« おかげ様で元気です♪(=^・・^=) | トップページ | 子宮頸がんワクチン~小学生に全額助成で集団接種! »

2010年5月 5日 (水)

IgA腎症~ステロイドは両刃の剣

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

IgA腎症の治療にもっとも効果的と言われている治療法がステロイドパルス治療である。

ステロイドは腎臓の糸球体に起きた炎症を強力に抑え、また、炎症の原因となったIgA抗体を減少させる(新たに産生させない)働きをする。

が、ここで忘れてはならないのは「ステロイドは免疫力を低下させる」ということflair。(だから抗体を減らすことができるのだ)

免疫力が低下すれば、細菌を増殖させる恐れがある。ここ数年、扁桃摘出が併用されるのはそのためなのだ(扁摘パルス)。

扁桃腺に慢性的に細菌が付着することで免疫異常が起き、IgA抗体が大量に産生されてそれが糸球体を痛めつける~簡単に言ってしまうと、これがIgA腎症の発症の仕組み。

もちろん、扁桃腺の炎症だけではなく、鼻や腸、そして口腔内の粘膜の炎症が原因で発症する場合もあると言われている。

IgA腎症ステロイドパルス治療を受けた患者が心得ておかなければならないこと。それは、ステロイドは両刃の剣であると言うことpaper

ステロイドパルス治療の間はもちろん、その後の内服の期間も、できるだけ細菌感染を防ぐよう努力を怠ってはならないのだ。

なぜなら、扁桃腺が残っている人なら扁桃腺に、摘出した方でも、そのほかの粘膜に、慢性的な炎症が続けば、ふたたび免疫異常を起こしかねないからshock

そして、ステロイド治療中=免疫力が低下している際は、炎症の元となる細菌感染が起こりやすくなるからである。

ステロイドは「炎症」そのものを抑えるけれど、その元となる細菌をのさばらせてしまう恐れがあるのだ。

以前、水虫にステロイドを使うと、一時的に炎症は抑えられるが、水虫菌の繁殖により、結局は症状が悪化してしまうと言う話を書いたことがある。

~もしよろしければ、水虫とステロイド軟膏-IgA腎症に置きかえて考えるをお読みくださいマセ~

確かにステロイドは、腎臓の炎症を止める効果的な薬ではあるが、一方でIgA腎症を引起す引き金にもなりかねないということを決して忘れてはならない。

ワタシ達患者にできることは、ステロイド服用に関してはかならず医師の指示を厳守すること、そして、できるだけ感染を防ぐこと。

~昨日、チーム・バチスタで「劇症型肺炎」の話を観て(「喉枯れを治す」ためにステロイドを常用したことが原因~安易に使っちゃいけないんだぞ!angry)、また書かずにはいられなくなってしまいました。耳ダコ~の方はお許しくださいねcoldsweats01

IgA腎症慢性腎臓病に関する記事は:

IgA腎症と慢性腎臓病に関する記事(一覧表示)からご覧いただけマス

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« おかげ様で元気です♪(=^・・^=) | トップページ | 子宮頸がんワクチン~小学生に全額助成で集団接種! »

4)IgA腎症・慢性腎臓病(CKD)」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、初めまして。
簡単に自己紹介 名古屋市在住 55歳 男 サラリーマン 現在無職
本年1月に急速進行性腎盂炎を発症しまして2ヶ月半の入院を経て(入院中にステロイドパルス治療を開始、継続中)現在は外来通院治療を受けている腎臓病初心者?です。
この病気をいきなり宣告された時はショックでしたが、入院中にネットでこの病気の事、これからどうやっていったら良いのか調べていてこちらのブログを拝見いたしました。数あるブログの中でこんさんのブログが一番読みやすく内容も充実しているなあと感心しました。
私は、つい昨日ブログをとりあえず立ち上げてみたばかりで(こんさんに比べればはずかしい限りですが)こんさんのブログを参考に食事療法の参考にさせていただければと思いコメントさせていただきました。(いきなりの長文にてご容赦願います)

