2014年8月 4日 (月)

熱中症にご用心~とんだ失敗談

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

ここ数年、夏が最も体調が良かった私だが、今年はとんだ失敗をやらかしてしまった。どんなに暑くても汗をタップリかけばスッキリしたものだったのに、今年は熱中症になってしまい、久々に救急車のお世話になってしまったのである。というのも。。。

その日は日中37度越えの酷暑であり、普段はあまり冷たいものを飲まない私ですらも、さすがに冷蔵庫から取り出した冷たいジュースを直接喉に流し込むほどだった。夕方になってもその暑さが治まることが無かったため、昼、冷やしうどんを食べた上に、夕方もまた調子に乗って冷やしうどんの連ちゃんと行ってしまった。その上、デザートにはよく冷えたスイカまでつけて。

そして食後に歯を磨いていた所、不調は突然やってきた。いきなり足が火照る様に熱くなったと思いきや、冷や汗が出てきてすーっと気持ちが悪くなった上に、今度は久々のめまいまでが襲ってきたのだ。

いったいどうしたものかとしばらく扇風機の前でじっとしていたが、状態はまったくよくなるどころかどんどん吐き気が増してくる。しかも手足が痺れてきてしまう始末。その上、お腹も痛くて何度もトイレに駆け込まなくてはならない。ちなみにこの時点で下痢ではない。

もしかしたらこれが熱中症かも知れない

しばらく悩んだ末、ついに救急車を呼んだ。慢性腎炎の既往症があることを伝えると、今は管轄外ではないが、以前かかっていた病院へ向かってくれるという。その間にも、めまいと吐き気を抑えながら、またしてもトイレへ。ああ確かに最近便秘がひどかったのだ。

吐き気が襲ってきた場合のため、手には膿盆を預けられての15分~幸い吐くことはなかったけれど(吐くと脱水と吐き気が増幅するため出来るだけ吐きたくない)、病院に到着しても症状が改善することはなかった。

が、当直の医師がたまたま脳外科医だったため、前回めまいで入院した時よりはずっとスムーズに事が運んだ。CTにレントゲン、血液検査、一通り検査したが特に異常は見当たらない。クレアチニンも0.6と腎臓の方も心配ない。

以前同様「頭位性めまい症」と診断され、念のため一晩入院したが、翌日には吐き気も治まったので退院する。以前腎炎の時もお世話になった幼馴染の看護師とも楽しく話せて、ここまではまずまずだったのだ。問題はその後。。。

退院して夜まではふらふらめまいがあったものの、それなりに体調が良いと思っていた所へ、それまでなんとかもっていた胃腸が悲鳴を上げてしまった。入院後もずっと便通が続いていたが、今度はひどい下痢を起こし、それまではなんとかあった食欲もまったくなくなってしまったのだ。

2~3日、キャベツスープとおかゆで過ごしたけれど、それでも症状が一向に改善しなかったため、万策尽きて懐仁堂さんに電話を入れた。すると候先生はこの症状を即座に「急性胃腸炎」と判断される。冷たい物を食べたのですね?

暑い時に冷たい物を体内に入れると、内臓が冷えて「熱」が体内にこもってしまうことから、熱中症になりやすい。暑い時は、熱いものを飲食して汗をかいた方がよい。

もちろん、屋外で活動をされる場合は別だろうけれど、室内で、体を冷やす目的で摂取する冷たい物にはよくよく注意が必要だということを、今回私は身をもって体験したという訳である。

せっかくずっと健康を保ってきたのに、失う時はほんの一瞬~後悔先に立たずだけれど、候先生が処方してくださったお薬で(乾姜・厚朴で健胃に加え、めまいも配慮していただく)、吐き気と下痢は1~2日で治まり、3日程飲んだところで、ほぼ体調は元に戻ってきたようだ。まだ万全とは行かないが、それはこの暑さも手伝ってのことだろうし、処方していただいた10日分服用すれば、きっと元気になることだろう。

これからまだまだ夏本番~これを教訓に今後は重々気を付けていきたいと肝に銘じた次第である。皆さまもどうぞ、くれぐれもご自愛あそばしますようにcat

Sea_2

少しでも涼んでいってくださいねpenguin

 

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年6月25日 (水)

自然治癒力の偉大さを思い知る~角膜潰瘍~

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

 先日、右目がひどく充血していることに気づき、少し使い過ぎたかと1日タップリ休みを取ったもののこれが治らず、2日目になっても充血が引かないばかりか、ゴロゴロとした違和感があること、その上、黒目の上に白い点が見えることからついに眼科へと足を運ぶこととなった。

看護師に症状を告げると、その白い点を見た彼女は即、角膜に傷がついているという。これはかなり痛かったでしょう?

