« IgA腎症の完治を目指して! | トップページ | IgA腎症~もし再燃しても焦らないこと! »

2010年1月11日 (月)

IgA腎症~体質改善を図るために

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

先日、IgA腎症完治させるためには「体質改善」を図ることが大切である~と述べさせていただいたが、私自身、この7年間(いや8年目??coldsweats02)どんな風にそれを試みてきたのか~ブログを始めた頃はそれこそ毎日のように書かせていただいていたんだけれど、

「それ読めば分かりますからconfident

って言っちゃうのもね~。自分で言うのもなんだけど、なんせスゴイ数(&量)だから。。。sad

「探すだけで疲れてしまい、免疫力が下がりましたweep

なんてことにもなりかねないし・・・smile。んな訳で、ちょいと簡単なマニュアルを作ってみることにしましたscissors

~といっても、一応「インデックス」もあるので、う~んと簡単なヤツねwink

まずはなんといっても食事!腎臓のための低たんぱくもモチロンだけれど、他にも気をつけていることがあるので以下に示してみます。

1.免疫異常(広義のアレルギー)が起きないように、「旬」の野菜や果物を積極的に食べる。

なぜ「旬」にこだわるかというと、「旬」のものは栄養価が高く、人間がその季節を過ごすために最適な「性質」を持っているからである。たとえば、夏に美味しいトマトは、リコピンが豊富だが、反面「身体を冷やす」という性質があるので、冬に食べるには適さない。また、冬に美味しいレンコンにはビタミンCが多く、免疫力を強化する働きがある、など

2.肉や魚は控えめに~でもキチンと必要量を食べる。

30代以上の成人であれば、1日体重1kgにつき、たんぱく質0.9g~1gが望ましいと言われている。(これは腎臓病患者に限ったことではありません) そのうち、肉や魚などの動物性たんぱく質は「全体の6割」が望ましいと言われているが、アレルギーのことを考えるともう少し少な目が良さそう。5割ぐらい?

体重50kgの女性なら1日25g。うんと大雑把に言うと、豚肉なら1日に100g程度となります。

~詳しい計算方法などは、低たんぱく食に関する記事をご参照くださいマセ~

3.免疫力の低下を防ぐためにできるだけ「カラダを温める」食事をする。

上でも触れたように、食材には身体を温めたり冷やしたりする性質がある。真夏などは多少身体を冷やすことも必要になるが、冷房を効かせた部屋で過ごす場合は、夏でも、できるだけ身体を温める食材を選ぶ。

~食材の効能については、「お勧めの本」でも紹介している梁 晨千鶴: 東方栄養新書―体質別の食生活実践マニュアルが大変参考になります~

4.免疫力をあげるために、「大腸の働きをよくする食材」を積極的にとる。

マイタケやマッシュルーム(←インドールを吸収して腎臓の働きを助ける)などのきのこ類、根菜類、などをよく噛んで食べる。お通じの調子が思わしくない人は、少量でよいのでヨーグルトを食べてみる。オリゴ糖や蜂蜜を加えると効果倍増good

5.腹6~8分目に抑える。

コレは意外と大事ですconfident。特に野菜を多く食べ始めると炭水化物(ご飯)が減って空腹になりがちなので、食べ過ぎにならないよう工夫してください

以上でしょうか?他にも色々ありそうですが、もし興味をお持ちいただけましたら、健康法に関する記事からアレコレ読んでいただけましたら幸いデスsmile

他に気をつけていることは

●定期的に軽い散歩をする

●散歩ができない時はラジオ体操や自力整体、ヨガ、太極拳、など、とにかくカラダの血行をよくするような運動を行う

●カラダは絶対に冷やさない!

●できるだけ規則正しい生活を送り、悩み事を溜めず、常に楽しいことをみつけ&考え&実行し、夜は早めにグッスリ眠れるよう心掛ける

ですかしらんsmile。そうそう、爪もみも、時々ですが(思い出した時に)やっていますbleah

これらを実行するに当たって私がよく参考にする本は、★田中 美津: ぼーっとしようよ養生法、★アンドルー ワイル: 癒す心、治る力―自発的治癒とはなにか、などです。食事に関しては、★帯津 良一: なぜ「粗食」が体にいいのか―「食生活」ここだけは変えなさい! などもお勧めですgood

と、以上思いつくままに書いてみました。少しでもお役に立てましたら幸いデスwink。皆さまもまたなにか良いお知恵がございましたら、是非お寄せくださいますようにheart04

~私同様、食事や生活習慣に気をつけて寛解にいたった方の体験談なども掲載させていただいております。よろしければどうぞそちらもお読みくださいマセ~

IgA腎症が寛解したじろうさんのお話

IgA腎症?~3ヶ月ガンバって「ぼぉ~っと養生」してみました~チョコミントさん

IgA腎症慢性腎臓病に関する記事は:

IgA腎症・慢性腎臓病 (CKD)カテゴリ(全文が表示されます)またはIgA腎症と慢性腎臓病に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« IgA腎症の完治を目指して! | トップページ | IgA腎症~もし再燃しても焦らないこと! »

4)IgA腎症・慢性腎臓病(CKD)」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。

年末年始はほんのちょっとの休みを遠くはなれた実家にてすごしました。なにしろ遠いので(羽田で乗り換えだからね^^!)ご無沙汰です。

年末に久しぶりに風邪をひき、いつもの病院にいったのだけど、担当医の日じゃなかったので、別の先生の診察に。。風邪のせいか、血尿が+-になっていたので、年明けにもう一度検査しましょう。。といって昨日行ったら。。

なんと、蛋白まで、1+でてしまった(涙)

少し生活を考えなおして、なんとか治したいです。
ちなみに慣れない先生に「再発かもしれませんね」とあっさりいわれ、かなりショックです。とりあえず、24時間蓄尿検査をするので、なんとか主治医に見てもらえるようがんばります。
私の行ってる病院は入院専門と外来専門に分かれていて、入院中お世話になった先生は週に一度しか外来にでてらっしゃらないので、予約をとるのも大変なんですよ。。


ひさしぶりの書き込みでサミシイお知らせでした。すみません。

投稿: mogtarou | 2010年1月13日 (水) 13時51分

mogtarouさ~ん♪
あけましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

お疲れは大分取れましたか?
風邪もすっかりよくなりましたか?
少し無理をなさっていたのではありませんか?

それで~お話の件、あれこれコメを書いていたのですが、
やっぱり記事にしてしまいました!coldsweats01

そちらがお返事代わりです♪。
どうぞお読みくださいマセheart04
そして、くれぐれもどうぞお大事に~!

こん

投稿: mogtarouさんへ | 2010年1月13日 (水) 15時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/47263862

この記事へのトラックバック一覧です: IgA腎症~体質改善を図るために:

« IgA腎症の完治を目指して! | トップページ | IgA腎症~もし再燃しても焦らないこと! »