« ココログメンテナンスによる障害のお詫びデス | トップページ | カラダにイイことは腎臓にもイイことだ!(笑) »

2009年7月 2日 (木)

低たんぱく食~「旬の力」を見直そう!

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

食べることが大好きなワタシだけれど(^O^)/、IgA腎症なんて病気になって低たんぱく食を始めてからは、好きなものを好きなだけ食べる、なんていう生活はもうできなくなってしまった(-_-;)。

でも、ま、以前はお相撲さん並に食べてたわけだし(プチ・ギャル曾根ぐらいになれたかな~笑)、こんな病気にならなくたって、いつかは食生活を改めなくちゃいけなかったのは確かなんだ(^^ゞ。

小食になって最近特に思うことは、本当に「美味しいもの」を食べたいということ(*^_^*)。

調味料はなるべく使わないようにしていることもあり、そうなると、「美味しいもの」とは、すなわち素材のよいもの、新鮮なもの、のもの。

の取れたての物って、スーパーで買うものとは、ホントにゼンゼン味が違うのよね~。ワタシがはじめてそれを実感したのは、わが家でアスパラガスを栽培・収穫した時のことである。

ご近所の方から苗を頂いて、3~4年は放っておいただろうか。ようやくここ2年ほどは、ホンの数本だけど収穫できるようになってきた(*^_^*)。

とれたてのアスパラをラップでくるみ、電子レンジでチンすること1分♪。コレがアスパラ(@_@;)?と思うほど香りや味が全然違う。まるで、トウモロコシのような香ばしい香りが口いっぱいに広がるのだ!う~ん、この美味しさだけでパワーがでるワ(^O^)/。

これが大地のパワー、の力なんだな~って本当にビックリしたっけ。それからかな、ワタシがにこだわるようになったのは(笑)。

つい先日、従弟ン家に遊びに行った時、この旬の力を再認識するようなTV番組~短いドキュメンタリーを見た。

主人公は日花里(ひかり)ちゃん、3~4歳の女の子である。日花里ちゃんは、生まれたときからダウン症という重い障害を背負っていた。

ダウン症にもいろいろな症状があるというが、日花里ちゃんの場合は、「食べ物を咀嚼できない」こと。毎日の食事はすべて、おかあさんがすりつぶしたり、ミキサーにかけたりして作る「流動食」だ。

日花里ちゃんは食事が好きではないという。人間、食べなくては生きていけないのに、食べることが楽しくないというのだ。なんとかして食べさせて命をつながなくては!とおかあさんは大奮闘。栄養のあるものを作っては、いやがる娘の口に運ぶという毎日を送っていた。

ある日、家族みんなで出かけることになった。モチロン日花里ちゃんも一緒なのだが、出かける先は、なんとフレンチレストランだという!そこは、旬の食材を使った美味しいフルコースを食べさせる、地元では有名なレストランなのだそうだ。

事前に取材を受けたレストランのシェフは、日花里ちゃんの障害をすべて理解した上で、なんとかして日花里ちゃんの喜ぶような料理を作りたい、と、厨房で懸命に腕をふるった。

ここでちょっとフルコースの一皿を想像してみていただきたい~まっ白なお皿の中央に、香ばしく皮に焦げ目のついた白身魚のグリル、そこに鮮やかな色のトマトソースがかけられ、いんげんのグラッセが添えてある、そんな一品。

料理は目でも味わうもの~シェフは、いったん普通の大人用に用意した料理の量を減らし、それぞれをミキサーにかけていく。そして再び、最初の料理と同じ配置で、その流動食を並べた~白、赤、緑って~(*^_^*)。

一方、テーブル席には、久々のお出かけとあってオシャレをした日花里ちゃんが、うれしそうにして座っている。そこへお皿が次々と運ばれてきた。

「食べることにまったく関心の無い」日花里ちゃん、まるでおままごとをするかのように、おばあちゃんやおじいちゃんに、自分のスプーンで各自のごはんをすくい、口に運んであげようとする。色とりどりに並んだ自分のお皿には目もくれない。

そこへシェフが現われ、日花里ちゃんの唇に白い粥状のすり身をちょっぴりつけた、その時である。それまで、スプーンを振り回していた日花里ちゃんが、ピタリと動かなくなる。二重まぶたの目をまんまるに見開いて、一点を凝視し、まるで、金縛りにあったかのように・・・。