内臓関係にはかなり気を使ってきたつもりだったが、まさか目をやられるとは不覚だった。そう言えば、1週間ほど前に目にゴミが入ってひどく痛かったような記憶がある。でもその後しばらくはなんでもなかったはずなのに。

それでもまだそれほど重大なこととは思わずに、一通りの検査を受けた後に医師の診察を仰ぐと、なんとこれが「角膜潰瘍」だと言うではないか。

医師曰く、角膜に傷がついたところから何らかの細菌が入り込み、それが目の奥にまで入り込んで炎症を起こしているという。

う~ん、視力は落ちてないようだけど。。。

この重苦しい雰囲気で、もうとっくに忘れていた思い出がよみがえる。昔、腎臓内科へ連れていかれた時のことを思い出したのだ。

腎臓が弱いので抗生物質は飲みたくないと告げたことから、余計に難しい顔の医師は、もしかしたら治らないかもしれないと言わんばかり。

たとえ炎症を抑えられても白濁は残るかもしれない。

これは大分後になって知ったことだが、角膜潰瘍が進むと角膜穿孔となり、失明の恐れもある、実は大変恐ろしい病気(症状)なのだそうだ。

でもその時は、瞳の横に白い点が残るなんてぐらいにしか思わず、でもそれでもかなりとガッカリして帰宅した私はすぐに「困った時の神頼み」の懐仁堂さんへ電話を入れた。すると意外なことに候先生はあっさりと、大丈夫、心配いらない(眼科から処方された以外の薬はいらない)とおっしゃる。

大丈夫、人間には自分で(傷を)治そうとする力があるgood

その言葉に力を得た私は、これまで蓄積した「カラダにイイコト」を総動員させることにした。実際眼科に行く前日の夜も、あまりの目の重苦しさに「爪揉み」をしてみたら、それまでまったく涙が出なかったところに、涙がどっと出始めて、なんとなく楽になったのだから。

ものの本には角膜潰瘍の特徴として涙が出ると挙げられていたが、それもまた「自然治癒」しようと体が頑張っている証なのではないだろうか。

傷を治すためのビタミンCや粘膜に良いと言われるカロテンの多い食材を積極的に食べ、適度な運動と休息を取り、夜も~目が疲れて起きていられず~8時には就寝した。それでも毎日朝6時過ぎまでぐっすり寝ていたところを見ると、体もかなりの休息を欲していたに違いない。

その後、目薬や軟膏の成果も上がって炎症は納まり、心配された白濁もほぼ綺麗に消えてくれた。点眼薬にはステロイドが使われていたため、あまり長く使いたくなかった私は、医師の許可をもらって早めにこの使用を止めたけれど、ステロイドが無くてもきっと~多少時間はかかるだろうけど~残りの白濁も消えてくれるだろうと信じている。

今回の角膜潰瘍の直接の原因は、おそらく目に入ったごみが原因だろうということだったが、間接的な原因は、疲れがたまっていたことで、免疫力が落ちていただろうことが考えられる。逆にいえば、免疫力が高ければ、細菌が侵入してもひどくならずに済んだのかもしれない。

その後はタップリ休養を取って養生に専念したことで、傷の回復が早まっただろうことは、次に受診した際の医師の反応を見れば明らかだ。 

(少し驚いた様子で)炎症が治まって傷も治ってきているね。血管が傷の方に張り出してきて、新しい皮が張ってきている。

気づけばもうブログを1年以上もほったらかしにしておりましたのに、お訪ねくださる方がいらっしゃることに心から感謝しております。これからも「カラダにイイこと」を続けて、体全体の健康を心がけていく所存です。clover 

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月22日 (水)

快眠にお勧めの簡単ストレッチ~医療の現場より

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

気が付けばもうあっという間の5月。おかげさまでその後も元気にしております。つい先日みぃの2度目の命日を迎え、これを機に、引っ越し先で出会った(というよりその子がいたから引っ越し先をそこに決めた)みぃにそっくりな三毛猫がめでたく家族の一員となりましたcat

