« ヒーリング~「癒す力」を信じて | トップページ | カラダの中からコリを追い出す~腰痛編 »

2009年5月13日 (水)

IgA腎症はうがいで治す!

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

IgA腎症はうがいで治せるかもしれないよっ!heart04

昨日の本当は怖い家庭の医学、世の中のIgA腎症の方み~んなに観てほしかったワhappy02

昨日のテーマは「口臭」。口腔内トラブルとは最近無縁のワタシ、「今日は観なくてもいいかな~めまいもひどいし・・・despair」な~んて実は思いながら観ていた。

そしたらね、口臭の原因は「扁桃腺」にあるっていうじゃない?「風邪を放っておくと扁桃腺に膿がたまって(膿栓)それが口臭の原因になる!」ってcoldsweats02!!

このフレーズ、口臭はさておきワタシの「IgA腎症レーダー」にピピピ~ッflairと反応しちまったのダsmile(いつもテーマからははずれちゃうんだけど~笑)。

画面では実際にゲストの扁桃を映したんだけど、「扁桃腺がはれているという自覚のない、または、大したことないと思っていた」その扁桃腺の腫れ方のひどいことひどいことbearing

ご存知のように、扁桃腺は1つではない(左右、ってことじゃないわよん・笑)。よくいわれるところの、のどちんこの両脇にあるのは「口蓋扁桃」~そう、扁摘パルスで摘出するのはココである。それ以外にもアチコチに存在しいて、昨日は、鼻の奥でのどとの境界にある「咽喉扁桃(アデノイド)」、舌の奥にある「舌扁桃」にも注目していた。

特に鼻炎などで鼻が悪い人は、鼻づまりがひどくて鼻呼吸ができないことからのどに細菌が侵入しやすい上に、鼻汁がのどの奥に下りてくることによってこれらの扁桃に細菌が集まりやすい、とも説明されていたcoldsweats02

実際に鼻炎で悩んでいるというゲストは、鼻の奥の咽喉扁桃や、ちょうど鼻汁が流れ落ちるポイント(?)である舌扁桃の腫れがひどかったshock。この辺はただ自分で鏡を見ただけでは決して見ることができないところである。

ワタシは、昨日も書いたけれど、昔から扁桃腺をよく腫らしていたので、扁桃腺の腫れにはものすご~く敏感である。自分がIgA腎症だと分かってからは尚更だhappy01

ちょっとでものどが腫れてくると、口をおっきく開けてのどの奥を覗き込み(といっても、口蓋扁桃しか見えないんですがsad)、ちょっとでも赤くなっていたり、ふくらみが見えたりすると、それはそれはものすごい勢いでうがいを始めるangry

鼻炎モチのワタシは、どうしても鼻がネックなので、咽喉扁桃の辺りは特に念入りにうがいをする。そうそう、舌扁桃(のどの奥の奥~)もね~。昨日のゲストの1人、○本麗さんも自慢(?笑)なさっていたけれど、アタシもうがいは得意中の得意なのダscissors

鼻うがいから始まって、鼻の奥はのどから、ちょうど鼻の奥にあたるところまで流し込んで、ガラガラガラガラ(^O^)。のどちんこの両脇もガラガラ(^O^)、舌の奥も、そうそう、少しあごを引いて口は閉じ気味にしてガラガラガラガラ(^o^)。水やなたまめ茶でうがいした時はそのままごっくん。その方が、奥の細菌も退治できるのダscissors。(決して悪いことじゃないんだけど、人前では止めといた方が無難かな~笑)

よほど疲れがたまっていない限り、痛みや腫れは2~3日でスッキリ治る。

「女優virgoってのどが命じゃない?もう、地方ロケに行く時も現地の耳鼻科は全部押さえてあるの!」~○本麗さん談でアル。

ま、アタシは女優じゃないからbleah、そこまではいかないけど、うがいはね~やるよ~smile。今回も、この不調の真っ只中、カラダもかなり弱ってるかなと、風邪が長引くことも覚悟したけれど、うがいだけで見事に撃退したわん(な~んて威張るほどのことじゃないんだけど・・・笑)!