投稿: Excelsior | 2010年5月 6日 (木) 06時51分

Excelsiorさん、はじめまして~。
ご訪問&コメントをありがとうございます!
管理人のこんと申します。

私は単純な人間ですので、
「難しいことなら本を読めばいい」
と考えています(笑)。

実際に体験した私にこそ書けること~、
私自身にも分かること~を心掛けて書いてきました。

時にヒステリーを起こしたり、イライラしたり~
とお見苦しい点も多々あるかもしれませんが(^^ゞ、
できるだけ~楽しく前向きに書いてきたつもりです~~♪

だから、そんな風に言っていただけると本当にうれしいデスhappy02

腎臓病は根気の要る病気ですから~
焦らず無理せず~安全運転で行きましょうね~。
努力すればしただけきっとよくなりますよ!

よろしかったらまたいつでも遊びにいらしてくださいね~。

最近更新をサボりがちですが、
メールはチェックしていますので・・・。

私もうかがわせて頂きますね(^_-)-☆
こちらこそ~これからもどうぞよろしくお願いします。こん

投稿: Excelsiorさんへ | 2010年5月 6日 (木) 08時25分

はじめまして。
”すもも”といいます。

子宮筋腫の術後を検索していて、こんさんのところにたどり着きました。
前のほうのお話しは、部分的にしか読んでませんが、わたしの過去にも重なることが多くて、「あ~私だけじゃなかったんだー」って、思うことばかりでした。
私は、巨大な筋腫がひとつだけだったので、腹腔鏡で筋腫核を取る手術をしたのですが、それで問題解決にはならず、今も病院に通っている状態です。
手術までの長い道のりでの大出血の毎日も、手術さえすれば・・・などと、甘く考えていたのが、裏切られてからは、担当の先生を恨む気持ちも出てきて、自分でも自分が嫌になるばかりでした。

手術前、もう、つらくてつらくてやっと生きている状態の時、先生に「手術は子宮全摘出にしてください」と言っていたのに、「将来、何があるかわからないんだから、子宮は残します」ってことで、子どもを産みたい願望のない私には、気持ちにひっかかりを残した決定になっていました。あの時、子宮さえ取っていたら、今頃は昔みたいにバリバリ働けたのにって思えて、”先生のせいだ~!!”の気持ちが頭からはなれなかったのです。

ただ、そこまでひどい状態になるまで、ガマンして病院に行かなかった私にも問題はあったのですが・・・ずっと昔にある大学病院の産婦人科の医師から言われたひどい言葉と対応に、こんさんと同様に、不信感いっぱいになり、産婦人科だけは絶対行かないと心に決めていたのです。

こんさんの言われていた仕事のし過ぎは病気を作るというのも思い当たります。
体からは”もうダメだよー”って声を何十回も聞いていたのに、中間管理職のつねで、休みもなく毎日夜中まで頑張り続けて、ついに起きあがれなくなり、うつ病に。それで会社を辞めてから、生理の出血がものすごい量になり始めちゃったんですよね。でも当時は、病院に行くなんて発想もできない状態で、ひたすら横たわって過ごす日々でした。うつ病というのも、今だから認められるのですが、当時は、あまり知られていないし、自分がそうなるとは考えもしませんでしたから。

現在の自分にたどりつくまで、随分、時間を浪費してしまった気がします。
それでも、安心して心穏やかに、そして健康に過ごすところまではたどり着けていません。
こんさんは、困難ななかにも喜びをたくさん持っているようで、その存在に励ましてもらった気がします。
病気になって、自分の本当の心の弱さを思い知らされました。これから、少しずつでも元気な気持ちを積み重ねていきたいと考えるようになりました。

こんさんには感謝です。

投稿: すもも | 2010年5月 7日 (金) 20時41分

すももさん、こんにちは。
ご訪問とコメントをありがとうございましたheart

スモモさんのコメントを読ませていただいて、
私、不覚ながら、胸がじ~んと熱くなってしまうのを
抑えることができませんでした。

なんだか、昔の自分を見ているようで・・・。

今も(子宮の方が)おつらいのは、再発したからですか?それとも・・・??

