« DIPEx-Japan~患者自身がおもいあたる原因について | トップページ | 生命線が伸びたって話デス(^^ゞ »

2009年7月 7日 (火)

IgA腎症~ワタシが思いあたる原因について

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

昨日DIPEx-Japan~患者自身がおもいあたる原因についてを書いていて、自分が病気、特にIgA腎症になった原因はなんだったんだろう?そう考えてみた。

だいたい、「腎炎」なるものの存在に関心を持つようになったのは自分がIgA腎症になってからで、それまでは考えたことすらなかった。腎臓がどこにあるかさえ知らなかったほどだ(?笑)。膀胱炎や不正出血には悩まされていたのにね~。今考えると、ホントに無知で無関心だった(>_<)。

ワタシがもう1つ抱えていた病気、子宮筋腫に気づいたのは、20代の終わりの頃。お酒を飲んだ翌朝に不正出血があることに気づいたのがきっかけ。それもウィスキーを飲んだときは必ずと言っていいほどだった(笑)。

いくつか婦人科病院にも行ったけれど、どこへ行っても返ってきた言葉は「異常はありません」。だから~当時は、お酒は何でもゴザレ~♪だったんだけど~きっとワタシにはウィスキーが合わないんだワなんて思ったことを覚えている(^^ゞ。

仕事に趣味に恋愛に(笑)、毎日、食事も好きなものを好きなだけ食べ、休むまもなく飛び回っていたアノ頃だったんだけど、今振り返ってみると、少しずつ「その兆候」が現われていたのかもしれない。

ちょうどアノ頃だったのだ~鼻炎や膀胱炎腎盂腎炎や扁桃炎にかかっていたのは。

まあ、腎盂腎炎はともかくとして、それ以外は日常茶飯事。1人あたま診察3~5分なのに1時間待ちはアタリマエ(下駄箱はいつもイッパイ、待合室もいつも満員なので、自分で靴を持って中で立って待つ)という某超有名耳鼻科に毎日通い、鼻炎と喉頭炎、扁桃炎のための抗生剤をほぼ常用し、コレ飲めば治るから、と、なんで病気になるのかなんてたいして気にも留めていなかった。

そうそう、ちょうど膀胱炎を併発して、内科でもらった抗生剤を耳鼻科の先生に見せて、「ああ、○○を飲んでいるなら、いつものは飲まなくてイイですよ」って言われたこともあったっけ。

今にして思えば、アレ、膀胱炎じゃなくて、初期の腎炎だったのではないだろうか?腎臓の弱いヒトは膀胱炎になりやすいと聞くけれど、膀胱炎を頻繁に繰り返すこと自体、腎炎となにか繋がりがあるのでは?

だって、当時は、ワタシこんな風に思っていたんですもの~(鼻炎や喉頭炎もふくめて)風邪を引くと、次は必ず膀胱炎になるって。

ちょうど、のど風邪を引いた後に下痢などの胃腸障害が起きるように(いわゆる、お腹の風邪?)、ワタシの場合は風邪のアトに泌尿器系にダメージが来るんだって、どんな医師にも言ったことはないけれど、若い頃はずっとずっとそう思ってきた。

~今にして思うとね、以前にもどこかに書いたと思うけど、膀胱に細菌がのさばること自体、免疫力が低下している、ひいては免疫異常を起こしやすい状態なのではないのかしら?実際にワタシがIgA腎症の定期検診を受けていた頃、基準値内ではあるけど膀胱内の細菌が増加した時は、たいていリンパ球の割合も減っていたものだった。つまり免疫力が低下していたってこと~

どのぐらい頻繁に膀胱炎になっていたかは定かじゃないけれど、アノ頃は大きな仕事が終わるたびに風邪引いて寝込んでたから、3~4ヶ月に1回ぐらいのペースだったんじゃないかしら?それが4~5年は続いたのかな~。その間1度だけ腎盂腎炎になって、当時も漢方薬のお世話になった。そのおかげで悪化せずに済んでいたのね、きっと。

~実際、腎生検をした際、ずっと以前に腎炎を発症し(IgA腎症)自然治癒した瘢痕がみつかったそうだ~

食生活にしてもね、「病気になる=食べなくちゃ!」の意識しかなかったので、食べた食べた(^O^)/。30歳の時に受けた会社の成人病健診で「脂肪肝」が指摘されたのもちょうど同じ頃だったと記憶している(笑)。おなじ定期健診で「血尿」が指摘され、「子宮筋腫の不正出血だと思いマス」と無知ぶりを発揮していたのもこの頃だった(-_-;)。

~この辺のてん末は尿潜血はどこからのサイン?に書かせていただいております~

その後、会社を辞めたり、アメリカ行ったりしながら、いろんな職場を転々とした。その間子宮筋腫がひどくなったりして、しばらく無理はしないでいたんだけど、ひょんなことから起業なんぞすることになってしまい(笑)、それからは「ムリ」を絵に書いたような生活(ってどんな絵なんだか・爆)。

1日15時間労働、休日なんてないも同然。モチロン風邪を引いても休むこともできず、ドリンク剤を片手にカラダにムチ打つ毎日。疲労回復にと、それまで以上に飽食をし(お肉は1回に200g位を1日2食、毎日食べてました・笑)あれじゃ、アタシの免疫系もおかしくなって当然というものだ。

他の人すべてがそうとは言い切れないけれど、ワタシのIgA腎症は、ヤッパリ、なるべくしてなった病気なんだな~今なら素直にそう思える。また、それが分かった今だからこそ、きっとまた健康を取り戻すこともできるハズ!そう考えるのはワタシが楽天家だからなのかしらん?(^^ゞ

七夕の日に昔を振り返るなんて、まあたまにはこんなおセンチもよいかもね~と思いながら書きました(笑)。今晩、星がキレイに見えるといいですのにね(*^_^*)。

IgA腎症慢性腎臓病に関する記事は:

IgA腎症・慢性腎臓病 (CKD)カテゴリ(全文が表示されます)またはIgA腎症と慢性腎臓病に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« DIPEx-Japan~患者自身がおもいあたる原因について | トップページ | 生命線が伸びたって話デス(^^ゞ »

4)IgA腎症・慢性腎臓病(CKD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/45562837

この記事へのトラックバック一覧です: IgA腎症~ワタシが思いあたる原因について:

« DIPEx-Japan~患者自身がおもいあたる原因について | トップページ | 生命線が伸びたって話デス(^^ゞ »