最近はなかなか「カラダにイイこと」に目が行かない私ですが、それも逆に、ことさらに健康に留意する必要が無くなった=健康になったということで、ありがたいことだと感謝の毎日を送っています。

でも今日は久しぶりに~先日放送された鳥越俊太郎さんの「医療の現場」での快眠を促すストレッチについて書かせていただこうと思います。これがとっても手軽でお勧めなのと、このお話をしてくださった医師=滋賀医科大学 睡眠学講座の宮崎総一郎氏のお話がとても印象に残ったからです。

まずはそのお話からピックアップしますね:

眠りには「記憶を確定」させる働きがあるのだそうです。よく昔、学生時代などに、一夜漬けは記憶に残らない、一晩寝たほうが、記憶にしっかり残ると言われましたが、それはやはり真実なのだそう。

そしてそれを逆に考えると

「眠れないということは記憶に残したくないという脳の働きでもある」

そうなのです。辛い思いをすると眠れない、悲しすぎて眠れないということは皆様もご経験があると思いますが、それは、その辛い出来事を長いこと記憶しないための、人間の「防御反応」なのだそうです。

悲しみや辛さが心に残ってどうしても眠れない時は、無理に眠ろうとしなくていい。それは、悲しみや辛さを癒す人間の知恵でもあるのだから。

このお話を伺って、なんだか心がす~と軽くなるような気がしました。それでもそんな不眠症状が1ヶ月ほど続く場合は医師に相談が必要とのことです。

そんな宮崎医師がお勧めするストレッチはこれです。

まずは、右手を頭の上に乗せ、腕の重みで首を右に傾ける~左の首筋をう~んと伸ばす。この際、できれば、1、2、3、4、とゆっくり15まで声を出して数を数えるとより効果的だそう。声を出したくない方は、息を静かに吐いてくださいとのこと。

次は左手を乗せて同じようにストレッチ。

そして最後は両腕を頭の後ろで組んで、腕の重みで頭を前に下げて同じように今度は後ろの首を伸ばします。

これを寝る前に行うと、体がリラックスして眠た~くなってきますよ。

また、これはここでも以前どこかに書いたことなのですが「寝だめ」というのはやはりあまり好ましくないのだとか。それよりも「いつもより30分だけ長めに寝る」ということを続けるのが良いそうです。

そうしているうちに自分にベストな睡眠時間を確保できるようにもなり、慢性的な寝不足からも解放されるのだとかclover

睡眠不足は免疫力の低下にもつながり、果ては風邪同様「万病のもと」となりかねません。特にこの風薫る五月を目いっぱい満喫するためにも、ぐっすりしっかり良い睡眠をとって、楽しい毎日を送りたいものですね。

Ill_bouquet_rose07

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月11日 (火)

ゴマの健康効果恐るべし♪

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

すっかりご無沙汰してしまって、ふと気づけばもう師走。ほったらかしのブログにもご訪問くださる方がいらっしゃること、まずは心からお礼申し上げますheart

で、最近のマイ健康法を1つ。それが表題にも掲げた「ゴマ」である。

ゴマにはセサミン(抗酸化物質)が含まれている事は、健康オタク?の方なら既にご存知だろうけれど、これが意外にもかなり効くのだ。

きっかけは母がご飯の上にゴマをタップリかけて食べ始めた事だった。昨年の大震災で、なかなか食糧品が手に入らなかった際、親戚が送ってくれた炒りゴマをふりかけ代わりに食べていたところ、とても調子がよいと言うのだ。

アンタも食べてみなさい

そう言われても、ゴマは結構たんぱく質も多いんだよな~とご遠慮していたのだけれど、今年に入って夏以降、自分もこのゴマを食べ始めたところ、身体に元気がみなぎってくるのが実感できたのだ。

今はキッチリとした食事制限は行っていないため、かなりアバウトな表現だけれど、目安としては「ご飯が見えなくなるくらい」ゴマをタップリふりかけて食べる。(ごま塩は塩分過多になるからダメですよpaper

朝は玄米ご飯と決めているので、玄米にゴマ、そして梅干を食べると午前中の活力が湧いてくる。これ本当。白ゴマと黒ゴマでは黒ゴマのほうがよりパワーが強いような気がするけど、その理由は定かではない。

