« 今年の春の養生法~昼寝の習慣を身につける | トップページ | 「時間治療」をもっと活用するために »

2012年4月21日 (土)

舌の位置で鼻呼吸が楽になる?

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

先日、久しぶりにためしてガッテンを視聴した。そのテーマは「舌」。

漢方では「舌診」という言葉があるほどなので、舌の状態から健康状態を知るという話には驚かなかったけれど~病名は当てられないという話にはビックリしたけど(笑)、「低位舌」(ていいぜつ)」には少々驚いてしまった私である。

以前にも、舌の周囲に歯型がつくのは良くないことだと聞いたことがあって、自分がその例に漏れていなかったのを気にしたことはあったのだがすぐに忘れてしまっていたのだ。

これは主に舌の筋力が低下して、実は厚さ5cmほどの舌が喉の奥=気管を圧迫している状態なのだそう。

私の舌が下がったのも「老化」による筋力の衰えかもしれないのだがbleah、他にも大きな原因がある。私の上あごの前歯はあまりにも2本が大きすぎるため、その隣が前歯の裏に生えてしまっており、それが舌を傷つけるのがイヤで故意に舌を下げるようにするクセがついているのだ。

それがいつの間にか喉を圧迫し、「口呼吸」を招く原因となっていようとは!?

そう言えば、ここでも以前書いたかもしれないけれど、(IgA腎症の原因となる鼻炎を予防するために)鼻呼吸を楽にするには、前歯の裏に舌を当てるのがよいことには気づいていた。

唇を閉じるのが難しい時でも、この舌の位置によって鼻呼吸が楽になるのは、そういう訳だったのか~。

番組では、どういう状態が低位舌なのか、またそれを治すためにはどうしたらよいのか、などを詳しく説明していた。興味のある方は以下のURLにアクセスしてみたらよいだろう:

低舌位の見分け方と治し方

花粉症がひどくて鼻呼吸などとんでもない~という方もいらっしゃるだろうが、自己免疫疾患は、こうした小さなことが積み重なって発症することが多いもの。

日ごろから、小さくても身体に良いことをコツコツと積み重ねておきたいものですね。

Ill_sakura13

すっかりいい季節になりましたね♪

★いろいろな健康法に関する記事は:  健康法に関する記事(一覧表示)からご覧いただけます

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

|

« 今年の春の養生法~昼寝の習慣を身につける | トップページ | 「時間治療」をもっと活用するために »

1)健康法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/54524763

この記事へのトラックバック一覧です: 舌の位置で鼻呼吸が楽になる?:

« 今年の春の養生法~昼寝の習慣を身につける | トップページ | 「時間治療」をもっと活用するために »