« もっと代替療法をみなおしてみませんか? | トップページ | IgA腎症と自然治癒 »

2009年4月23日 (木)

東洋医学(漢方薬)に光明を見出す!

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

ワタシがIgA腎症という病気を抱えてもうすぐ7年になる。完全寛解と告げられてからおかげさまで無事に(?笑)2年が経過したけれど、いかんせん、胸を張って「すっかり丈夫なカラダになりました!」とは、とてもとても言える状態ではない(-_-;)。

このブログを毎日見に来てくださる方の中にも、腎臓の病気を患っていらっしゃる方、子宮筋腫をお持ちの方、卵巣のう腫が見つかった方、とイロイロな方がいらっしゃるだろう。

そしてその皆さんに共通する願い(カナ?笑)は、「病気を治したい」ということもモチロンだけれど、それよりも「もっと健康になりたい」そう考えていらっしゃる方がほとんどなのではないだろうか?

ワタシ自身、IgA腎症を治すために7年前にステロイドパルスを行った。やむを得ない処置だったとはいえ、ステロイドの副作用のために他の不調が続出(>_<)。その中でも子宮筋腫の悪化は子宮全摘を余儀なくされるほどだった。

おびただしい大量出血と貧血を解消するため、これも自分で納得して選択した手術だったが、どうやらココに来て「卵巣機能不全」が加わったらしい。基礎体温が狂ってきたのである(-_-;)。今回のめまい、どうやらそちらにも関係がありそうなのだ(ToT)。

1つの病気を治そうと行ったことが次の病気もしくは不快症状を生む、そんな連鎖にウンザリしているのはワタシだけではない、そしてそんなワタシに共感してくださっている方が多いのではないかと思うのダ。

また、深刻な病名(?笑)はついていないにせよ、毎日起きるカラダの不調から何とか逃れたい!そう思っている方が毎日のぞいてくださっているのでは?

そういうワタシ自身、寛解したとはいえ腎臓肝・腎・要(かんじんかなめ)とはいうものの・・・?でもお話しした様に、腎臓はカラダの要であり健康のおおもとでアル~を少なからず痛めてしまっている。「健康な生活」はもはや憧れの域にまで達してきている<(`^´)>!といっても決して過言ではナイのだ(笑)。

なんとかして丈夫になりたい!

そう思ってこのブログも書き続けてきたわけなんだけれど、今回の不調には、このワタシが、そのブログをお休みしなければならないほど(笑)悩まされた(>_<)。

いつまでもスッキリと治らない膀胱炎とめまい、吐き気に腹痛、次々と不調が襲い掛かってくる。

膀胱の細菌数は基準値以下、クレアチニンも尿所見も異常なし。耳に異常は見られず、めまいの原因も不明(-_-;)。(婦人科にはまだ行ってないんだけど・・・笑)

いくら医師にそう言われても、泌尿器と腎臓の密接な関係を考えた時、たとえ検査値に現れてはいなくても、腎臓が弱ってきたのではないだろうか、体力が落ちれば免疫力も低下して、またIgA腎症が再燃するのではないだろうかなどと考え込んでしまう~カラダが弱ると心も弱くなるってホントだわ(^^ゞ。

一生懸命腎臓にイイことをして、腎臓にイイ食べ物を食べ、カラダにイイことを日夜探してはいても(笑)、いったん心もカラダも弱ってしまうと、こんなワタシでさえ復活するのがなかなか難しくなる。

先日、代替療法の話をさせていただいたが、アレを書きながらも実はずっと考えていた。ワタシにピッタリ合う代替療法はないものなのだろうか?(@_@;)

今週から鍼治療にも通っているのだが、どうにもこうにも結果が芳しくない。一昨日は夜中にぐらぐらめまいに襲われ、吐き気をこらえるのが精一杯で、一晩中眠ることができなかった(>_<)。

この5年間、薬と名のつくものは一切回避してきた(風邪薬を1度飲んだだけ)ワタシだけれど、ここに来てようやく次の一歩を踏み出す決心がついた<(`^´)>。それは、ワタシの体質に合った漢方薬(生薬)を処方してもらうこと。

季節の変わり目による体調不良、卵巣の機能が弱っての更年期障害、と言ってしまえばそれまでなのだけれど、結局の原因は「弱った腎臓」なのではないか?カラダの要である腎臓が弱っているから、どんなにカラダにイイことをためしても、ちょっとの「ゆれ」で体調が崩れてしまうのではないか?そう思ったからである。