子宮筋腫の手術は、その多くが「同時に卵巣を摘出したため」に起こる不定愁訴だと思っていたのですが、何か他にも痛みが残ったりするようなことがあったのですね?

医師の心無い一言が~特に産婦人科はデリケートですよね~、どんなに患者の心を傷つけるか、もっともっと心を配ってほしいですよね。

特に、この病気で悩む人には若い方(妊娠前)が多いのですから。

私にも、病気になって初めて得た大切なものがたくさんあります。健康な時に持っていたものとどちらがよいか~比べることは到底できませんが、それでも、「今」自分にできること、楽しめることに感謝をして生きていったほうが、ずっと「楽」に生きられると思います。

これも処世術ですよん(^_-)-☆。

とにかく、できるだけ楽しい事を考えて~~。
あ、そうそう、身体にご無理のない程度に、できるだけ外に出るのもよいらしいですclub

初夏の香りをかいで、の~んびりお花を眺めながら歩くのは、この時期何より楽しいですよ♪happy02

私もね~少しずつまたガーデニングを再開し始めました。といっても、まだまだ「草むしり」だけなんです。あまりにも庭が草ぼうになってしまって・・・(笑)。

また気持ちが辛くなったら是非遊びに来てくださいね~。ここの猫ちゃん見てるだけでも元気が出ますよ!あ、お好きじゃないかしら(^^ゞ。

いつでも、どこにでも~お便りお待ちいたしておりますheart04
(^_-)-☆こん

投稿: すももさんへ | 2010年5月 8日 (土) 06時21分

お返事、ありがとうございます。

実は、昨年、子宮筋腫の手術をしましたが、まだ子宮になにかある・・・ということで、生理の出血量は手術前よりも少なくなりましたが、生理後も不正出血が続く状態で、血を見ることに、もう疲れてしまった感じなんです。

何年にもわたる大出血との戦いが、もう終わると思ってしまったのが、いけなかったようです。
このごろは血をみると、すごく気持ちが落ち込むようになってしまったものですから。

ちなみに、病院に行った時の私のヘモクロビン値は、3.6g/dLで、手術まで半年も待ちました。その間に、ヘモクロビン値を正常にしては、ホルモン治療で大出血をし続けて、毎日、病院に注射を打ちに通うということを、何ヶ月も続けていたら、治療する気力がだんだんなくなっていったのも事実です。

今は、歩いていて苦しくないことに慣れてきたので、安心して動けるようになってきたところです。
こんな当たり前のことが、確かめながらでないと出来ないなんて、なかなかわかってもらえないですよね。
散歩は、少しずつ始めたところです。

来月には、また内視鏡の手術を予定しています。
これからも、こんさんのところ覗かせてもらいますね。
よい一日をお過ごし下さい。

投稿: すもも | 2010年5月 8日 (土) 14時26分

すももさ~ん♪
お返事、どうもありがとうございました!

