« IgA腎症と食事療法 | トップページ | 今日で1年経ったのだけれど・・・ »

2009年8月14日 (金)

低たんぱくレシピ-トマトの冷や汁

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくの献立です。腎臓病(CKD)や慢性腎炎の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

今週、たけしの本当は怖い家庭の医学で奥園壽子さんが作っていらした「旬の食材で病を予防」するレシピです(^^♪。

今日は、抗酸化物質リコピンがたっぷり入った8月のトマトを使った一皿をご紹介しますね~とは言ってもワタシは量を調整して計算しただけですが・・・<(_ _)>。手に入るなら、真っ赤なトマト(生食用のピンク系ではなく調理用のもの)を使ってください。赤系トマトリコピン含有量は、ピンク系の3倍だそうです。
(^^)v

リコピンだけでなく、イソフラボンたっぷりの豆腐かつお節を加えることでたんぱく質のバランスにも気を配ってありますね(^^)v。どうぞ、暑い日に、ご飯やそうめんにかけてお召し上がりくださいマセ。
<(_ _)>

<材料>

木綿豆腐 80g

トマト 200g

キュウリ 50g

みょうが 10g

青じそ 5g

(調味料)

塩 1g
みりん 8g
減塩しょう油 8g

すりゴマ 10g

削り節 3g

おろししょうが 少々

総カロリー195.5Kcal、総蛋白質12.4g、塩分1.7g
(カリウムは764.9mg※)

※今回はカリウム量がかなり多くなります。食べる量で調整してくださいマセ<(_ _)>。

<作り方>

~そうめんにかけて召し上がる場合は、あらかじめそうめんをゆでておいてください~

1.トマトを皮付きのまま角切りにし、鍋に入れる

2.1に調味料(塩、みりん、減塩しょう油)を加え、沸騰するまで過熱する(水分は加えません!)

3.2が沸騰したら、削り節を加えて火をとめる

4.しょうが適量をおろし、キュウリ・ミョウガは輪切りに、大葉は千切りにしておく

5.2をボールにあけて氷を1/2カップほど中にいれる(冷やす&薄める)

6.4の野菜(薬味)と、適当な大きさにちぎった豆腐を中にいれてかき混ぜる

7.ご飯やそうめんにかけてできあがり(^^♪

番組では他にも美味しそうなレシピを紹介していました(*^_^*)。来週あたり、またいくつかご紹介できればと思っております~8月が終わらないうちにしないとねwink。それでは、ワタシもちょっくらお休みしますね(笑)。皆さまも、どうぞご自愛あそばしますようにloveletter

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« IgA腎症と食事療法 | トップページ | 今日で1年経ったのだけれど・・・ »

3)低たんぱくレシピ集」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/45923115

この記事へのトラックバック一覧です: 低たんぱくレシピ-トマトの冷や汁:

« IgA腎症と食事療法 | トップページ | 今日で1年経ったのだけれど・・・ »