それにね、正直言うと、さすがのワタシも疲れてきたのダ(笑)。

食べ物や生活習慣の改善も、もちろん、欠かすことのできない大事なアイテムではあるけれど~これが基本であることにはゼッタイ間違いないしこれからも続けていくつもりだけれど~腎疾患と女性ホルモンのバランスの崩れという両壁を打ち破るには、女の細腕にはちと荷が重過ぎるようで・・・(^^ゞ。

そんなわけで、昨日から漢方薬(生薬)を飲み始めた。子宮筋腫のための漢方薬を10年以上飲んでその効果は体験済みなので、漢方薬にはなんの抵抗もない。

処方してくださったのは、漢方医学(中国の医科大学)と西洋医学(日本の東北大学医学部)の両方で学位を取得した中国人の方で、日本統合医療学会会員でもある医師だ※。最初にワタシの病歴や体質、現在の様子などについて詳しく問診をした後、「ワタシの体質にあったワタシのための生薬」を調合してくだすった。

※漢方薬局懐仁堂さんの侯先生です。(2009.12.18追記)

IgA腎症やステロイドの副作用についてもいろいろお聞きした(゜o゜)ので、詳細はまたいずれお話しするつもりだけれど今日は先生がおっしゃってくださったこの言葉をお伝えして終わりにしようと思う。

「ワタシはあなたにピッタリ合う薬を作ってあげられます」

「大丈夫。それを飲めばきっと健康になれる!」

そういってくださったヒトコトに、不覚にも涙がとまらなかったワタシなのである(^^ゞ。

まだ2日目だけれど、手足はモチロン、おなかもお尻も(笑)ポッカポカ。空腹時に服用するのだけれど、胃と腎臓の血液がどくどくと波打っているのが自分で分かるほどで、その効果には正直言って驚いている。おかげさまで夕べは久しぶりにぐっすり眠ることができた。

来週はもう少し元気な「こん」でお逢いできると思いマス。それではまたその時まで~ (*^_^*)。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法カテゴリ(全文が表示されます)または健康法に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« もっと代替療法をみなおしてみませんか? | トップページ | IgA腎症と自然治癒 »

1)健康法」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。子宮筋腫が見つかり、ネットでこちらのブログに目を止め早速質問させていただきたく、コメント欄から失礼します。

子宮筋腫が見つかってからマクロビオティックの食事をしようと考えております。

でも、マクロビは肉の変わりに大豆などの豆類、牛乳の変わりに豆乳をしようするらしく、大豆イソフラボンを控えないといけない子宮筋腫持ちには大丈夫なのかと心配です。

マクロビは体にも良いと思いますし、食生活を改めるにはぜひこれを実践したいのですが、豆類がネックですが大丈夫なものでしょうか?

いきなりの質問ですみません。

ご返答いただけるとありがたいです。

投稿: のんち | 2009年4月25日 (土) 00時57分

のんちさん、こんにちは。
はじめまして、こんと申します(*^_^*)。
コメントをお寄せいただき、ありがとうございました。

ご存知のように、
子宮筋腫は「エストロゲン」が過剰になることから起こる病です。
イソフラボンはエストロゲン様物質なので、
のんちさんがおっしゃるように、
必要以上に「大量に」取ることは避けたほうがよいと思われます。

が、これはアンドルーワイル博士がおっしゃってらしたのですが、
この場合の「エストロゲン」は、動物性食品の脂肪に貯蔵された
「偽エストロゲン」と呼ばれるものなのだそうです。

(私個人的には、肉食によってエストロゲンを過剰に分泌するように
なるのではないかと考えていますが・)

博士によれば、
動物性食品の摂取を控え、より人間の女性ホルモン(エストロゲン)
の働きに近い植物性エストロゲン=イソフラボンをとることによって、
症状が緩和されるということです。

私は15~20cmの巨大筋腫を抱えていたのですが、
実際に、肉食を続けた時(とは言っても1日に50g程度ですが)と、
同量の大豆製品を食べた時では、その出血の多さ、症状
(生理痛など)には雲泥の差がありました。
お肉もそうですが、牛乳や生クリームなどの乳製品も、
出血がひどくなりました。

私の場合、豆乳はきつすぎるようでしたので、
飲む場合は1日に100cc程度にしておりました。
この程度なら特に問題はなかったようです。

マクロビオティックを始められるとのことですが、
最初は、少しずつためしてみられたらいかがですが?

