« IgA腎症とその長期予後について | トップページ | 老化はココに現われる!~アンチエイジングにお勧めの食材は? »

2009年6月17日 (水)

不眠症対策~睡眠力を引き出せ!

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

「眠るにも力が要る」

コレ、大分前の話になっちゃうんだけど、恒例の「夢の扉」を観ていた時に日本睡眠学会専門医である遠藤拓郎医師が言っていたコトバである。眠るための力~それを「睡眠力」と呼ぶのだそうだ。

現代人はストレスにさらされる機会が多いので体内のコルチゾールの値が高い人が多く、今、5人に1人がなんらかの睡眠障害を抱えているという~不眠症、つまりはこの睡眠力が低下しているのだそうだ。

睡眠障害とは、

「とにもかくにも眠れない(笑)」

「眠っちゃいけないときに眠くなる」~会議中とか??アレも病気??(^^ゞ

「無呼吸症候群」

などを指すのだそうだ。

遠藤医師はこう続ける:

「眠れないと人生が楽しくない」

分かるワ~(-_-;)。

この春、ふつうなら「春眠暁を覚えず」の典型で(笑)、寝ても寝ても寝たりないワタシなのに~ステロイド使って元気満々(?)だった時でさえ、1日最低5時間は寝ていたのに~自律神経の乱れから(&めまいへの恐怖から)すっかり不眠症となり、ほとんど毎日眠ることができなくなった(>_<)。

本来が薬嫌いのワタシ、睡眠導入剤はゼッタイに使いたくなかったし~あれ使うと起きたアトがよくない!~まさに楽しくない毎日だったワン(>_<)。

番組では「睡眠力」を引き出すための方法がいくつか提示されていたので、同じ睡眠障害に悩む方にも参考になればと思い、まだアタマがふらふらしていたんだけど、ちょいとメモしておくことに・・・(笑)。

●夕方以降に強い光を浴びないこと

●夜は間接照明がお勧め~上からの照明ではなく、できれば下(もしくは斜めに)から、光を壁に当ててその反射を利用する

●起床後には必ず光を浴びること

体内時計にはメラトニンが深く関わっており、これは太陽光によって調整されているのだそうだ。このように、浴びる光を調整することでメラトニンの出も良くなっていくという。

と、ここまではご存知の方も多いかもしれないわね~。海外旅行で起こる時差ぼけ解消にもよく同じことが言われているもの。

この番組を見たとき、ちょうどめまいと不眠症に悩まされていた時だったので、早速ワタシも試してみた(^0_0^)。とは言っても、上の三項目、ほとんど毎日していることなので、あらためてどうこうしたというわけではなかったんだけど・・・笑。

そして、毎日同じように過ごしたつもりなのに、やっぱりゼンゼン眠ることができない(>_<)。結局は漢方薬を処方していただくことになったんだけど、コレ、どうにも腑に落ちなかった<(`^´)>。

そんなこんなで時が過ぎ、そのうちにもう1つの恒例番組、「ためしてガッテン」をみた時、ようやくこの疑問を解消することができた~テーマは「『中高年の』不眠症対策」!

「え‶~っ!問題は『年』にあったと?(>_<)」

まだまだ充分若いつもりだけれど(^^ゞ、気力体力の元、腎臓を痛めてしまっているワタシ、最近急速に加齢が進んだような気がしてならない(笑)~腎炎で入院した頃も同じように感じたわヨ、そう言えば・・・。

そう、睡眠力を引き出す方法は、ワカモノと中高年では、どうやら違うらしいのダ(>_<)!

その方法とは:

●夜、寝るまでは強い光を浴びること~(゜o゜)!

●日中1~2時の間、20分程度の昼寝をすること

●夕方眠くなってきても眠らないこと。軽い運動をして光を浴びること

だそうだっ!いやはや、こうも違うなんてね~(>_<)。

百聞は一見にしかず~さっそくやってみたワタシなのである(^0_0^)。

夜は9時過ぎると眠たくなるので(^^ゞ、たいてい8時半位にはもう間接照明だったのを、眠りに着くギリギリまでギラギラと照らし(爆)、昼寝はヘタをすると1時間になってしまうところ、気合で20分程度に抑えた(どーにかなるもんデス・笑)。

夕方は、もともと眠くはなっていなかったけど、仕事が終わった後軽く散歩をすることに。

疲れすぎて(笑)夕ごはん作りが超面倒になるのがたまにキズだけど、これ意外にビックリ~!よぉ~く眠れる!!~つまりは、リッパな中高年だったっていう話でやんす(^O^)/。