寒い冬、朝なかなか起きられない~などという機会も減ってくるのはありがたいし、これがまた、どうやらお通じにも良いらしいのも嬉しいところ。ちょっと色はかなり黒くてビックリしちゃうんだけどcoldsweats01

手軽に手に入って簡単に食べられる「炒りゴマ」の健康パワー、それぞれの健康具合に応じて極端にならない程度にどうぞお試しくださいませ。

また少し早めではありますが、今年一年また大変お世話になりました。来年もほそぼそと続けていく所存ですので、どうぞよろしくお引き立ての程お願い申し上げます。皆様にはどうぞ良いお年を迎えられますように。

Ill_fuji04

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法に関する記事(一覧表示)からご覧いただけます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

夏の終わりに~秋バテにご用心?

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

日中はまだまだ暑いけれど、朝晩少しずつ秋の風情が感じられる今日この頃、せっかく涼しくなって来たというのに今ひとつ体調が~と感じることが多くなるのも、いかんせんまたこの季節である。

これを「秋バテ」と呼ぶらしい。

夏の間、冷たい飲食物を摂り、汗をたくさんかいた身体は、気温の下降と共に冷えやすくなってしまうのだそうだ。「冷え」と言えば、すべての不調をもたらすと言ってもよいほどの諸悪の根源なのに。

猛暑の今年、積極的に身体を冷やしていたところを、急に温める方向へ持っていかねばならないのがまた大変である。

そこでいくつか気をつけたいポイントを挙げておきたい。

まずは食べ物。これからは身体を温める食材を積極的に取り入れたい。秋から冬にかけて旬を迎える根野菜や、しょうが・にんにくなどの香味野菜、もちろん、飲み物も冷たいものは厳禁で、なるべく身体を温めるものを選びたいもの。くず湯にしょうが湯、しょうが紅茶、などなど。

次にはやはり「お風呂」かな。夏はどうしてもシャワーで済ませがちだったところを、これからは半身浴に切り替えたいもの。寒すぎもせず暑すぎもせず、半身浴にはちょうど良い季節とも言えそうだものね。

あとは軽い運動~これは自律神経を整え、熱を生産しやすい身体を作る目的から、やはりウォーキングがお勧めだろう。時間帯は~この時期は特に~朝方がよいのだそうだ。

暑いとつい怠りがちな「カラダにイイこと」~秋を気持ちよく過ごすためにも、この辺でまた見直して続けていきたいものですね。

「体を温めると美人になる」~こんな本も面白そうです♪

6cosmoss

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法に関する記事(一覧表示)からご覧いただけます

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年8月22日 (水)

夏バテ防止にも鶏の胸肉!(イミダペプチド)

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

昨日、たけしの家庭の医学で「夏バテは脳のサビによって起きる現象」であると言っていた。要するに活性酸素が脳、特に自律神経の中枢を破壊し、疲労感をもたらすというのだ。

外気と室内の温度差によるストレスももちろんのこと、紫外線によるダメージもことのほか大きいのだそう。ああ、最近あまり暑さを感じないのは、部屋に紫外線避けのブラインドを降ろしているせいもあるのかな。

またこの紫外線に限って言えば、真夏ということで太陽の位置が高いことから、意外に、朝夕の涼しい時間帯での紫外線も要注意なのだとか~目に直接紫外線が入りやすいらしいのだ。これはなるほど納得だな。

そして、これらのダメージに対抗するために効果的なのが「イミダペプチド(イミダゾールペプチド)」なのだそう。

これはもう今ではすっかり常識になってしまいましたね~鶏ムネ肉。思い起こせば、4年前のオリンピックの頃、あのフェンシングの太田選手がこの鶏ムネ肉を積極的にメニューに取り入れていると言っていたっけ。でも活性酸素防止なら、リコピン~加熱したトマトなども時期的にはよいのかも。

~詳しい記事はブログ左側の健康法お勧め記事に常時表示してありまするheart

番組では奥園壽子さんのおいしそうなメニューも紹介していたけれど、暑い中、なるべく手抜きをしたい私としては、そうそう手もかけていられない。最近は「具沢山お味噌汁」と称して(笑)、味噌汁の中に鶏ムネ肉(20~30g)をぽ~んと入れたりしているこの手抜き。お出汁も出るし、栄養的にもこれでOKですよ~。楽をしたい方は是非お試しくださいねbleah

