« じろうさんへ~新たな闘いを心から応援します! | トップページ | 子宮周りの血行を良くして女性力をアップ! »

2009年7月18日 (土)

低たんぱくレシピ-うなぎの蒲焼丼

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくの献立です。

慢性腎炎など腎臓病(CKD)の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

体力が低下する夏、是非とも食べておきたいのが「うなぎ」ですね~(*^_^*)。土用の丑の日を前に、できるだけ低たんぱくに(?笑)、でもできるだけたっくさん食べられるように(笑)計算してみました(^^♪~低たんぱくごはんにすればもっと余裕が出ます(^^)v。

「たれ」は蒲焼についているものではなく、ご自分で用意した方が塩分を抑えられると思いマス。(薄味に慣れた方なら無くてもよいかもしれません)

言わずもがなではありますが、ここでちょっとうなぎの効能についても補足しておきますネ~(*^_^*)。

★骨粗しょう症の予防:カルシウムやビタミンDが豊富

★視力改善作用:ビタミンAが豊富

★動脈硬化の予防:DHAとEPAの作用

★消炎作用:EPAには関節炎の痛みを緩和する効果がある

美味しくて栄養タップリなうなぎを食べて夏バテなんて吹き飛ばしてしまいましょう!(^O^)/

<材料>

うなぎの蒲焼 50g

ごはん※ 200g

[たれ]
減塩しょうゆ 5g
砂糖 2g
みりん 3g
日本酒 3g

青じそ 2g

白炒りゴマ 3g

総カロリー520.5Kcal、総蛋白質17.6g、塩分1.1g
(カリウムは243mg)

※ごはんのたんぱく質は5gで計算してありマス

<作り方>

1.うなぎの蒲焼は1.5~2cm角に切る

2.青じそは千切りにしておく

3.たれの調味料を鍋に入れて一煮立ちさせ、切ったうなぎを中に入れて少し温める

4.ボールに熱々のご飯を入れて3を軽く混ぜ合わせ、器に盛る

5.青じそと炒りゴマを散らしてできあがり

↓コメントで、みゆさんから「散らし寿司の作り方」をご披露いただいています。錦糸卵を除けば、だいたい同じ栄養価で作れると思いマス。作ってみたらとても美味しかったので、皆様もどうぞお試しください

ほかにも低たんぱく食のレシピをご用意しておりマス。

低たんぱく食レシピ集カテゴリ
レシピの一覧は低たんぱくレシピ集までどうぞ。

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« じろうさんへ~新たな闘いを心から応援します! | トップページ | 子宮周りの血行を良くして女性力をアップ! »

3)低たんぱくレシピ集」カテゴリの記事

コメント

我が家では、うなぎのチラシ寿司を作ることもありますよ。
作り方は簡単。
うなぎの蒲焼(たれをからめて刻んでおく)、卵そぼろ、大葉(刻んでおく)しょうがの甘酢漬け(刻んでおく)、好みで白ゴマ・・・。これをご飯に混ぜるだけ。酢の味が好きな方はしょうがが使っていた甘酢を混ぜるとおいしいです。

で・・・お察しいただけてるかと思いますが・・・私はそんなに食べられません。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

投稿: 三憂 | 2009年7月20日 (月) 01時31分

みゆさん、こんにちは。
もう体調は大丈夫なのですか?

チラシ寿司も美味しそうですね(*^_^*)。
昨日残しておいた蒲焼の半分、今日は、チラシにしていただくことにします(^^)v。

美味しい情報をありがとうございました!(^O^)/こん

投稿: 三憂さんへ | 2009年7月20日 (月) 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/45666504

この記事へのトラックバック一覧です: 低たんぱくレシピ-うなぎの蒲焼丼:

» 関節炎 [関節炎]
つらい関節炎でお悩みではありませんか。関節炎で歩けなくなる前にぜひ知っておきましょう。 [続きを読む]

受信: 2009年7月20日 (月) 14時01分

» 脳の活性化に効果的なサプリメント:「アホエン [IQサプリメントで脳スッキリ若返り!]
脳の活性化に効果的なサプリメントの一つが、Dr.MINOの「アホエン [続きを読む]

受信: 2009年7月23日 (木) 22時50分

« じろうさんへ~新たな闘いを心から応援します! | トップページ | 子宮周りの血行を良くして女性力をアップ! »