« 低たんぱくレシピ-鶏ムネ肉のマリネとバンバンジー | トップページ | 夏の一日(=^・^=) »

2009年7月26日 (日)

アジソン病(副腎低形成)ってご存知ですか?

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

最近ハマっている海外ドラマ~Dr.House(ドクターハウス)。名探偵が難事件を解決するように、名医ハウスが病気の原因を突き止めて治療するドラマである。深夜枠なので、モチロン、いつもビデオ録画してみている(^^ゞ。

まあドラマだから100%事実ではナイにしても、毎回、「う~ん、確かにあり得ない事ではないワ」とうならせてくれるドラマなのだ<(`^´)>。火のないところに煙は立たないっていうしね(笑)。

そして今回ワタシが見たテーマは「ステロイド」(^^ゞ。ガラス抜いてまだ10日しか経ってないんだから(笑)、とひたすら冷静に見ていたツモリだったのが、イヤイヤ、やっぱり、ゴロゴロ寝ているわけにはいかなくなってしまった(^O^)/。

あらすじはこうダ~ウンウン大丈夫、ブログ間違えてないって(笑)

ドラッグ離脱に成功した、とある大リーグのピッチャーが、その復帰に向けてCM撮影を行うことになった。ところが、ボールを投げた途端に肩の骨を骨折してしまう(>_<)。

~アタシなんか、すぐにここで「ステロイドね(゜o゜)」って分かっちゃったけど・先読みするのが大好きなんでやんす(笑)~

主治医: 「ワカモノの骨減少症による骨折だ」(TVではこういってたけど、骨粗しょう症ってことよね?)

ハウス: 「ワカモノっていうことは、原因はガンか?」

主: 「イヤ、検査に異常は見られない。患者は大リーグのピッチャーだ」

ハ: 「それなら、ステロイドだろう」

主: 「尿検査によるとステロイドは陰性なんだ」

ってな具合に会話が進んでいく。ネ?アタシじゃなくても興味をそそられちゃうでしょ?(^^ゞ

体重の増加、精巣の機能減退、骨粗しょう症、とくればステロイド以外に考えられるのは「副腎機能の低下アジソン病」だという。そしてアジソン病の治療で使われるのはステロイド~「いやはや皮肉なもんだ」とはハウス医師の言葉である(^O^)/。

「患者は腎臓も悪いんだぞ!」

「でも、ステロイドは検査では陰性なんだ!!」

~これが、「ステロイド使ったから腎臓も悪いんだ」って聞こえるのはワタシだけなのかしらん?(笑)~

イヤイヤ、聞けば聞くほど、抜いたガラスが束になって舞い戻ってくるよ~♪コレは「ガラス抜いちゃいけない」っていうアタシへの神の啓示??(@_@;)

そして極めつけはハウス医師のこの言葉だった。
(゜o゜)

「患者がこの5年の間にステロイドを使っていたらどうだ?それなら説明がつく。ステロイドの影響はすぐには出ないんだ

いやぁ~(ってコレばっか・爆)、聞けば聞くほど、虫が騒いで仕方がないので(笑)、ビデオを途中にして、早速ネットで「アジソン病」なるものを調べてみた。

副腎機能の低下によって、すべての副腎ホルモンが不足する病気です」

プレドニゾロンなどのコルチコステロイド薬を大量に使用している人は、副腎機能が低下します。これは大量のステロイド薬が、正常に副腎機能を刺激する視床下部と下垂体のホルモン産生を妨げるためです」

アジソン病になるとすぐに、脱力感疲労感が生じ、座ったり横になった姿勢から立ち上がるとめまいを感じます。これらの症状は、徐々に、知らぬ間に進行することがあります」

アジソン病では皮膚に黒ずんだ斑点が現れ、日焼けのようにみえますが、日光にさらされていない部分にも現れます」

「多くの人に、体重減少、脱水症、食欲減退、筋肉痛、吐き気嘔吐下痢の症状が生じ、寒さに弱くなります。病気が重篤でなくても、ストレスのある間だけは症状がはっきり現れる傾向があります」

メルクマニュアル家庭版より

アジソン病については難病情報センター「副腎低形成(アジソン病)」にも情報がありマス。

以前から東洋医学においては、ステロイドの大量もしくは長期投与が、本来人間が持つ副腎皮質ホルモンの分泌能力を低下させるといわれてきた。個人的にも、自身のアレルギーの悪化などから、それは間違いないだろうと確信してきた<(`^´)>。

~以前、ステロイドはカラダを「なまけもの」にする なども書かせていただいております~

実際に(アジソン病の)検査をしたわけでもないので、断定的なコトは決していえないのだけれど、体質は人それぞれだから、そういう影響のない人もいらっしゃるんだろうけれど~ここまで前置きすればダレにも何にも言わせないわよん<(`^´)>~

「ワタシのこの春に起きた一連の不調は、やっぱり○テロイド(って今さら伏字??爆)の影響だったに違いない!」

そう思いを深くしてしまったワタシなのでありました(^0_0^)。

注) ステロイドが怖いからと言って、患者が勝手に減量したりしてはゼッタイにいけません!減量のタイミングを間違えると、カラダが副腎機能を急速には回復できず、一時的に副腎機能低下症(アジソン病に似た状態)になってしまう可能性があるからです。くれぐれもご注意くださいますように。

あまりの暑さに、気分だけでも(^O^)/、と衣替えをしたばかりなのに~またまたやってしまったワタシをお許しくださいマセね~(*^_^*)。ま、今回のはテンポラリーで長引きません。アメリカ人にだってそう考えている人がいるのよ~って言いたかっただけなんですから(笑)。

~それにドラマ的には、病気の本当の原因は「マリファナを媒体としたカドミウム中毒」だったんデス~アジソン病と同じ症状が出るって(@_@;)。このドラマの最後はいつも「大どんでん返し」!なんです(笑)~

IgA腎症慢性腎臓病に関する記事は:

IgA腎症・慢性腎臓病 (CKD)カテゴリ(全文が表示されます)またはIgA腎症と慢性腎臓病に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 低たんぱくレシピ-鶏ムネ肉のマリネとバンバンジー | トップページ | 夏の一日(=^・^=) »

4)IgA腎症・慢性腎臓病(CKD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/45743729

この記事へのトラックバック一覧です: アジソン病(副腎低形成)ってご存知ですか?:

» 骨粗しょう症 [骨粗しょう症 回復]
骨粗しょう症について解りやすく説明したサイトです [続きを読む]

受信: 2009年7月27日 (月) 15時08分

« 低たんぱくレシピ-鶏ムネ肉のマリネとバンバンジー | トップページ | 夏の一日(=^・^=) »