以前にもお話ししたけれど、扁桃腺の腫れがIgA腎症の病巣になっている場合が多いということも確かにアルと思うのね。

でもそれはあくまでも「慢性的な炎症」の場合であって、風邪によるちょっとした腫れなら、うがいだけで(もしくは抗生物質の力を借りれば)十分に完治できるものなのだ。しょっちゅう風邪ひいても、一切薬飲まなくても、IgA腎症が再燃しないワタシがイイ例でしょ?

また、もし慢性的な炎症だったとしても、根気よくうがいを続ければ撃退できるんじゃないのかしら?(免疫異常がひどくない場合に限られちゃうかもしれないんだけどthink

完治って言っても、風邪ひくたんびに扁桃腺が腫れるんじゃ困っちゃうじゃない?」

あのですね~扁桃腺って言うのはもともとが免疫器官であって、腫れるために=細菌を退治するために存在しているのでありますヨ。だから、ハレて困るんじゃなくて、腫れなきゃ逆に困るんだヨsad

アタシャ素人だけどこんな風に思うのダ~「腫れる」ことが正常だとすれば、うまく腫れない、もしくは腫れても熱が出ない人(=自覚症状がない人)こそが免疫異常を起こしているんじゃないのかしらってね。

~以前、確か「膿栓」が出てるって言ってたはずの人が、堂々と「自分は扁桃腺が腫れたことない」って言うのを聞いた(見たbleah)時は、そーじゃなくてもおっきなアタシの目がまんまるになってビックリしたわsad

だから、自覚のある人もない人も、とにかく毎日うがいをしましょう!たとえ今、慢性的な腫れがあっても、毎日うがいを欠かさなければ、きっと腫れもきれいに治すことができるハズ!何度も腫らしたって言ってた昨日のゲストの扁桃でさえ、ちょっとの膨らみさえ見つからない、ホントにキレイな扁桃だったもの!!heart04

扁摘パルスで扁桃腺を摘出した方も、決して安心していてはいけませんヨ。他にも扁桃腺はあるんですからね~、でもって、それらもあ~んなにひどい腫れ方をするんですから!(ああ、昨日の映像どっかにないかしらね?bearing

IgA腎症を寛解に導く手段として、地味だけど確実なのはうがいである※」ということ、どうぞどうぞ忘れないでくださいませね。

※うがいで改善が望めるのは、「血尿」が出ている方=現在糸球体に炎症が起きている方に限られてしまうかもしれません。その点はご理解くださいますように。

うがいで新型インフルエンザも撃退できるかもしれないっておまけまでついて、一石二鳥にも三鳥にもなるってもんでございますbleah

今日はムリかな~と思ったけど、何とか最後まで書けましたねsmile。さてさて、ちょっとゴロンでもして、今日もなんとかやり過ごそーhappy01

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

IgA腎症慢性腎臓病に関する記事は:

IgA腎症・慢性腎臓病 (CKD)カテゴリ(全文が表示されます)またはIgA腎症と慢性腎臓病に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« ヒーリング~「癒す力」を信じて | トップページ | カラダの中からコリを追い出す~腰痛編 »

4)IgA腎症・慢性腎臓病(CKD)」カテゴリの記事

コメント

残念~。見ればよかった。
昨夜はなんだか疲れちゃってて(久々に行った歯医者さんのせいかな?笑)早くに寝ちゃったのよね。

ウロ覚えで申し訳ないんですが、鼻うがいは腎炎にもいいっていう話をどっかで聞いて(読んで?)しっかりやっています。気のせいか鼻うがいの後に点鼻薬を噴霧すると効きがいいように思います。

GW直前には、扁桃腺を腫らしまして、ものの見事に扁桃腺に膿が・・・な状態。
どうしようと悩んだ結果、熱がなかったので(熱があれば問答無用で救急外来で受診です)鼻うがいとのどのうがい(こちらはイソジンで)のダブルうがいをしていたら、GW明けには治っていました。一日おきに遊びまわっていたのに、です(爆)

投稿: 三憂 | 2009年5月13日 (水) 20時50分

みゆさん、こんにちは~(^O^)/。
コメントありがとうございました!

