2010年2月 8日 (月)

冬のビタミンCはほうれん草で!切り干し大根とのごま和え

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

先日の「みんなの家庭の医学」で放送されたほうれん草を使った奥園壽子さんのレシピがようやくアップできそうですwink。とは言っても低たんぱくにアレンジさせていただいてますがbleah

Horenso1 冬~特に2月に収穫されたほうれん草は、ビタミンCが普段の月の約7倍も含まれているそう!ま、1束食べる人はそうそういないと思うんだけど、1束でレモン10個分のビタミンCが採れるというから驚きだcoldsweats02

しかも心配していた下ゆででもその残存率は70%弱もあるのだとか!1日に1/2束食べれば、成人一人あたりが一日に必要なビタミンCを十分に取れるのだそうだscissors

ご存知の方も多いようにビタミンCは取り溜めのできないビタミンなので、毎日摂取する必要があるが・・・。ビタミンCは他の食材にも含まれているわけだし(じゃがいもとかキャベツとか~)、無理をして1/2束も食べなくても、まあ、朝食におひたしなんかを少々食べるだけでもよいのではないだろうか?

~以前、こんな記事も書いております:今さらビタミンCなんて・・・?

ちなみに、20~30秒ゆでて冷凍しておくことでビタミンCの損失も少なくなるそうsmile

~番組では1年以上その効果は変わらない~なんておススメしていましたが、でもってゲストまで「それってスゴイっ!!1年分冷凍しておけばいいんデスねっ!」なんて調子のイイことをいっていたけどbleah、普通のお家のフリーザーに1年分のほうれん草なんて入んないわよネdespair

また、ほうれん草で心配なシュウ酸は、カルシウム食材を一緒に摂取することで(シュウ酸カルシウム)、体外に排出されやすくなり、結石が出来にくくなるそうだdiamond

とりあえず今日は「ほうれん草と切り干し大根のごま和え」をご紹介させていただきます。ほうれん草は基本50gで作りました。約1/6束になります。

まずは下ごしらえから:

403 1)根元の部分を割いて小分けにする

2)根元の部分を水洗いする

3)鍋にお湯を沸かして30秒ほどゆでる

以下、今回のレシピになりますheart

切り干し大根とのごま和え

<材料>

ほうれん草 50g

ロースハム 10g

炒りゴマ 4g

切干大根 4g

減塩しょう油 4g
ごま油 4g
10g

総カロリー136Kcal、総蛋白質4.1g、塩分0.6g
(カリウム188.6mg※)

※カリウムはレシピ通りに作るとこうなりますが、一度水で戻し、その水を廃棄して作れば、もっとずっと減らすことが出来ますscissors。ちなみに切り干し大根のカリウムは128mgで計算しております。

<作り方>

1.切り干し大根は、軽く水洗いをしてはさみで適当な長さに切り、水、しょう油、ごま油を入れて、切り干し大根が柔らかくなるまで戻す

※カリウムを減らしたい方は、最初に水で戻した後、調味料とあわせてください

2.ハムを細切りにして1とまぜる(食感がよくなるそうです)

3.ほうれん草は根元を割いて小分けにし、食べやすい長さに切って2と和える

4.ゴマを振りかけて全体を和えれば出来上がり

ほかにも低たんぱく食のレシピをご用意しておりマス。

レシピの一覧は低たんぱくレシピ集までどうぞ。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

続きを読む "冬のビタミンCはほうれん草で!切り干し大根とのごま和え"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

低たんぱくレシピ-「まごわやさしい」炊き込みご飯

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくの献立ですhappy01

慢性腎炎など腎臓病(CKD)の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

先日の「本当は怖い家庭の医学」で奥園壽子さんが作っていらした炊き込みご飯を計算してみましたeye


「まごわやさしい」heart

  ま=豆類
  ご=ゴマ
  わ=わかめなどの海藻類
  や=野菜類
  さ=魚類
  し=しいたけなどのきのこ類
  い=イモ類

これら7種類の食材をバランスよく食べるようにすると内臓が生き生きしてくるのだそうです。覚えやすいので普段から意識しておくと良いですね(笑)。

paper「カラダにいい」というとどうしてもカリウムが多くなりがちなので、カリウム制限のある方には少し厳しいのですが(-_-;)、その際は里芋の量を減らすか、表面積を大きく切って水さらしなどしていただければと存じます<(_ _)>~里芋は50gで320mgの計算です。