Asagao

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法に関する記事(一覧表示)からご覧いただけます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月26日 (木)

その肩凝り~「噛み続け」が原因かもしれません

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

人は何か緊張した場面に出くわすとつい歯を噛み締めてしまうものである。ぐっと歯を噛み締めることで力が入り、集中力も高まるような気がするものだが、これが長時間続いてしまうと、まったく逆の結果が出ることが分かったそうだ。

昨日放送のためしてガッテンのテーマがこれ: さらば!オナラ肩こり 原因はたった1つの癖

そのクセが「噛み続け」だという。

そう言えば、自分にも思い当たる節がある。机に向かっている際など、ふと気がつくと、ぐっと奥歯を噛み締めていることがよくある。気づいても特になんとも思わなかったのだが、これが

「頭痛・アゴ・腰痛・肩こり・ひざ痛・首の痛み・集中力の欠如」

を引起すとなれば話は大きく変わってくる。以前、肩の痛みが取れなかったのも、もしかしたらこの「噛み締め癖」のせいではなかっただろうか?

このクセで特に疲労するのは「こめかみ」のあたりだそうで、これもまた大いに心当たりがある。先月だったか、急にひどい頭痛に襲われ、頭や目の辺りをマッサージしようとした際に、こめかみを触ると飛び上がるほど痛かったのだ。

ここには「目」のツボもあるそうなので、それ以降、折に触れてはこめかみをマッサージしていたのだけれど、問題はその前~噛み締めにあったとは驚きだ。

対処法は極めて簡単scissors

目のつくところに「歯を離す」と書いたメモを張って置くだけでよいのだそう。気がついたら、ふ~と息を吐けばよい。こうすれば当然歯が離れる。

これは気づいたら行えばいいだけで、下手に意識をすると「離す」ことに力が入って逆効果になりかねないというから、その点も注意が必要だ。

原因不明の肩凝りや頭痛、おなかの張り(噛み締めていると空気を飲み込む回数が増えるそう)などに悩まされている方は是非試してみてくださいね。

Himawari2

暑中お見舞い申し上げます♪

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法に関する記事(一覧表示)からご覧いただけます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年7月11日 (水)

食中毒にご用心~正しい冷蔵庫の使い方

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

昨日久しぶりに「たけしの家庭の医学」を覗いてみた。テーマは食中毒を防ぐための正しい冷蔵庫の使い方。

ふん、扉を開けっ放しにしないとか、清潔に保つとか、ぎゅうぎゅう詰めにしないとか~そういうことよね。

とタかをくくって見ていたところ、確かにその通りだったのだけれど、でもこれが意外に「肝心なこと」は分かっていなかったことに気づかされてビックリ。

「冷蔵庫内の温度は、一度上がるとなかなか元の温度に下がらない」

扉を開けておいた時間の4倍はかかると思ってよいのだそうだ。

たとえば、食糧品を買い込んできた時など、つい扉を開け放したままにしていて、ピーピーと警告音が鳴ってしまう事などよくある話なんだけど、この間、なんと庫内の温度は時に20~25度以上にも達し、開放時間がたとえば5分だったとすると、20分以上も10度以下(適温)には下がらないのだとか!

しかも、お肉などのトレイからは、肉汁などに付着した細菌が漏れ出ることもあり、それが20度以上の温度でどれだけ繁殖するかを考えると実に空恐ろしい結果となるわけである。これを防ぐには、トレイごとビニール袋に入れて保存することだそうscissors

また、ぎゅうぎゅう詰めにしないばかりでなく、冷蔵庫の冷却口を塞がないことも大切なのだそう。機種によってこれは異なるらしいけど、たいていは側面にこれがあることが多いのだとか。あらら、側面にほど、物を置くものなのに。ちなみに我が家のそれは奥にあった。じゃあ物はなるべく手前に置けばいいのかな。

たとえしょっちゅう開け閉めするようになっても、ずっと開け放したままにしておくよりはマシ。庫内が冷えやすいように、くれぐれも多くを詰め込まない。また、あまりに年季の入った冷蔵庫は、冷やす力が衰えていることもあるそうなので、その辺も、メーカーに確認した方が良さそうである。

これからの季節、最も気をつけたい食中毒~ちょっとしたことで防げるのなら、気を配りたいものですね。

そしてこの季節にもう1つ気になるのは「熱中症」。来週の番組はこれを取り上げるそうなので、こちらも是非見逃さないようにしなくては。

Beach6

せめて気分だけでも涼しくなってくださいね♪

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

★いろいろな健康法に関する記事は:

健康法に関する記事(一覧表示)からご覧いただけます

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

舌の位置で鼻呼吸が楽になる?

