« 夏バテ防止にも鶏の胸肉!(イミダペプチド) | トップページ | 子宮内膜症~あきらめなくてよいのかも?ほぼねえちゃんのケース »

2012年9月 2日 (日)

夏の終わりに~秋バテにご用心?

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

日中はまだまだ暑いけれど、朝晩少しずつ秋の風情が感じられる今日この頃、せっかく涼しくなって来たというのに今ひとつ体調が~と感じることが多くなるのも、いかんせんまたこの季節である。

これを「秋バテ」と呼ぶらしい。

夏の間、冷たい飲食物を摂り、汗をたくさんかいた身体は、気温の下降と共に冷えやすくなってしまうのだそうだ。「冷え」と言えば、すべての不調をもたらすと言ってもよいほどの諸悪の根源なのに。

猛暑の今年、積極的に身体を冷やしていたところを、急に温める方向へ持っていかねばならないのがまた大変である。

そこでいくつか気をつけたいポイントを挙げておきたい。

まずは食べ物。これからは身体を温める食材を積極的に取り入れたい。秋から冬にかけて旬を迎える根野菜や、しょうが・にんにくなどの香味野菜、もちろん、飲み物も冷たいものは厳禁で、なるべく身体を温めるものを選びたいもの。くず湯にしょうが湯、しょうが紅茶、などなど。

次にはやはり「お風呂」かな。夏はどうしてもシャワーで済ませがちだったところを、これからは半身浴に切り替えたいもの。寒すぎもせず暑すぎもせず、半身浴にはちょうど良い季節とも言えそうだものね。

あとは軽い運動~これは自律神経を整え、熱を生産しやすい身体を作る目的から、やはりウォーキングがお勧めだろう。時間帯は~この時期は特に~朝方がよいのだそうだ。

暑いとつい怠りがちな「カラダにイイこと」~秋を気持ちよく過ごすためにも、この辺でまた見直して続けていきたいものですね。

「体を温めると美人になる」~こんな本も面白そうです♪

6cosmoss

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法に関する記事(一覧表示)からご覧いただけます

|

« 夏バテ防止にも鶏の胸肉!(イミダペプチド) | トップページ | 子宮内膜症~あきらめなくてよいのかも?ほぼねえちゃんのケース »

1)健康法」カテゴリの記事

コメント

こんさん、こんにちは~^^。
以前の日記での、「かみ締め」ですが、1日、何回もかみ締めてる事に、気付きました~wなぜか、家で廊下を歩いてるときや、台所仕事時は しょっちゅうでした~。
ありがとうございます~どんだけ、力んでるんだと、自覚しました~引き続き、気をつけて みます~~。


あたたかいもの、わたしも積極的に摂っています~。
ムネ肉の味噌汁も、日々のメニューに加えてます~。奥園さんの番組でのコーナー、わたしも観ましたが、ハードル高すぎでした(苦笑)

投稿: りんご | 2012年9月 7日 (金) 12時07分

りんごさ~ん、こんにちは~♪
まだまだ暑い日が続いていますが、お変わりなかったですか?

そうそう、噛み締め、気がつくとやってますよね~。

私も以前は直ったように思えていたのに、また最近復活していたことに先日気づきました。

何か頑張っちゃってると、知らないうちにやっているみたいです(笑)。お互いに気をつけましょうね~。

そ~なんですよ。

奥園さんのお料理は実においしそうだったけど、でも結構(手間がかからないと言われているわりには)ハードル高いですよね(爆)。

たまにはいいけど、毎日のことなので、手抜きが一番=こちらものんびり&うま~くやりたいですよねbleah。こん

投稿: りんごさんへ | 2012年9月 7日 (金) 12時15分

はじめまして・・・。

ここで紹介されている右の本のリストを読んで
本当はしたくないと思っていたホルモン療法に踏み切るのをやめる決心ができました。

3度子宮内膜症で手術をしました。
3回目のはチョコレートのう腫が9cmと
大きかったため、開腹でした。

それから一年、先々週また再発が見つかりました。


3回目の手術を勧めてくださった先生がホルモンを選ばない訳がわからない、といった口調で、また再発していることを告げられ、ホルモン療法をせまられました。

ホルモン療法は個人差があると思いますが、私には全くあわなくて、いつもツライことになっていました。


良かれと思って言われているのもわかりますが、恐怖から決断するのも・・・と本当に悩んで、検索していて古トラのサイトにヒットしました。

お勧めの本はかったっぱしから読んでいます。
そして、勇気付けられています。
体を温めたり、食べ物を変えたり。
そのうちに、ホルモンを直ぐ選ばなくてもやっていけるかも、と希望がでてきました。

特に、アンドリュー・ワイルと石原先生の本に助けられる思いです。

すばらしいリストを載せてくださって、このブログを書いてくださって、本当にありがとう。

これからも、きっと沢山の女性がこのブログに助けられると思います。

投稿: ほぼねえちゃん | 2012年10月 1日 (月) 21時49分

こんにちは♪
とても勇気付けられる体験談をお寄せいただきまして、こちらこそありがとうございました。

コメント欄ですとどうしても他の方の目に留まりにくいので、せっかくのお話ですから記事にアップさせていただきました。同じ様な症状でお悩みの方がいらしたら、きっと励まされると思いますので。

少しでも症状がよくなられますよう、心よりお祈りいたしております。こん

投稿: ほぼねえちゃんさんへ | 2012年10月 2日 (火) 06時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/55560319

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりに~秋バテにご用心?:

« 夏バテ防止にも鶏の胸肉!(イミダペプチド) | トップページ | 子宮内膜症~あきらめなくてよいのかも?ほぼねえちゃんのケース »