お肉はいつもの半分にし、減らした分だけ豆類を食べてみる。
豆類とはいっても全てが同じ作用ではないような気がします。
私には納豆や豆腐は筋腫により優しいように感じられたものです。
そうやって、少しずつ、ご自分に合う食養法を見つけられたらよいと思います。

きっと良い結果が得られることと思いますよ。
どうぞ、頑張ってくださいね。
私でよろしければいつでもお訪ね(&お尋ね・笑)くださいマセ。

長々とスミマセン(笑)。それでは。

投稿: のんちさんへ | 2009年4月25日 (土) 07時04分

早々のお返事ありがとうございます。いきなりの質問だったのに、こんなにも丁寧にお返事をいただけて感激です。

私は肉類・乳製品・油もの・糖分が大好きで、体重は気にしていたのですが、とりわけ制限もせず、なるべく魚や野菜と思ってはいても、すぐまた肉~ってなっていました。(特に肉の脂身はスキでした><)

出産を期に小さいですが筋腫が見つかり、いろいろ原因など調べてみたらやっぱりなーという感じです。

納豆や豆腐もそれほど悪くない、むしろ動物性食品の脂肪が良くないとのことで、マクロビを始めるにあたって安心しました。

筋腫のためだけでなく健康のためにもマクロビを少しずつ頑張ってみようと思います。

そうですね、少しずつ自分に合う方法を試してみるのがいいですね。

まずは、肉を減らさなければ・・・

頑張ります!!

この度は本当に親切にありがとうございました。

また何かあれば質問させて下さいね。

これからもちょくちょく覗かせていただきます☆☆

投稿: のんち | 2009年4月27日 (月) 00時35分

のんちさん、こんにちは。
(すごい時差でスミマセン・完全朝型なのデス)

のんちさんもお肉や乳製品がお好きなのですね?
ワタシもまったく同じでした(^^ゞ。
しかもその食べる量もハンパではなく・・・(>_<)

当時は漢方薬も服用していたのですが(していたから・かな?)
食生活を改めることを一切しておりませんでした。

そんなワタシだからこそ、
食生活を改善することがどれほど重要か、
今になって身に沁みています(笑)。

そうそう、少しずつでいいと思いますよ~(*^_^*)。
一度に変えてもストレスがたまってしまうと逆効果ですから・ね?

ワタシは、お豆腐の揚げ出しとか、サケのフライとか、(食用油はオリーブオイルに厳選します)を食べてお肉(の脂身)への未練を少しずつ断ち切っていきました(^^ゞ。お魚の油も筋腫にはとてもいいような気がしていました。

のんちさんのように筋腫が小さいうちなら、きっと改善されるはずです。いつか消えてなくなることも夢じゃないかも?

もしなくならなくても悪さしないでいてくれればいいわけですものね。
ワタシの友人は「出産時に一緒にとれた」と言っていましたよ。

どうぞ頑張ってくださいね~。
ワタシも一層身を引き締めて体質改善がんばりマス(^^)v。

またいつでもいらしてくださいね。お待ちいたしております。
こん(*^_^*)

投稿: のんちさんへ | 2009年4月27日 (月) 06時43分

こんさん、こんにちは♪先日頂いた的確かつ冷静なコメントで、少しではありますが平常心を取り戻せてきました(・v・)が、今年最後の検診にて主治医が超絶!漢方否定派であることが発覚(笑)いつも穏やかに「どーですかねー(^^)」としかおっしゃらない主治医が「ただでさえ弱っている腎臓が漢方で大変なことになる!あなたはクレアチニンが変動しやすい事を忘れないように!漢方なんて絶対にのんではいけません!!」と☆チキンな私はただ頷くことしかできず(笑)しょんぼりしながら夜叉の様な先生の顔を見つめるのみ…☆いい年をして不覚にも帰り際に泣いてしまいました(..)…話は変わりますが、比較的暖かいこちらの地域でも雪がちらつきました。被災地で生活されているこんさん…暖は充分に取れていらっしゃいますか?お仕事とあわせて、お身体も無理なさらないで下さい☆毎日こちらのブログに助けられてばかりです!どうか良い年末年始をお過ごしくださいね♪(実は昨日ほぼ同じコメントを送信する予定でしたが…スパム対策の認証とやらで上手く送信できず☆コメント拒否になったかと焦りました!今回は送信できるでしょうか?)