ひと口、ふた口、またシェフが料理を口に運んでやる。しばらく口をつぐんでいた日花里ちゃん、こんどはなんと自分のスプーンで次々とすくって食べ始めたではないか!これにはお母さんや家族も目を見張った。そしてみんな一様に涙を流して喜んだ。画面には、日花里ちゃんの顔に広がった満面の笑み。

「あの子が、自分で食事をして、あんな風に笑うなんて・・・」

お母さんの涙声がいまでも耳に残る。

「食事は『栄養』だけじゃないんですね。(障害のある)あの子にとって、味がそれほど重要だったなんてはじめて知りました。勉強になりました」

そう語って親子は家に帰って言った。

「日花里ちゃんは、味の分かる、大切なお客様です。少しでもマズイものを出せば、食べてもらえないかもしれない。またいつでも食べに来てほしい。腕を磨いてお待ちしております」

後姿を見送りながら、シェフはそのように語った。

生まれながらにしてモノを食べる喜びを知らなかった子どもがいる。そんな子でさえ、「旬」という自然のパワー(とシェフの腕と真心かな・笑)を借りてその喜びを知ることができた。これをきっかけにもっともっと「生きる喜び」も知っていってほしい!そして、これからは、もっともっとアノ笑顔~日花里ちゃんの家族のみならず、テレビを見ていたワタシまで本当に幸福な気分にさせてくれた~を浮かべていってほしい!

今でも充分食べられるのに、「ふつう」以上に食べられないと時になげく自分が情けなくもあり(笑)、日花里ちゃんのアノ笑顔を忘れず、今自分に与えられたシアワセを享受していこう~そう思わされた時間だったのでありました(*^_^*)。

食事制限があると思うと、自分が世界一の不幸モノになったような気がしてしまうことがありますが(笑)、そんな時は、アナタも旬の力を借りてみませんか?きっとパワーがもらえること、間違いなしデス(^_-)-☆。

低たんぱく食に関する記事は:

低たんぱく食カテゴリ(全文が表示されます)または 低たんぱく食に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« ココログメンテナンスによる障害のお詫びデス | トップページ | カラダにイイことは腎臓にもイイことだ!(笑) »

2)低たんぱく食」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!毎日じめじめですが調子はいかがですか?人工太陽でも浴びたいくらいです。いや〜素晴らしい話じゃあーりませんか?旬の食材はパワーありますからね、特にバテる夏は積極的に摂りたいモンです。私が見た番組では食は五感で味わってるんですと。しかもその主な器官は目(◎-◎;)だとか。テレビで目隠しして食べる実験見てて真似してみたら、全然旨くない、味がわからんのです。恐るべし目力!しかも夏場はカラフルな野菜が溢れてますね。つい八百屋に足が止まります。そう夏は旬のパワーを目一杯頂けちゃう訳ですね。これであっちい夏を乗り切りましょう!

投稿: パパイヤ | 2009年7月 3日 (金) 22時20分

パパイヤさん、こんにちは~(^O^)/。
ホント、梅雨時はカラダがダルくてイケマセン(-_-;)。鼻の調子はイイんですけどね(笑)。

ま、救いなのは、雨にぬれたお花眺めるのが楽しいから、歩くのが苦にならないってことでしょうか?(でも土砂降りは勘弁してほしーっ!)

そうですね~視覚の効果は大事ですよね。自炊しているとついついその辺手を抜きがちですけど(笑)、色とりどりの旬の野菜なら、それだけで楽しくなっちゃいますものね(*^_^*)。

漢方では、5色取り入れるのがイイって言いますよね?赤・白・黄・緑・黒(だったかしらん?)をバランスよくとるとカラダによいのだそうです。と、以前ペ・ヨンジュンさんが言っていたのを思い出しました~ちなみに私はファンではありません・爆。

しばらくお休みしていたけれど、そのうち、旬を意識したレシピでもアップしましょうかね~。何かおススメの一品があったら、是非ご教示くださいね~(^O^)/。

それでは~よい休日をお過ごしくださいマセ。

こん(*^_^*)

投稿: パパイヤさんへ | 2009年7月 4日 (土) 06時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/45514869

この記事へのトラックバック一覧です: 低たんぱく食~「旬の力」を見直そう!:

» 二重まぶた 自力 [二重まぶた 自力]
桜井憧子さんによる「二重まぶたマニュアル」です。著者はビューティースマイル・ジャパンの代表として、美容に関するコンサルティング業をしています。二重に自力でなりたい・・・ [続きを読む]

受信: 2009年7月11日 (土) 21時46分

« ココログメンテナンスによる障害のお詫びデス | トップページ | カラダにイイことは腎臓にもイイことだ!(笑) »