<材料(1人分)>


(ま)油揚げ 8g

(ご)炒りゴマ 5g

(わ)昆布(日高昆布)2g

(や)オクラ(2本) 16g

(さ)しらす干し(半乾燥品)10g

(し)干ししいたけ 4g

(い)里芋 50g

精白米 70g
水 130cc(お好みで加減してください)

減塩しょう油 4g
日本酒 4g


総カロリー249.8Kcal、総蛋白質10.7g、塩分1.1g

(カリウムは614.2mg)


<作り方>

1.こんぶを鋏で細く切る~旨みが出る上にやわらかくて食べやすくなるようにwink

2.干ししいたけも鋏で細切りにする

3.1と2に日本酒としょう油を入れる~具材に味をつけ、またしょう油にはダシが出るようにwink

4.里芋の皮をむき、1口大に切る

5.油揚げを細切りにする~カロリーUPを図っているので油抜きはしないでくださいhappy01

6.お米と水を炊飯釜に入れ、3~5、およびしらす干しを加えて軽く混ぜる

7.ご飯を炊く

8.オクラは輪切りにして、7が炊き上がったら混ぜ込む

9.ゴマを振りかけて出来上がり。お好みでカボスなどをふりかけてお召し上がりくださいheart04


美味しくてカラダにイイご飯をほどよく食べて楽しい週末をお過ごしくださいmaple

ほかにも低たんぱく食のレシピをご用意しておりマスlovely

低たんぱく食レシピ集カテゴリ
レシピの一覧は低たんぱくレシピ集までどうぞ。

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年8月14日 (金)

低たんぱくレシピ-トマトの冷や汁

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくの献立です。腎臓病(CKD)や慢性腎炎の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

今週、たけしの本当は怖い家庭の医学で奥園壽子さんが作っていらした「旬の食材で病を予防」するレシピです(^^♪。

今日は、抗酸化物質リコピンがたっぷり入った8月のトマトを使った一皿をご紹介しますね~とは言ってもワタシは量を調整して計算しただけですが・・・<(_ _)>。手に入るなら、真っ赤なトマト(生食用のピンク系ではなく調理用のもの)を使ってください。赤系トマトリコピン含有量は、ピンク系の3倍だそうです。
(^^)v

リコピンだけでなく、イソフラボンたっぷりの豆腐かつお節を加えることでたんぱく質のバランスにも気を配ってありますね(^^)v。どうぞ、暑い日に、ご飯やそうめんにかけてお召し上がりくださいマセ。
<(_ _)>

<材料>

木綿豆腐 80g

トマト 200g

キュウリ 50g

みょうが 10g

青じそ 5g

(調味料)

塩 1g
みりん 8g
減塩しょう油 8g

すりゴマ 10g

削り節 3g

おろししょうが 少々

総カロリー195.5Kcal、総蛋白質12.4g、塩分1.7g
(カリウムは764.9mg※)

※今回はカリウム量がかなり多くなります。食べる量で調整してくださいマセ<(_ _)>。

<作り方>

~そうめんにかけて召し上がる場合は、あらかじめそうめんをゆでておいてください~

1.トマトを皮付きのまま角切りにし、鍋に入れる

2.1に調味料(塩、みりん、減塩しょう油)を加え、沸騰するまで過熱する(水分は加えません!)

3.2が沸騰したら、削り節を加えて火をとめる

4.しょうが適量をおろし、キュウリ・ミョウガは輪切りに、大葉は千切りにしておく

5.2をボールにあけて氷を1/2カップほど中にいれる(冷やす&薄める)

6.4の野菜(薬味)と、適当な大きさにちぎった豆腐を中にいれてかき混ぜる

7.ご飯やそうめんにかけてできあがり(^^♪

番組では他にも美味しそうなレシピを紹介していました(*^_^*)。来週あたり、またいくつかご紹介できればと思っております~8月が終わらないうちにしないとねwink。それでは、ワタシもちょっくらお休みしますね(笑)。皆さまも、どうぞご自愛あそばしますようにloveletter

