(たんでん)呼吸法」である。この呼吸法は江戸時代の名僧、白隠禅師(はくいんぜんし)の教えを基に作られたという-仏教のきびしい教えの中、この呼吸法も合わせて指導することによって弟子たちの健康管理を図ったのだとか。

まず、丹田の意味をご紹介しておきたい。

丹田とは本来、不老不死を求める道教の言葉で、「丹薬(不老不死のクスリ)を栽培する田んぼ」を意味するのだそうだ。そこから転じて、いつしか下腹部にある「空間」を意味するようになったという。

日本ホリスティック医学協会会長の帯津良一先生もその著書の中で語っておられたが、人間の体の中には、無数の「すきま」があるのだそうだ。

同医師が、以前都立駒込病院で外科医(がん治療)をなさっていた頃、「外科手術はこの『すきま』があるからできるのだ」と、このすきまに、なにか「場」のような物理的な「量」を感じておられたそうだ。そしてこの「場」には生命に関わる「気=エネルギー」のようなものが確かに存在していると。

~だ~から内臓脂肪溜め込んじゃダメなのか~(-_-;)~

丹田呼吸法では、丹田にあるこの気、エネルギーを「生命」と定義している。丹田に意識を集中して呼吸法を行うことによって内なる生命のエネルギーを高めていくことができる!いってみればこの呼吸法は「気功」の1つでもあるのだ。

ちなみに、白隠禅師は丹田呼吸法を日々実践することでご自分の病気である肺結核を克服し、84歳まで長生きされたのだとか~江戸時代の84歳ってすごいですよね(゜o゜)。

それではやり方をご紹介しよう:

<基本姿勢>

「下腹部の丹田」を常に意識しよう。ワタシの場合はおなかの中に「宇宙」をイメージしておりマス~決して「脂肪」をイメージしてはいけません(爆)。

背筋をまっすぐ伸ばして座る。正座、あぐら、椅子に座ってでも可。呼吸は「腹式呼吸」が基本なので慣れるまでは「寝た状態」でもよいそうだ~両手を下腹部に当てておなかが膨らむ感じを意識しながら呼吸すると分かりやすいので。

では、始めます。

1.緩息(かんそく)~みぞおちをゆるめる

1)鼻から息を自然に吸う

2)みぞおちをゆるめて、「骨盤の中にカラダがめり込んでいくようなイメージ」で、鼻から息を吐く

~1)と2)を2セット行う~

3)再び息を吸い、2)と同じ要領で息をゆっくり吐きながら、今度は上半身を前に倒す。

2.基本動作

1)自然に鼻から息が入るような感じでカラダを起こす

2)上半身を上に伸ばしながら、息を大きく吸い込む

3)鼻から息が漏れるようなイメージでみぞおちをゆるめる

4)カラダを前傾させながらしっかり息を吐ききる

~1)から4)を1、2回行った後、1の緩息を1セット行う~

3.小波浪息(しょうはろうそく)

1)ゆっくりと上体を起こし、右手をみぞおち、左手を下腹部に当てる

2)上半身を伸ばすように息を吸い、みぞおちをゆるめて前傾しながら息をゆっくり吐いていく。

~1セット行ったら1の緩息を1セット行う~

4.大振息(だいしんそく)

す~(吸う)、は~(吐く)は~は~、と、ゆっくりリズミカルに「ブランコ感覚」で行いマス(^^♪。もたもたしていると息がきれてしまうので(笑)、最初にまず動作を確認してから行いましょう。

また、はりきり過ぎて筋など違えないように(笑)、くれぐれもお気をつけくださいマセ。

1)右手で左手の甲をつかむようにしておなかに当てる

2)息を吸いながら左ひじをひっぱるようにして両腕を左へ動かし、同時に右に背骨を曲げる

3)息を吐きながら、今度は右ひじを引くようにして両腕を右へ動かし、同時に左に背骨を曲げる

4)また、息を吐きながら2)と同じ動作を行う

5)さらに息を吐きながら3)と同じ動作を行う

~このす~は~を6セット、行う~

その後、これと逆方向から始め(つまり右へ引っ張ることから始める)、「す~は~は~は~」のリズムに乗って背骨を左右に曲げる。これを6セットと緩息を1セット。

以上デス。

どうですか?リズミカルに「す~は~」できるようになりましたか?(^O^)/やってみると意外と簡単で、肩の凝りも取れてきますよ~ボキッボキッと効果音がつくのはアタシだけかしらん?爆~どうぞお試しくださいマセ(^^♪。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法カテゴリ(全文が表示されます)または健康法に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 呼吸法をマスターして病気とサヨナラ・・・したい(笑) | トップページ | 低たんぱくレシピ-レンコンとマイタケの炒り煮 »

1)健康法」カテゴリの記事

コメント

今回の記事と無関係の質問をお許しください。
今まで順調にきた食事療法でしたが、最近もっと食べたいな衝動にかられるようになってきました。なんとか踏ん張っていますが、こんさんはこんな事ありましたか?やっぱり私の意志が弱いのでしょうか…。

投稿: わかば | 2009年4月 9日 (木) 17時13分

こんにちは、わかばさん。
いつもコメントありがとうございます。(^O^)/

頑張って踏ん張っていらっしゃるご様子に、
昔の自分を思い出しちゃいました~(^^ゞ。

ワタシも何度も(なんどもナンドモ)挫折してますよ~。
そのたびに「痛い思い=嘔吐、便秘、胃痛、尿蛋白の増加」などなどを経験してきました。

1つ1つ失敗をして、経験を積み重ねていくしかないんだな~って今は思っていマス。
お返事、記事に代えさせていただきました~って十分しゃべてるし・・・(^^ゞ。

それではまた~どうぞ楽しい週末をお過ごしくださいマセ(^.^)/~~~
こん

p.s.どの記事にどんなコメントでもOK&いつでも大歓迎デス!

投稿: わかばさんへ | 2009年4月10日 (金) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/44613745

この記事へのトラックバック一覧です: 呼吸法はすぐれた予防医学~丹田呼吸法~:

» ヨガダイエットで楽しくダイエット [ヨガダイエットで楽しくダイエット]
ヨガダイエットで無理なく健康的にダイエットしましょう。ヨガダイエットは全身の血流と気の流れを活発にし、健康維持と体質改善ができる最高のダイエットです。 [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 (金) 00時05分

« 呼吸法をマスターして病気とサヨナラ・・・したい(笑) | トップページ | 低たんぱくレシピ-レンコンとマイタケの炒り煮 »