そうだったんですか。
本当に大変でしたね~~。

分かりますよ~あの大出血は、
生きてるのが不思議なぐらいですものねshock

私も、核出か全摘か迷った時、医師から、
「核出になると輸血が必要になるので、ホルモン療法を半年続けて自己血を溜めてからの手術になる」
と言われましたっけ。

それ聞いた途端に
「もう半年も我慢することなんかできないっ!pout
とこちらが逆に医師を説得したのを思い出しました(笑)。

だから、すももさんのお気持ちは痛いほどよく分かりますよ。

でもね~お散歩できるほどにまで回復して本当によかったデス!happy01

来月の手術が無事に済みますよう、私もここからお祈りしていますね~wink

すももさんも、楽しい休日をお過ごしくださいマセ。
そしてまたいつでも遊びにいらしてくださいねheart。こん

投稿: すももさんへ | 2010年5月 8日 (土) 15時10分

はじめまして。最近、このブログを知り、読ませていただいております、じじねこと申します。
今年の二月に肉眼的血尿があり、泌尿器科を受診、異常なしと言われるも、気になり腎臓内科を受診したところ、たんぱく-、潜血+3、腎臓機能は低下していないが、IgAの値が600近く、IgA腎症だろうと言われました。そこの腎臓内科では、腎生検が出来ないため、近くの大学病院を紹介され、明日行く予定です。
私の場合、ごく初期の為、ステロイドパルスや扁摘を行えば完治すんじゃないかと言われました。
このブログを読ませて頂き、自分で治せるんではないかとも思ってきました。
何よりも、ステロイドの後遺症が怖くなってきました。
今は、朝、夜、帰ってきた後などのうがいを欠かさず、出来ることからやろうと思っています。
また、ブログを読ませていただきます。

投稿: じじねこ | 2010年5月 9日 (日) 13時36分

じじねこさん、こんにちは~♪
はじめまして~こんと申します。

まずは腎生検をなさるのですね?
明日入院なのですか?

お医者様は結果が出てから治療の判断をなさるでしょうから、
じじねこさんはじじねこさんで、そうそう「できることから」始めるのがよいと思います。

腎生検の結果が出るまでに血尿が減ってくれればよいのですけどね~。

でも、ステロイドも~おそらくですが、
症状が軽い方ならパルスの量も少ないのでは?

その辺のところも、
じっくりお医者様と相談されるのがよいと思います。
素人判断ほど危険なコトはありませんから。

ステロイドを怖がって腎炎がひどくなること~
それは、決して私の本意ではありませんのデス。

もし使わなくて済むのならそれにこしたことはないけど、
免疫異常はかなり厄介ですからね。
思い切って決断することもまた大切だと思います。

ステロイドの副作用と戦う方法もありますからね(笑)。

まずは腎炎を治すこと~できればその元になる炎症を見つけて取り除くこと!それができるとよいのですけれど。

でも~くれぐれも焦りは禁物です!(コレが肝心)
そんなに簡単に治る病気なら、
ダレもステロイドなんか使いませんからね(笑)。

じじねこさんがご自分で始められる「治療」も含めて、
すべての治療がうまく行きますようお祈りしておりますね。

よろしかったらまた経過などお聞かせくださいませ。

この時期特に体調など崩されませんように。
こん(^_-)-☆

投稿: じじねこさんへ | 2010年5月 9日 (日) 13時51分

こん様☆お返事ありがとうございます。
明日は、とりあえず、腎生検するかしないかを大学病院の先生に相談しにいくといった感じです。私が今行っている病院の先生いわく今のところ、経過診察にする状態だけど、私が妊娠出産を望んでいるため、検査して治療してからがいいんじゃないかとの事だったので。
また明日病院の先生と話し合ってみます。

投稿: じじねこ | 2010年5月 9日 (日) 17時01分

じじねこさん、おはようございます~♪
昨夜はぐっすり眠れましたか?wink

今日は相談に行かれるのですね?
分からないこと、不安なことは、遠慮しないで聞いてきてくださいね~。

というか、もう帰ってらっしゃったのかな~。お返事遅くなってスミマセ~ンcoldsweats01

どうかスムーズにことが運びますように~お祈りいたしております。
こん(^_-)-☆

投稿: じじねこさんへ | 2010年5月10日 (月) 06時57分

はじめまして。
来月、子宮筋腫核摘出手術を予定しており、色々と調べているなかでこちらへ辿り着きました。手術へ踏み切るまでかなり悩みました。また、手術方法でも悩み・・・できれば最近主流の腹腔鏡でと思っていたのですが、都心部と違い対応病院が限られる上に予約で一杯で1年待ちと言われ・・・結果、開腹手術に決めました。手術まで後少しですがこんさんのブログを見て勉強したいと思います!!