投稿: ムーンライト | 2011年12月28日 (水) 16時00分

ムーンライトさん、こんにちは~♪
コメント無事に届いてましたよん(^_-)-☆。

スパム対策は~してるとしてないでは大違いなんです。
私も他ではわずらわしく感じるので止めたいんですが、
世の中にはいたずらをやめられない人が多いのですヨvv。

漢方薬が飲めないほど腎臓が弱っている

という考え方は、多分一般的な思考なのだと思います。

漢方にも色々あって、腎臓によく効く一般的な漢方薬というと「八味地黄丸」が浮かびますが、これは「誰にでも効く」ように処方してある薬です。

実際に腎臓がひどく弱っている患者がこのような「市販」の薬を飲むのは非常に危険です。私もムーンライトさんの主治医のご意見に大賛成。

このブログで懐仁堂さんにお世話になった方の中に、腎移植をなさった方がいらっしゃいます。その方は、主治医からのデータを侯先生にお渡しし、その方の状態にあった薬を処方していただいたそうです。勿論主治医の了解済みです。

その後も順調に回復されて、去年は海外旅行に行くまでになられたと伺いました。最近は音信がないですが~きっとお元気なことと思います。この手のブログは元気になれば忘れてもらってよいのですから(笑)。

でも、ムーンライトさんの状態を一番ご存知なのはその主治医です。それは間違いありません。

侯先生の経歴は決して「あやしい」ものではないので(笑)、ムーンライトさんさえ決心なされば、双方でご連絡をとっていただくことも可能かもしれませんね。

何事も~ムーンライトさんがお決めになることですよん。お、これでは「ミタ」みたいですなvv。

新居はとても快適ですヨ~。以前の家は古かったので(地震がなくても)隙間風がひどかったのですが、今度の家はとても温かいです^^。ご心配をありがとうございますheart04

ムーンライトさんも、あまりクヨクヨ考え込まず、今ご自分にできることを着実になさってみてくださいね~。

どうぞ良いお年をお迎えくださいマセheart。こん^^

投稿: ムーンライトさんへ | 2011年12月29日 (木) 06時39分

こんさん、丁寧なお返事有難うございます♪お忙しい中での貴重な時間を使わせてしまい…申し訳ないです。。主治医が私を心配してくださっている事…痛いほど肌で感じました(;;)あの穏やかな先生が豹変?してしまうくらいですものね。市販の腎臓の漢方薬があるのですね!確かに主治医からすれば安易にそういった漢方に手を出したら…と思えば気が気じゃなかったかも、と思います☆主治医が候先生の事を理解して下さってデータが渡せたら、直接仙台へ行くには厳しい私にとって一番良いのですが…これほもう説得するしかありませんね(・・;)海外へ行かれた方の話、とても希望がわいてきました!自称美食家&超旅行好きの私にとってiga腎症寛解は大きな夢なので☆それから…こんさんの新居、快適なようで安心しました!ニュースから流れる遠い被災地の映像…同じ日本とは思えない人々の生活に本当に胸が痛みます。こんなとき腎臓を患っていらっしゃる方々は、食事や薬をどうされているのかな…と考えてしまいます。きっとそれぞれの病気を抱えた人にしかわからない苦労があるのでしょうけど…。毎回長いコメントでごめんなさい(汗)変な読者が増えたと思ってお許しくださいね(^^;)素敵な年末年始が過ごせると良いですね♪

投稿: ムーンライト | 2011年12月29日 (木) 15時27分

ムーンライトさん、こんにちは~♪
大分落ち着かれたご様子でようございました^^。

来年は何もかもうまく事が運びますよう、遠くの地からお祈りいたしておりますね~heart。風邪は腎臓の大敵ですから、くれぐれもお体お大切に、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。loveletter  こん

投稿: ムーンライトさんへ | 2011年12月29日 (木) 16時32分

こんさん、少し遅いですが明けましてあめでとうございます!昨年は初コメントから矢継ぎ早に質問してしまい、恥ずかしいかぎりです(‐‐;)いい年をして…パニックになっていました。。今年になって急に漢方薬を受けよう!と決意して、まずは無料相談を受ける予定です♪さすがに詳しい問診は調合の際になると思うのですが、こんさんも絶賛!の候先生とお話できると思うとドキドキしますね(笑)実は漢方でドエライ目にあったことのある私☆腎炎に漢方は最初から除外でした。こんさんのブログが信頼できる、と思えなければ漢方を受けようとは思えなかったと思います。イマイチよくわからない薬を必死に進めてくださるブログの方もいらっしゃったのですが…ピンとこず☆数々の素晴らしい腎炎のブログがありますが…私にとってこちらのブログは特別です♪きっと漢方を試された他の方々も、こんさんを信頼して懐仁堂さんを頼ろうと思えたのでは?まだまだ被災地の冷え込みは厳しいと思いますが、暖かくしてお過ごしくださいね(^^)v