風邪、早く治ってよかったデスね!
そーなんですよね~、鼻うがいとのどのうがいで、
風邪はほとんど撃退!できるんですよねっ!
これに+正しい歯磨き(?笑)を実行していれば、
IgA腎症も、恐れることはないわ
などと、テレビを観ながら思ってしまったのです。
ほ~んとにすっごい腫れ方だったんですよ~

鼻炎からのIgA抗体は、案外、咽喉扁桃と舌扁桃あたりが
関係しているのかもしれませんデス。
ま、原因はどうあれ、治ればイイ!!(^O^)/

短絡的過ぎてスミマセン~(^^ゞ。

気候が不順なので、ひきつづき風邪には注意しましょうね~。
&インフルエンザも!(^_-)-☆

それではまた~こんでした。

投稿: 三憂さんへ | 2009年5月14日 (木) 09時08分

こんばんわ。

私は今21歳で大学生です。
17歳の時にIgA腎症(当時は予後良好群)とであい、先日腎生検をやった結果、予後不良群だと言われました。3~4年間でこんなに悪化するのは稀だ、とも言われ、ステロイドか扁摘を勧められています。

今までそんなに自分の病気の事を知らずに生きてきたので、予後不良群だと聞いた時に初めて自分から病気について調べました。
するとネットや本、先生の話には予想もしない色々なツラいコトがあって…元気だし、周りのみんなと同じように学校も行けるし、バイトもできるのに、ステロイド治療をして太るコト、入院したりで授業が遅れたり単位を落とすコト、いろんなコトが不安でなりません。考える度に涙が出ます。何よりも、腎臓の病気なら結婚を考えている彼との子供をつくるコトは難しいというコトが一番ショックでした。

そんな時にこちらのブログを偶然見つけて拝見させていただきました。うがいって風邪を治す・防ぐためだけのものだと思ってたのですが、それだけではないのですね(^-^)最近はインフルエンザを防ぐためにうがいを意識してやっていたのですが、これからもやっていこうと思います。

また覗かせていただきますね☆

投稿: みい | 2009年5月21日 (木) 01時15分

みいさん、こんにちは。
はじめまして、こんと申します(*^_^*)。
コメントありがとうございました。

IgA腎症については、
様々な見解があり、恐ろしく不安な気持ちになるのも当然だと思います。

3~4年でそのような進行が見られたということですが、尿には何の変化もなかったのでしょうか?(タンパクとか目に見える血尿とか??)腎機能は下がっていないのですか?

IgA腎症は自己免疫疾患ですので、
生活環境の変化や成長期のホルモンバランスなどの変化も無関係とはいえないと聞いています。だから、若い人に多いのだとも。

今、みいさんにできること~私は医師ではないので一概には言えませんが、経験者としてお話ししますね~。

1)扁摘、ステロイドをする場合の時期を医師に確認する。「一刻の猶予もない!」と言われれば別デスが、多少の余裕があるなら、セカンドオピニオンを求めることもお勧めします。

2)自覚症状がないとしても、大量のたんぱく尿や、腎機能の低下があるのなら、腎臓の中の糸球体が壊れている状態ですので、日常生活に支障はないのか医師に確認してください

3)ご自分の持病として~大したことないと思っていても~喉の腫れ、痛み、せき、痰、くしゃみ、はなづまり、などがないか?あれば「即刻」治療すること。2)で問題がないなら、耳鼻科で治療することをお勧めします。モチロンうがいはイソジンで徹底してやってくださいね~。

4)不安なお気持ちは分かりますが、夜更かしは一番の毒!ですので、夜はグッスリ眠ってください(笑)。10時前就寝がお勧めデス

5)お肉は控えて、お魚や野菜をたくさん食べるようにしてください。カラダから炎症を追い出すためには、体内をアルカリ性に近づけるのが効果的といわれています。

お若いのでおつらいでしょうが、一時のガマンで良くなるかもしれないのですから、そこはガンバって!

たとえ腎臓病でも結婚も妊娠も可能ですよ。もし、ステロイドや扁摘をすることになっても、デス。漢方薬との併用もよいかもしれません(今自分が実行中デス)。

どうぞ良い方向に向かうことができますように~微力ながらお祈りいたしております。こん

投稿: みいさんへ | 2009年5月21日 (木) 07時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/44997434

この記事へのトラックバック一覧です: IgA腎症はうがいで治す!:

« ヒーリング~「癒す力」を信じて | トップページ | カラダの中からコリを追い出す~腰痛編 »