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

先日、久しぶりにためしてガッテンを視聴した。そのテーマは「舌」。

漢方では「舌診」という言葉があるほどなので、舌の状態から健康状態を知るという話には驚かなかったけれど~病名は当てられないという話にはビックリしたけど(笑)、「低位舌」(ていいぜつ)」には少々驚いてしまった私である。

以前にも、舌の周囲に歯型がつくのは良くないことだと聞いたことがあって、自分がその例に漏れていなかったのを気にしたことはあったのだがすぐに忘れてしまっていたのだ。

これは主に舌の筋力が低下して、実は厚さ5cmほどの舌が喉の奥=気管を圧迫している状態なのだそう。

私の舌が下がったのも「老化」による筋力の衰えかもしれないのだがbleah、他にも大きな原因がある。私の上あごの前歯はあまりにも2本が大きすぎるため、その隣が前歯の裏に生えてしまっており、それが舌を傷つけるのがイヤで故意に舌を下げるようにするクセがついているのだ。

それがいつの間にか喉を圧迫し、「口呼吸」を招く原因となっていようとは!?

そう言えば、ここでも以前書いたかもしれないけれど、(IgA腎症の原因となる鼻炎を予防するために)鼻呼吸を楽にするには、前歯の裏に舌を当てるのがよいことには気づいていた。

唇を閉じるのが難しい時でも、この舌の位置によって鼻呼吸が楽になるのは、そういう訳だったのか~。

番組では、どういう状態が低位舌なのか、またそれを治すためにはどうしたらよいのか、などを詳しく説明していた。興味のある方は以下のURLにアクセスしてみたらよいだろう:

低舌位の見分け方と治し方

花粉症がひどくて鼻呼吸などとんでもない~という方もいらっしゃるだろうが、自己免疫疾患は、こうした小さなことが積み重なって発症することが多いもの。

日ごろから、小さくても身体に良いことをコツコツと積み重ねておきたいものですね。

Ill_sakura13

すっかりいい季節になりましたね♪

★いろいろな健康法に関する記事は:  健康法に関する記事(一覧表示)からご覧いただけます

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
1日1回の応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月15日 (日)

今年の春の養生法~昼寝の習慣を身につける

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

すっかり春めいてきた今日この頃cherryblossom。温かくなってくると毎年襲ってくるのが「眠気」である。昨年はそれどころではなかったけれど、今年はとにかく眠い。

昨年の大震災以来、お昼寝の習慣がすっかり無くなってしまったため、日中は眠くてもなかなか眠れない~ということで、眠気を誘うためにも、と久しぶりに「ぼーっとしようよ養生法」をひも解いてみた。

春の健康法で目に付いたのが「七情の乱れ」である。怒、喜、憂、思、悲、恐、驚という7種類の感情が激しく変動すると病が引起されるという。特にこの春、気をつけたいのが「肝」を傷つける「怒り」の感情なのだそうだ。

春は本来「目覚め」の季節~万物命あるモノは全て春に力を得るはずなのが、肝に熱(=エネルギー)がたまるにも関わらずそれが全身に行き渡らない~イライラとアクセルを踏んでいるのになかなか発車できない状態。

そんな時には、の~んびり、ぼ~んやり、心を伸びやかにして身体にたまった熱を発散させてあげることが大事なのだそう。

それにはまた「腎」の働きも大切(=熱を冷ます)だそうで、人より弱った腎臓の持ち主である自分は、尚更のんびりしなくてはならないらしい。じゃあ眠い時には眠った方がいいのかな。

これと言ってすることがなくても、つい仕事を見つけたくなる性格はなかなか直りそうもないけれど、とりあえずは~またお昼寝生活の習慣を取り戻すことから始めた方が良さそう。

今年はこうしてのんびりと、季節と自分の体質にあった養生法をまた身につけていきたいものである。

今日のところは~眠気はすっかり覚めてしまったからsmile、お散歩にでも出かけましょうかねchick

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