« 子宮頸がんワクチン~小学生に全額助成で集団接種! | トップページ | 子宮筋腫にも漢方薬が効くらしい »

2010年5月19日 (水)

IgA腎症~ちょいと豆知識(血尿編)

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

IgA腎症の最大の特徴と言われているのが「血尿」であることは、もう皆様もご承知のところだと思う。

なぜ血尿が出るのか?これもご存知の方も多いとは思うけれど、最近どうも「血尿」に関することを目にすることが多かったので、これまでの繰り返しになるが、またちょいと語らせていただきたいと思う。

一口に「血尿」とは言っても、大きく分けると2つに分けることができるだろう。1つは「肉眼的血尿」。読んで字のごとく、見た目が赤い尿のことを言う。

私が最初に入院した時に出たのがこの肉眼的血尿だった。それも褐色なんてあまいものじゃなくて(笑)、もう、血液そのもの~な感じだった。当時、最初に診療してくれたクリニックの医師は

「ポートワイン状(濃厚)の血尿

と評したものだ。

まあそこまで行かなくても目に見える血尿は、明らかに「異常」を感じさせるので病院にも行きやすくなる。(必ず行かなくちゃだめですヨ)

そしてもう1つが「顕微鏡的血尿」~いわゆる「潜血尿」である。これは、よほど慣れた方(もしくは専門医)以外は、目で確認するのは難しく、文字通り顕微鏡や尿試験紙による確認が必要となる。

IgA腎症の特徴とされているのは、この後者の「潜血尿」。腎臓の糸球体にジワジワと炎症が起こり、その結果、赤血球が尿中に降りてきてしまうのだそうだ。

この炎症を起こすのがIgA抗体である。IgA抗体は、本来、体内(粘膜上)に起きた炎症を抑えるため(=細菌やウィルスを退治するため)に発生する1)抗体なのだが、何らかの原因で免疫システムに異常が起きると大量発生2)してしまい、それが、腎臓の糸球体を攻撃して炎症を起こしてしまうのである3)。その炎症によって血尿が出始め、炎症が広がって糸球体の損傷が激しくなると尿にタンパクが出始めるらしい4)。

~表現上多少不備な点があるかもしれませんが、大筋では合っていると思います~

IgA腎症の治療薬として使われるステロイドには、IgA抗体の発生を抑え、糸球体の損傷を修復する働きがある。

そして、ワタシの知る限りにおいては、医師がステロイドを使うのは尿蛋白が出ているケースかららしい。これは、ステロイドの効果とその副作用を鑑み、また、自然治癒の可能性も残されていることから、そのような処置を取っているものと推察される。

ということは~ココから先はワタシ=素人の推論paper~、血尿はあるが蛋白尿が出ていないという状態なら~上の文章でいうと1)~3)までのステージ~、体内で起きている炎症を発見し、それらを治療することができれば、

①糸球体の炎症を食い止められ、

血尿が消える=寛解にいたるshine

ということなのである。

この手段として広く行われているのが「扁桃摘出(扁摘)」である。扁桃腺の慢性的な炎症がIgA抗体を産生させているという理由からだ。

じゃあ、扁桃腺さえとればあとは大丈夫か?というと実際にはそうでもないらしい。私がそうだったように、鼻炎や歯周病を原因として免疫異常が起きるケースも決して少なくないからである。

と、長くなってしまったけれど、もしあなたがIgA腎症だといわれたら、必ずしてほしいこと~それは「血尿」を無くす努力をすること。

私が具体的にした(している)ことは:

1)喉や鼻の炎症を長引かせない(なるべく風邪を引かない)。鼻や喉のうがいを習慣付ける

2)食後の歯磨きを徹底し、定期的に歯のメンテナンスを受ける

3)アレルギー性鼻炎から風邪に移行しないように、また、免疫異常を起こしやすい体質を改善するため、アレルギー体質の改善を図る。具体的には、肉・魚類を極力控え、野菜をたくさん食べる

4)尿検査を定期的に行い、尿が常に「中性~アルカリ性」になっているかどうかを確認する(=大豆製品や緑黄野菜などのアルカリ性食品を積極的に摂取)。

このうちの4)に関しては、医学的根拠は特にないのだけれど、アルカリ性食品を多くとっているときのほうがアレルギーも出にくいし、尿にも異常が少なかったような気がする。これは、もう「体感」としか言いようがないのだけれど。

※ご自宅で尿試験紙を使われる場合は、事前にビタミンCを摂取しないようにご注意くださいflair。ビタミンCのアスコルビン酸は潜血反応を消してしまう場合があります。

