« IgA腎症の患者さんが国立大学に合格!だそうです | トップページ | 熱中症にご用心~とんだ失敗談 »

2014年6月25日 (水)

自然治癒力の偉大さを思い知る~角膜潰瘍~

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

 先日、右目がひどく充血していることに気づき、少し使い過ぎたかと1日タップリ休みを取ったもののこれが治らず、2日目になっても充血が引かないばかりか、ゴロゴロとした違和感があること、その上、黒目の上に白い点が見えることからついに眼科へと足を運ぶこととなった。

看護師に症状を告げると、その白い点を見た彼女は即、角膜に傷がついているという。これはかなり痛かったでしょう?

内臓関係にはかなり気を使ってきたつもりだったが、まさか目をやられるとは不覚だった。そう言えば、1週間ほど前に目にゴミが入ってひどく痛かったような記憶がある。でもその後しばらくはなんでもなかったはずなのに。

それでもまだそれほど重大なこととは思わずに、一通りの検査を受けた後に医師の診察を仰ぐと、なんとこれが「角膜潰瘍」だと言うではないか。

医師曰く、角膜に傷がついたところから何らかの細菌が入り込み、それが目の奥にまで入り込んで炎症を起こしているという。

う~ん、視力は落ちてないようだけど。。。

この重苦しい雰囲気で、もうとっくに忘れていた思い出がよみがえる。昔、腎臓内科へ連れていかれた時のことを思い出したのだ。

腎臓が弱いので抗生物質は飲みたくないと告げたことから、余計に難しい顔の医師は、もしかしたら治らないかもしれないと言わんばかり。

たとえ炎症を抑えられても白濁は残るかもしれない。

これは大分後になって知ったことだが、角膜潰瘍が進むと角膜穿孔となり、失明の恐れもある、実は大変恐ろしい病気(症状)なのだそうだ。

でもその時は、瞳の横に白い点が残るなんてぐらいにしか思わず、でもそれでもかなりとガッカリして帰宅した私はすぐに「困った時の神頼み」の懐仁堂さんへ電話を入れた。すると意外なことに候先生はあっさりと、大丈夫、心配いらない(眼科から処方された以外の薬はいらない)とおっしゃる。

大丈夫、人間には自分で(傷を)治そうとする力があるgood

その言葉に力を得た私は、これまで蓄積した「カラダにイイコト」を総動員させることにした。実際眼科に行く前日の夜も、あまりの目の重苦しさに「爪揉み」をしてみたら、それまでまったく涙が出なかったところに、涙がどっと出始めて、なんとなく楽になったのだから。

ものの本には角膜潰瘍の特徴として涙が出ると挙げられていたが、それもまた「自然治癒」しようと体が頑張っている証なのではないだろうか。

傷を治すためのビタミンCや粘膜に良いと言われるカロテンの多い食材を積極的に食べ、適度な運動と休息を取り、夜も~目が疲れて起きていられず~8時には就寝した。それでも毎日朝6時過ぎまでぐっすり寝ていたところを見ると、体もかなりの休息を欲していたに違いない。

その後、目薬や軟膏の成果も上がって炎症は納まり、心配された白濁もほぼ綺麗に消えてくれた。点眼薬にはステロイドが使われていたため、あまり長く使いたくなかった私は、医師の許可をもらって早めにこの使用を止めたけれど、ステロイドが無くてもきっと~多少時間はかかるだろうけど~残りの白濁も消えてくれるだろうと信じている。

今回の角膜潰瘍の直接の原因は、おそらく目に入ったごみが原因だろうということだったが、間接的な原因は、疲れがたまっていたことで、免疫力が落ちていただろうことが考えられる。逆にいえば、免疫力が高ければ、細菌が侵入してもひどくならずに済んだのかもしれない。

その後はタップリ休養を取って養生に専念したことで、傷の回復が早まっただろうことは、次に受診した際の医師の反応を見れば明らかだ。 

(少し驚いた様子で)炎症が治まって傷も治ってきているね。血管が傷の方に張り出してきて、新しい皮が張ってきている。

気づけばもうブログを1年以上もほったらかしにしておりましたのに、お訪ねくださる方がいらっしゃることに心から感謝しております。これからも「カラダにイイこと」を続けて、体全体の健康を心がけていく所存です。clover 

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

|

« IgA腎症の患者さんが国立大学に合格!だそうです | トップページ | 熱中症にご用心~とんだ失敗談 »

1)健康法」カテゴリの記事

コメント

はじめまして
yoshimiといいます

クレアチニンで検索してきました

健康診断で3年連続で基準値を超えており、尿蛋白は今年初めてプラスマイナス、血尿はマイナス、
血圧は低め、血糖値は正常でした

3センチの子宮筋腫があります
もう5~6年、経過観察中です

自律神経が弱い体質で過敏性腸症候群と診断されて10年、
昨年、会社を辞めて静養し、お腹は落ち着いてきました

過去の記事を読ませていただきまして、
クレアチニンより子宮筋腫より未病に対する考え方や取り組みに
大変共感いたしました

角膜腫瘍、早く良くなりますように

投稿: yoshimi | 2014年8月 2日 (土) 20時41分

yoshimiさん、初めまして。
ご丁寧なコメントをお寄せくださいましてありがとうございました。

先日来の暑さで夏バテしまい(急性胃腸炎)、お返事が遅れて申し訳ありません(__)。

yoshimiさんのブログにも伺いましたが、コメントが残せず大変失礼いたしました。

yoshimiさんは、尿所見よりもクレアチニンが問題だったのですね~。ならまだまだ改善の余地ありですね。

私も最近はすっかり体のことを忘れて気を使わなくなってしまっていました。そしたら手痛い失敗を(笑。

そのうち失敗談を書かせていただきますね。おかげさまで角膜潰瘍の方はもうすっかりよくなりました。ご心配をありがとうございます。

yosimiさんもどうぞお体ご自愛くださいますように。よろしかったらまた遊びにいらしてくださいませclover。こん

投稿: yoshimiさんへ | 2014年8月 4日 (月) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/519255/59873881

この記事へのトラックバック一覧です: 自然治癒力の偉大さを思い知る~角膜潰瘍~:

« IgA腎症の患者さんが国立大学に合格!だそうです | トップページ | 熱中症にご用心~とんだ失敗談 »