腎炎になってから、「午後はできるだけ腎臓に負担をかけないようにする」という教訓をずっと守ってきたんだけど、その辺はうまく折り合いをつけていくようにしないとね~。

だって、健康な生活を送るためには、「とにもかくにも質の良い睡眠が必要だ!」なんですもの(^O^)/。自律神経を安定させるということにもつながりますものね。
(^_-)-☆

今日のアナタに「良い眠り」が訪れますように~あ、会議中はダメですよ~ん(^O^)/。

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法カテゴリ(全文が表示されます)または健康法に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« IgA腎症とその長期予後について | トップページ | 老化はココに現われる!~アンチエイジングにお勧めの食材は? »

1)健康法」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
私は1年7か月の透析生活の後姉から腎臓を去年の11月に移植しました。
今のところ順調ですが少しでも健康で長く生きるためには、やっぱり東洋医学の食生活や習慣を取り入れたいと思い、いろいろネットで探していたらこちらにたどり着きました。こんサンの病気に対する取り組みには、頭が下がる思いでとっても参考になります。

4週間に一度外来で尿検査と血液検査をしながら免疫抑制剤の量を決めていきます。

いつもクレアチニンの値にはどきどきです。まだ、1.25あたりをうろうろしていてなかなかさがりません。
そこで私なりに考えたのがこんさんのような東洋医学を自分なりに取り入れてみようかなということです。

これからも腎臓にいいことをこんさんの方法をすこしでも取り入れてがんばってみますね。

投稿: non | 2009年6月17日 (水) 17時43分

nonさん、こんにちは。
はじめまして、こんです(*^_^*)。
完全朝型なのでお返事が晩くなってすみません。

透析から腎移植ですか。
大変なご経験をなさいましたね。
順調とのコトで本当に何よりです。

せっかくのお姉さまからの贈り物ですから、
是非、大切に長く長く使っていけるように、食生活に気をつけたり、漢方を取り入れたりされるのはとてもイイお考えだと思いますよ。

現在では、腎臓に特に病気のない人でも、腎機能が低下しているCKDの方が急増しているのだそうですが、ほとんどの原因は食生活にあるといいます。

食生活を改めるだけで、漢方薬を飲んだだけで、クレアチニンが下がった人もたくさんいると聞きます。かくいう私もその1人です(^^)v。

「すぐに効く」薬は、その即効性ゆえに副作用も強いですが、食事や漢方(生薬)なら、その点も安心ですよね。

もし可能であるなら、信頼できる漢方医をみつけて、養生なさるのもよいと思います。「腎臓」は中国医学の「得意分野」なのだそうですから(笑)。

「がんばる」コメント、ありがとうございました!おかげでワタシも元気が出ました(^O^)/。

もしよろしければ、また是非お遊びにいらしてくださいませ(*^_^*)。

投稿: nonさんへ | 2009年6月18日 (木) 07時13分

追伸デス:

免疫抑制剤をお使いのことですが、
漢方薬と併用することで、その副作用を軽減させることも可能だと、漢方医が言っていましたのを思い出しました。(ステロイドや他の薬も同様デス)

念のために付け加えておきますね(^_-)-☆。

それではまた~

こんでした(*^_^*)

投稿: nonさんへ | 2009年6月18日 (木) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/45366308

この記事へのトラックバック一覧です: 不眠症対策~睡眠力を引き出せ!:

» 無呼吸症候群 体験談 [無呼吸症候群 体験談]
無呼吸症候群は無呼吸症候群の体験者に聞け!肥満が原因とか言われるが本当は!!! [続きを読む]

受信: 2009年6月18日 (木) 12時38分

» 【長澤昌樹】睡眠時無呼吸症候群『自力克服マニュアル』 [【長澤昌樹】睡眠時無呼吸症候群『自力克服マニュアル』]
「長澤昌樹」さんの【睡眠時無呼吸症候群克服法】です。☆睡眠時無呼吸症候群で悩んでいる方へ☆CPAPの使用に違和感を抱いている方へ☆自然で健康的な睡眠を望んでいる方へ [続きを読む]

受信: 2009年6月24日 (水) 17時43分

» 無呼吸症候群 鼻マスク [無呼吸症候群 鼻マスク]
無呼吸症候群の治療には鼻マスクを使用する治療方法が簡単です。一度鼻マスクでの無呼吸症候群の改善をお試しください。 [続きを読む]

受信: 2009年6月26日 (金) 13時04分

» 不眠症 [不眠症]
不眠症についての情報です。 不眠症を解消するための色々な情報をご紹介します。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 9日 (木) 18時13分

« IgA腎症とその長期予後について | トップページ | 老化はココに現われる!~アンチエイジングにお勧めの食材は? »