IgA腎症は~免疫異常がひどくなってさえいなければ~、自分の努力次第で十分に改善できる病気である!完全寛解を告げられて3年が経った今でもこの信念が揺らぐことは決して無い。

どうぞ皆さまも決してあきらめず、まずは自分でできることを探し、毎日を快適に過ごすことができるように頑張っていただきたいと思います。決して焦ることなく、ゆっくり、毎日、できる範囲でかまわないのですからconfident

~病院に行かなくて良いと言っているのではありませんヨ、念のためwink

不安定な気候のために体調を崩す方が増えているようデスsad。くれぐれも風邪など召されませんよう、十分に注意して楽しくお過ごしくださいますようにheart04

Ill_ichigo10 今の時期は苺のビタミンCがお勧めです♪

IgA腎症慢性腎臓病に関する記事は:

IgA腎症と慢性腎臓病に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

低たんぱく食に関する記事は:

低たんぱく食に関する記事(一覧から選べます)からご覧いただけマス

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 子宮頸がんワクチン~小学生に全額助成で集団接種! | トップページ | 子宮筋腫にも漢方薬が効くらしい »

4)IgA腎症・慢性腎臓病(CKD)」カテゴリの記事

コメント

こんさん、

なかなか暖かくならないなーと思っていたら、いきなり夏モードです。お元気そうでなによりです。

そうなんですよね。血尿がなかなか厄介ですよね。
私も最初はいわゆるコーラ尿(コーラのような色の尿)からはじまりました。びっくりしましたよ。

最近は病院に行く回数も減ってきているのですが、担当の先生が転院されて、先生を追っかけて病院を変えるか、あきらめて今の病院で他の先生に診ていただくか悩んでいます。

いままでの先生が移った病院は、腎臓の専門ではないらしく、知り合いによれば、老人(専門)病院ですよ。との事。やはりいままでの病院に通うしかないかな?と思い始めているところです。

投稿: mogtarou | 2010年5月19日 (水) 16時12分

もぐさ~ん♪
こんにちは~!お元気でしたか?

ホントにね~この寒暖の差が応えます~~weep
でも、おかげ様で私も何とか元気にやっていますscissors

ああ、IgA腎症は、病院とのつき合いが長くなりますからね~。私は退院する時「一生のおつき合いです」って言われてたんですよ。

そのくせ、すっかり忘れたかのように「もう来なくていいから」って(笑)。

そうですね~主治医は変えたくないけど、遠くに通うのはちょっと面倒だし、腎臓内科がないと検査も今ひとつ不安ですよね?

これまでの病院に1~2度通ってからまた考えられてもよいのでは?新しい主治医の様子を見定めてからでも遅くないと思います~~。

そうそう、血尿は厄介ですが、「気をつけなさいよ~」のサインでもありますから、見逃さないようにしたいですね。すぐに手を打てば、ちゃんと治まってくれますもの(^^)v。

また気軽にお立ち寄りくださいね~声を聞く(?)と安心しますのでwink

お互い楽しく過ごしましょうね~♪ こん(^O^)/

投稿: mogtarouさんへ | 2010年5月19日 (水) 16時24分

血尿のお話なのでちょっとおじゃまします。

実は長年、尿検査の度に潜血+になっています。最初は心配していろいろな検査をしていましたが、腎機能には異常がなく、最後は主治医の先生もスルーするようになりました。

お話を読んで、ん?これは「黄色信号?」と思いました。私は喉が弱く、すぐ咳が出るタイプで、膀胱炎も何度も繰り返しています。炎症がいつもどこかにあるのは「まずいこと」なんだと心しようと思いました。長々と失礼しました。

投稿: まいまい | 2010年5月20日 (木) 08時44分

まいまいさ~ん♪こんにちは!
こちらにまでご訪問いただきまして恐縮デス。

で、決して脅かすわけではないんですが~。

IgA腎症の初期は「腎臓内科(腎臓専門医)」に行かない限り、ほとんどが見過ごされてしまいます。泌尿器科や内科は絶対にあてになりません(キッパリ)。それで見過ごされて重症化した人がどんだけいることか!

