« 他人のことが気になる時 | トップページ | おかげ様で元気です♪(=^・・^=) »

2010年4月26日 (月)

低たんぱく食にもご用心?

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

IgA腎症などの慢性腎臓病を患っている者にとって、高たんぱくな食材の過食は厳禁である。

たんぱく質が分解され、身体に必要な量が吸収された後に残る「老廃物」~これらを処理するのが腎臓の役目だからだ。

特に成長期を終えた中高年は、若年層に比べて血や肉など身体を形作るためのたんぱく質をそれほど必要としない。具体的に言うと、{個人の体重(g)÷1000}g相当のたんぱく質で十分だといわれている。体重50kgの方なら50g。

極端な例を挙げれば、ステーキ200g+サラダ+ご飯+スープで、もう1日分を軽くオーバーしてしまう量だshock

たんぱく質の過剰摂取は腎臓への負担のみならず、アレルギー疾患を引起しやすくなるとも言われ、特にIgA腎症という自己免疫疾患を抱えた患者にはまさにタブーなのである。

が、「低たんぱく食」にすればよいというものでは決してナイということもまた事実flair

慢性腎臓病患者の中には、「お肉や魚を食べてはいけない」とまで考えている人がいるらしいが、決してそうではナイのである。

いくらもう成長期ではないとは言えcoldsweats01、生命維持に必要な「必須アミノ酸」を効率よく摂取するために、魚や肉もきちんと食べなくてはならないのである。

世の中、なんでも極端はあかんのです!Bye01

最近、低たんぱく食に関する記事を読んでくださる方が多かったので、ダメ押しでまた1つ書いてみた次第ですbleah。それと~GW、あんまり食べ過ぎないようにしなくちゃネ~との自戒の意味も込めて、かしらね~smile

詳しい内容は下の一覧を参照してくださいますと幸いデス。

ようやく気候が安定してきそうな気配ですねheart~体調を整えてGWを楽しみましょう!

Alien13

低たんぱく食に関する記事は:

低たんぱく食に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 他人のことが気になる時 | トップページ | おかげ様で元気です♪(=^・・^=) »

2)低たんぱく食」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/48186997

この記事へのトラックバック一覧です: 低たんぱく食にもご用心?:

» 血圧を下げる食事療法 [血圧を下げる食事療法]
血圧を下げる食事療法 [続きを読む]

受信: 2010年4月26日 (月) 11時44分

« 他人のことが気になる時 | トップページ | おかげ様で元気です♪(=^・・^=) »