« 暑中お見舞い申し上げます♪ | トップページ | IgA腎症~治療法を選ぶのも患者自身! »

2010年8月 3日 (火)

IgA腎症と歯周病

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

今日は久しぶりに歯の話をひとつpaper

私はIgA腎症になるずっと以前から(たぶん)虫歯が多い方だった。生来面倒くさがり屋なので食後の歯磨きを怠っていたことと、上の歯の歯並びが悪いため、きちんと磨くことが出来なかったことが原因だ。

※コレは~2本の前歯が大きすぎて、隣の歯が横に並べないためである(笑)。

~アメリカへ行ってからは変わりましたけどね。歯の衛生にはう~んと気を使うようになりましたconfident

歯肉炎の治療だといわれて歯茎を削ったこともあるしweep、フィステルの治療で抗生物質を飲んだこともある。現にIgA腎症の再燃が疑われた頃、前歯のすぐ上の歯茎がポッコリと腫れてなかなか治らなかったことも記憶に新しい。

たまたま当時ひどい風邪を引いて飲んだ抗生物質が効いたのか、歯茎の腫れはすぐに引いたが、既にぐらつき始めていた前歯はすぐに治ってはくれなかった。でもこれを機に、再燃=血尿はすっかり消えてくれたのであるshine

再燃の心配がなくなったのはうれしかったけれど、歯周病で歯が抜けるかも~と当時はガッカリしたものだsad。でも、歯科医は歯磨きの大切さを説き、食後のブラッシングを怠らなければこのぐらつきも治るかもしれないと励ましてくれた。

あれから3年。去年はめまいがひどくてメンテナンスに行けなかったのだが、先月久しぶりに歯医者へ行くと、先生がビックリしてこう言ったのである。

「ぐらつきがすっかり無くなりましたね!happy01

言われてみて初めて気がついた。私はすっかり忘れていたのだcoldsweats01。以前は硬いものを食べるとぐらっとしていた前歯が、そう言えば最近は何も感じなかったかも?happy02

「治るんですね~」(注:歯科医の発言ですcatface

先生もうれしそうだったけど、私はもっとうれしかったheart04。前歯の入れ歯って~この年でまだあんまり考えたくはないものねsmile

歯周病がIgA腎症の原因になり得る~という説があるそうだが、私はまたしてもこんなことを考えてしまう。

「長年の歯周病によって免疫システムに狂いが生じることもあるだろうケド、逆に、免疫システムが正常になれば、歯周病の治りも早くなるのではなかろうか?」

人間のカラダはどこをひとつとっても、単体で動くということはありえない。一見、鶏が先か卵が先か~的に聞こえそうなこの論理も、実は一理あるのではなかろうか?

毎日の歯磨きで歯周病がよくなるように、毎日の「カラダにイイこと」で他の病気も次第に改善することができるかもしれませんヨ。あなたもまずは、焦らず腐らず~できる範囲で養生を続けてみませんか?wink

とは言え、毎日暑いですから、まずは無理をしないこと~が大切ですね。くれぐれもご自愛くださいますよう~楽しい夏をお過ごしくださいマセheart

IgA腎症と歯周病

海と山ではやっぱり海が好きですねOpink


IgA腎症慢性腎臓病に関する記事は:

IgA腎症と慢性腎臓病に関する記事(一覧表示)からご覧いただけマス

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 暑中お見舞い申し上げます♪ | トップページ | IgA腎症~治療法を選ぶのも患者自身! »

4)IgA腎症・慢性腎臓病(CKD)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。いつも読ませて頂きいろいろ試行錯誤の毎日です。
娘が4月溶連菌から血尿、たんぱくが最高でした。
5月にも熱を出してしまい、でも腎臓そのものは正常?でした。
それから、たんぱくはないそうです。潜血が50から100?で20から30になれば大丈夫ですと...
IgA腎症でしょうとのこと...
コメリアンを飲んでいますが2錠ずつでしたが心臓がばくばくすると言ったら1錠朝晩になりました。
昨日は採血なしでした。運動も走らない程度の打つ、投げるなどは良くなりました。前は運動は一切だめでした。
漢方薬、ナタマメ茶、しょうが、DHA,いろいろ読ませて頂いたものを実践しています。ありがとうございます。
なので、悪くならずにいると感謝しています。
でもこのままでいいのかと思いお返事頂けたら嬉しいなとおもいまして...
娘は17歳、ただいま受験勉強まっさかりです。
麻疹の予防接種をしなければいけなくて、先生は受けた方が良いと言われ、でもまよっていて...腎臓には全く影響がないとはいえませんが...という感じでしたので
ここは田舎です。ども調べたところ先生は腎臓専門医でした。小児科にいます。
ご意見、お暇な時でも聞かせてください。
感謝致します。

投稿: かしわざき りか | 2010年8月 6日 (金) 09時42分

かしわざきさん、こんにちは。
ご訪問とコメントをありがとうございます。

また、色々と実践していただいているようで、これも大変嬉しいデスhappy01

ですが、私は医師ではないので「治療法」云々についてはアドバイスをしてさしあげられません。

このままでよいのか~と言われても、頂いた文章からお嬢さまの状態を把握することは医師にも難しいことでしょう。

素人のワタシにではなく、担当医と、かしわざきさんが今何を不安に感じていらっしゃるのか、どうしたいのか、をとことんお話し合いになるべきだと思います。

「話し合い」のためにきちんと予約を取れば、きっと医師も応じてくれると思いますよ。話し合いの前には、必ず聞きたいことをきちんとリストアップして、ご自身で確認されると良いですヨ。要点がハッキリしないと医師の答えも曖昧になってしまいますから。

IgA腎症は~特に子どものケースでは自然治癒するケースもあるのだそうです。それでその小児科の医師は様子をみているのではないのかしら?

まあこれも単に素人の推察でしかありませんが(笑)。

ひとりでもんもんと悩んでいても娘さんの病気はよくなりません。是非行動に移されてくださいませ。

お答えにはならないかもしれませんが、1本新しく記事を書きましたので、よろしければご覧くださいますように。

かしわざきさんが勇気を持って前進されますことを心よりお祈り申し上げております。

こんloveletter

投稿: かしわざき りかさんへ | 2010年8月 6日 (金) 14時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/49045704

この記事へのトラックバック一覧です: IgA腎症と歯周病:

« 暑中お見舞い申し上げます♪ | トップページ | IgA腎症~治療法を選ぶのも患者自身! »