« 慢性腎臓病(CKD)と高血圧 | トップページ | IgA腎症と体質改善 »

2011年3月 1日 (火)

春の不調はワクワクで撃退?

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

寒い日もまだまだ多いけれど、庭にちらほらと咲いて来た花々を見ると、春の訪れを確実に感じる今日この頃だclover

また、花ならぬ鼻の方も~鼻炎~ちとやぶさかではないsad。最近はずっと治まっていたのにweep

春は大好きな季節だけれど、どうしてもカラダがなぁと思いつつ、またしてもぼーっとしようよ養生法―心のツボ、からだのツボに…を引っ張り出した。(最近、あまりにもボロボロになりすぎたのでハードカバーを購入したのですscissors

すると「春は肝が活躍する季節」とある。

ここでいう肝は、肝臓も含め「自律神経」を指すと考えていいらしい。春は生きとし生けるもの全てがムクムクと目覚める時期。この時期に、本来働くべく自律神経がうまく動き出さないと、気ばかり焦って前に進まない~という「イライラ状態impact」が発生して不調が起きるのだそうだ。

その典型的な例が「不眠」。あ~そう言えば、最近よく眠れてないかもbearing。それに便秘に鼻炎、疲労感などなどが思いあたるところがたくさんあるdespair。また春は吹き出物が出やすくなる時期でもあるらしい。

特に、肝の気ばかりが上昇して熱がこもるのは(肝熱)、それを抑える位置にある腎が弱っているのかもしれないという。腎臓が弱い人は要注意というわけだ。まさに肝腎要~この二つは切っても切れない間柄なのでございます。

そして、田中美津さん曰く、この不調を解消するには=肝の気を整えるためには「ワクワク」するのがよいのだそうだheart04

とは言え、なかなかそうはうまく行かない。あくまでも気の持ち様として心に留め置くものの、何か具体的な実行方法はないものかと考えてみたワタシなのである。

まず始めたのが「豆乳」を飲むこと。

これは、アルカリ性食品(アレルギー対策)であることとカルシウム摂取(イライラを抑える)を目的としたもの。うん、これはなかなか良さそうhappy02。でも、あくまでも量は控えめに~豆腐は高たんぱく食材ですからねpaper

次は「粗食」。

最近、夜中に胃がむかむかすることが多い。特に飽食をしているわけではないんだけど~でも運動量が少ない今、確かにちょっと食べすぎ(特にたんぱく質をとりすぎ)かもしれないcoldsweats01。昨日、初心に戻って「まごわやさしい」にしてみたら、今朝はグッスリ・スッキリ、鼻も詰まらず~大変快調だったhappy01

そしてスクワット。これは運動不足解消と便秘対策に加え、下半身の強化。筋肉が減ると冷え性が進む~これから楽しくなるであろうウォーキングの季節に向けても、脚は鍛えておきたいところである。

そうそう、ついでに爪もみ足裏マッサージもまた始めた。どうせなら~身体にイイことみんなやっちゃおうというわけだcoldsweats01。BGMには好きなクラシックでも流しnote、あくまで気持ちよ~く考えすぎず&張り切りすぎず~ワクワクの「気」の力も借りなくてはheart

早くお花いっぱいの季節が来るといいなぁとぐっすり眠って春を待つ私なのでありましたwink

昨年の春には、こんな記事を書いていましたcoldsweats01 春の養生♪

Uguisu

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法に関する記事(一覧表示)からご覧いただけマス

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 慢性腎臓病(CKD)と高血圧 | トップページ | IgA腎症と体質改善 »

1)健康法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/51001412

この記事へのトラックバック一覧です: 春の不調はワクワクで撃退?:

« 慢性腎臓病(CKD)と高血圧 | トップページ | IgA腎症と体質改善 »