IgA腎症と診断された患者のほとんどは、上のmogtarouさんがおっしゃられたり、私がそうだったような「肉眼的血尿」がでて初めて専門医へ行って精密検査が行われます。

今の医学で実際にIgA腎症と確定できるのは「腎生検」という検査だけなのです。

最近は、健康診断などで「潜血尿」が見つかった場合、腎臓内科へ行くケースも増えてきたらしいですが、そこでも、3ヶ月~半年程度の経過観察が行われ、血尿が止まらないようなら、ほぼ「IgA腎症」との診断が下されます。

この初期症状の段階ではIgA腎症にはほとんど自覚症状はありませんし、腎機能もまったく正常のケースがほとんどです。

腎機能に異常が現われるのは「腎不全」になってからなので、腎機能異常なし~は、決して判断材料にはなりません。

(腎機能正常範囲~の落とし穴)
http://karadani-iikoto.cocolog-nifty.com/blog/2009/01/post-949e.html


ほんのわずかな血尿が出続けるうちはさほど問題はないのですが、免疫異常が起きていることには変わりが無く、これが、風邪や胃腸炎などをきっかけに「大火事」が起こってから大騒ぎ~というのが一般的なのです。

血尿が続く~のはかなり心配です~。
一日も速く、専門医へ行って下さい!!こん

投稿: まいまいさんへ | 2010年5月20日 (木) 10時35分

まいまいさんからお返事がありました。
(他のブログの方でお友達なので・笑)

血尿は以前は出ていたけれど、仕事を辞められてからは出ていないそうです。

でも、これを機会に、専門医へも相談してみようかとお考えいただきましたそうです。

とりあえずなんでもなくてホッとしましたねheart

投稿: こん | 2010年5月20日 (木) 12時12分

こん様、こんにちわ♪
本日、病院に検査結果を聞きに行ってきました。
結果は、蓄尿でもタンパクは0.1以下とマイナス、腎機能も正常、少しの炎症反応とIgAの値が高い事。それらを踏まえ、IgA腎症であることは間違いなさそうなんですが、今はまだ腎生検も投薬治療などもしないとの事でした。数ヶ月に一度の通院で様子を見て、タンパク尿がでるようであれは検査しましょうということでした。
なので、自分で出来るうがいや、食事をやるしかないかなって思っています。
またblog読ませていただきますね〜o(^-^)o

投稿: じじねこ | 2010年5月24日 (月) 16時31分

じじねこさ~ん♪
またご訪問くださいまして、ありがとうございます!

それに~うれしいお知らせも!!loveletter

じじねこさんは、IgA腎症であるとしても、
まだホンの初期なのですね~きっと。

それなら、体内の(どこかに起きている)炎症を抑えるよう努力をされれば、ひどくならずに済むかもしれませんね!happy01

ほ~んの些細なことでよくなる(寛解)ことも多いと思いますshine

あまり気負わず、焦らず、気持ちをゆ~ったりもって、
でも、くれぐれも油断せずに~養生なさってみてくださいねheart

そうそう~食事も玄米菜食は結構お勧めだと思います~。

いろいろあれやこれや書かせていただいていますので、
少しでもご参考になればうれしいです~~(^O^)/。

またよかったらいつでもお顔を見せてくださいね!
どこの記事でも結構ですから~いつでもお待ちいたしております。

こん(^_-)-☆

投稿: じじねこさんへ | 2010年5月24日 (月) 16時42分

こん様、お返事ありがとうございます♪
医師も、初期の状態だから、普通は経過診察になるって言っていましたsweat01
私は妊娠を望んでいるので、それで悪くなる可能性があって、出産してから検査と治療で間に合うからって言われました。
自分のキモチとしては、悪くなりたくないので、やれることをやるのみですよね!
どこが悪いのか調べてみましたが、歯も大丈夫だったし、扁桃腺も耳鼻科に行ったけど、大丈夫そうだし、アレルギーとか自分じゃ持ってないと思っているので、鼻も違うのかなって感じです。
ゆっくり探して行くしかなさそうですf^_^;

投稿: じじねこ | 2010年5月25日 (火) 10時41分

じじねこさん、こんにちは~♪
またお寄りくださってありがとうございます~~!

そうですよね~悪くなってからでないと治療ができない~
なんて言われても、患者は
「ハイそうですか~」
とは待っていられません(笑)。

IgA腎症に限らず、免疫異常の疾患の場合、今現在炎症がなくとも、「過去の炎症の記憶」で異常が続くケースもあるそうなんデスflair

そんな時は~免疫システムを正常にするために~やっぱり「カラダにイイこと」をの~んびり楽しく続けていくのがよいのではないでしょうか?

このブログでもご紹介した田中美津さんの「ぼーっとしようよ養生法」なども、とても参考になると思いますよ~。

よかったら是非読んでみてくださいね~wink

それでは~どうぞ楽しい一日をお過ごしくださいマセheart04

こん(^_-)-☆

投稿: じじねこさんへ | 2010年5月25日 (火) 11時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/48400461

この記事へのトラックバック一覧です: IgA腎症~ちょいと豆知識(血尿編):

« 子宮頸がんワクチン~小学生に全額助成で集団接種! | トップページ | 子宮筋腫にも漢方薬が効くらしい »