投稿: ムーンライト | 2012年1月 8日 (日) 16時55分

ムーンライトさん、こんにちは~♪

いえいえ~ムーンライトさんのその必死さが伝わって、私も色々余計なことを申し上げてしまいました。

でも、とうとう漢方薬を始められるのですね~。

もし侯先生とお話しされる場合は、決して臆せずに、思ったことはなんでもバンバン言ってくださいね~。中国の方なので、(電話だと)たま~に誤解が生じることもありますが、これを面倒だと思わずに何度か繰り返して理解してもらうよう努めてください。心配な時はメールで補充してもよいかもしれません。そのほうが、侯先生もお喜びになると思います。

漢方薬も決して万能薬ではありません。真冬に裸で外へ飛び出せば、風邪を引いて注射を打っても治らないように、暴飲暴食、不摂生な生活をしていては、決して漢方薬も効いてはくれません。

新年早々お説教じみてしまいましたが、せっかく試されるので、是非よくなっていただけたらなという老婆心だとご笑納くださいね。

ムーンライトさんにとりまして、今年がよい年になりますよう心からお祈りいたしておりまするloveletter。こん

投稿: ムーンライトさんへ | 2012年1月 9日 (月) 16時46分

こんさん、毎回丁寧なお返事有難うございます!漢方の相談、距離的な事もあり電話で調合して頂く事になると思いますが…アドバイス通り、臆することなく(笑)うまく現状を伝えられるといいな、と思います♪主治医の前では超がつく従順な患者の私…せっかく調合して頂くのに誤解が生じては大変ですものね(^^;)あくまで普段の食生活等を大事にしながらうまく漢方を取り入れる事、肝に銘じます!それから…入院中に知り合った方に漢方の事をお伝えした所、まさに候先生のような漢方の先生を探していらしたようで無料相談を受けるそうです♪こんさんが候先生を見つけて?くださっていなければ、こんなに希望を持てなかった…本当に感謝しています(..)mまた色々とコメントしてしまうかもしれませんが、どうぞお許し下さい♪

投稿: ムーンライト | 2012年1月 9日 (月) 20時41分

ムーンライトさん、こんにちは~♪
いつもご丁寧な返信をありがとうございます。

そうそう、お医者様の前での遠慮は大禁物(?)ですよ~。
症状が分からなければ、病気を治すことなど絶対に出来ないのですからね。

まだまだ寒いですから、どうぞくれぐれもお大事になさってくださいねheart04。こん

投稿: ムーンライトさんへ | 2012年1月11日 (水) 12時46分

こんさん、こんにちは(微妙な時間帯ではありますが…)♪実は先日、漢方薬が届きました!もちろん懐仁堂さんで作っていただいたものです(^^)/せっかく頼もうと決めたのに、以前の痛い目にあった漢方薬での出来事がよぎり、悩みに悩んだ末の電話でした。候先生のお話、興味深くて驚くことが多かったです。漢方薬の味も、人によって処方が異なるとは思うのですが苦くなく吃驚しました☆少し甘いような…?慎重派の私、以前の様にいきなり副作用が出たらどうしようかとビクビクしていましたが(笑)今の所、全く問題ない用で安心しています♪いきなり良くなることを期待するのではなく、漢方薬を活かせる様な生活を心がけて…両者共に続けていきたいです♪

投稿: ムーンライト | 2012年1月18日 (水) 17時17分

ムーンライトさん、こんにちは~♪
そうですか~とうとう始められたのですね~。

悩むのは当たり前ですよ。
見ず知らずの人に、しかも電話で~となれば誰しも二の足を踏んで当然です。

私も人様にあれこれ勧めるのは苦手なのですが(自分が嫌なので・笑)、でも、侯先生は信頼できる方ですよ。

じっくり話ができたようで本当によかったですね♪

お~以前は「副作用」に悩まされたのですか。それは本当に「合わない」処方だったのですね。

私のお薬も甘めです~今では飲むと安心する味です。

震災で、火が使えなかったときでも、ストーブで煎じて飲みました。2ヶ月ぐらいは薬が手に入らず、薄めに薄めて飲んでいました(笑)。あの時も、侯先生自らお電話くださって~とても感激したのは今でも忘れられません。

腎臓も悪くなるには時間がかかったのだから、良くなるにもそれなりに時間がかかって当たり前だ。

私はいつもそんな風に考えていました^^。

お薬がじっくりじんわり効いてくれて、少しでも症状がよくなりますよう、心からお祈りいたしておりますheart。こん

投稿: ムーンライトさんへ | 2012年1月19日 (木) 07時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/44763476

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋医学(漢方薬)に光明を見出す!:

« もっと代替療法をみなおしてみませんか? | トップページ | IgA腎症と自然治癒 »