投稿: さくら | 2010年5月10日 (月) 13時48分

さくらさん、こんにちは^^。
ご訪問とコメントをありがとうございます。

来月に核出手術をされるのですね~。
そうですね~腹腔鏡だあとお腹の傷が無くてすみますものね。

でも1年も待つのは~というお気持ちは私もよぉ~く分かります。

傷は最初はやはり痛みますが、そのうち気にならなくなりますよ。傷跡も1年経つと大分薄くなりますしね。

核出をしても体質が変わらないとまた再発するって聞きますから、さくらさんはそうならないように~是非体質改善にトライしてみてくださいね!(笑)

でも~手術には体力も必要ですから、手術前にあまり「粗食」にはなさらない方がよいかも・・・。ほどほどに~加減してください~。

それでは~手術の成功と体質改善の成功をお祈りいたしております~heart04

もしよろしかったら、またその後の経過などお知らせくださいね~。いつでもどこにでも、お便りお待ちいたしております。こん(^_-)-☆

投稿: さくらさんへ | 2010年5月10日 (月) 16時21分

こん様☆
本日病院に行ってまいりました。大学病院の先生の話しですと、タンパク尿が出ていないので、今は腎生検の必要はないとのこと。ただ、もう一度、大学病院の設備で検査をしましょうとのことで、検査が続きます。先生は、やはり、扁桃腺が原因として疑わしいと言ってました。虫歯もないかどうか調べに行こうと思っています。

投稿: じじねこ | 2010年5月10日 (月) 17時38分

じじねこさ~ん♪
お知らせくださってありがとうございます!

ああ、よかったですね!

それじゃあ、タップリ時間がありますね。
焦らず、じっくりと「悪いところ」を探しましょう!

ここもちょっとは参考になるかも!happy02
あ、病気自慢~のとこも読んでみてくださいね!
似たようなケースの方がいらっしゃいますよ。

私も応援させてもらいます~~!(^O^)/こん

投稿: じじねこさんへ | 2010年5月11日 (火) 07時30分

お返事ありがとうございます。
実は、私ももっと早い段階で体質改善などを行っていれば手術は避けられたのではないかと思っています。こんさんの自然退縮は可能だという意見に賛同です!!
現在7×7cmの大きさなのですが、このままではヤバイと食べ物などの改善を始めたのは5cmを超えてから・・・。体質自体に変化もあり良くなった面も多々あったのですが、ここ半年ほど精神的な面で不安定な状態が続き、食生活も一気に乱れ最悪な体調となってしまいました。
幸い私の場合多発性ではなく大きいのが1個(MRIでの診断なので実際お腹を開けてみないとわかりませんが)なので一度すっきり取ってもらって、その後はこんさんの言われるように体質改善に頑張って再発のないようにしたいと思います。手術頑張ります!!

投稿: さくら | 2010年5月11日 (火) 14時05分

さくらさ~ん♪こんにちは~(^O^)/。

そうですよね~。
私も自分の事を振り返ると「自然退縮」もきっと可能だったに違いないと思います。

ああ、そうそう、筋腫が大きくなる時って、
精神面のストレスの影響がすごく大きいです。

手術が済んだら~毎日楽しく&粗食で元気に~heart04お過ごしくださいね~♪

まずは、手術、がんばってください(笑)。

また退屈になられた時でも~いつでもお寄りくださいね~。その後のお話などもお聞かせいただけるとうれしいです^^。こん(^_-)-☆

投稿: さくらさんへ | 2010年5月11日 (火) 14時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/48275965

この記事へのトラックバック一覧です: IgA腎症~ステロイドは両刃の剣:

« おかげ様で元気です♪(=^・・^=) | トップページ | 子宮頸がんワクチン~小学生に全額助成で集団接種! »