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

低たんぱくレシピ-鶏ムネ肉のマリネとバンバンジー

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくの献立です。

慢性腎炎など腎臓病(CKD)の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

大変お待たせいたしました(^O^)/。ようやく奥園壽子さんアレンジ、鶏ムネ肉料理の登場デス(*^_^*)。

~以前、疲労回復には「イミダゾールペプチド」(@_@;)?なんつーものを書いたばっかりに、「家庭の医学」の放送後の検索の多いこと。イヤイヤ申し訳ない(^^ゞ。番組では「イミダペプチド」な~んて早くも省略されてましたけどね(爆)~

夏に向けて、たまった疲労を回復するのにピッタリの食材鶏ムネ肉。学会の研究によると1日100gを毎日食べ続けると効果が出るって言っていたけれど、鶏胸肉はかなりの高たんぱく食材(-_-;)。1日100gを毎日なんて、いくら奥園さんのアレンジでもとてもとても食べられやしません(>_<)。

~でもワタシが以前試した限りにおいては、1日50g位でも十分疲労回復効果を感じましたヨ(笑)~イミダゾールペプチド(疲労回復効果)-その後の報告(^^♪

今日は、番組で紹介されていた「マリネの作り方」と、7種類の料理のうち、1つだけを選んでレシピを書いてみました。低たんぱくにするため量を調整してありマス。どうぞお試しくださいマセ(^^♪。

✿マリネ(鶏肉の下ごしらえ)の作り方✿

1)番組では、オリーブ油とごま油のマリネを紹介していました。今回は生で食べる料理ではないので、油はどちらもオリーブ油を使いました。(ごま油は加熱すると酸化するので)

2)作り置きができるそうなので材料は4食分です。半日ほど漬け込んだら冷凍保存してもよいそうです。マリネ効果で解凍後もしっとり美味しくいただけるそうです。なるべく早めに食べ切りましょう。

ニンニク入マリネ(A)~4食分

鶏ムネ肉1枚(皮付き)200g

オリーブ油(大さじ1)12g

塩(小さじ1)5g

にんにく(大きめ1片)6g

1食分の栄養価
総カロリー125.1Kcal、総蛋白質9.8g、塩分1.3g
(カリウムは159mg)

ショウガ入マリネ(B)~4食分

鶏ムネ肉1枚(皮付き)200g

オリーブ油(大さじ1)12g

塩(小さじ1)5g

しょうが1片 10g

根深ネギ 50g

1食分の栄養価
総カロリー127.3Kcal、総蛋白質9.8g、塩分1.3g
(カリウムは181mg)

<共通の作り方>

1)ムネ肉を真ん中(縦)で半分に切る

2)厚みを減らすために、1)を半分に開いて切る

3)味をしみこみやすくするため、こまかく包丁を入れる(叩く)

4)ニンニク、ショウガは薄切りに、根深ネギは適当にぶつ切りにしておく

5)ポリ袋にA、B、それぞれの材料を入れ、よく揉みこむ

6)袋の口をシッカリ縛って冷蔵庫でしばらく寝かせてできあがり。すぐに調理しない時は4等分してラップに包んで冷凍する

✿バンバンジー✿

<材料>

鶏ムネ肉のショウガ入マリネ 50g

キュウリ中1本 60g

~ゴマだれ~

炒りゴマ (小さじ2)6g

米酢(小さじ2)10g

ハチミツ(小さじ2)14g

減塩しょう油(小さじ2)12g

練りゴマ(小さじ2)10g

日本酒(小さじ2)10g

総カロリー295.1Kcal、総蛋白質14.7g、塩分2.3g
(カリウムは401mg)

※夏場なので、少し味付けを濃くしています。タレの味が濃すぎる方はタレ用の材料をすべて小さじ1にしてください。

その際の栄養価は
総カロリー215.5Kcal、総蛋白質12.6g、塩分1.8g
(カリウムは351mg)
となります

<作り方>

1)鶏ムネ肉のショウガ入マリネを耐熱容器に皮を上をむくようにしてのせる。ショウガと長ネギをのせておく

2)1)にラップをかけて電子レンジに入れて加熱。時間は2分程度。取り出したら、余熱でそのまま4分ほど蒸らす。

~時間は機械によって異なってくるので、適宜加減してください~

3)キュウリを太めの短冊切りにする

4)ゴマだれ用の調味料を混ぜ合わせる

5)蒸しあがった鶏肉を食べやすい大きさに切り、3)のキュウリとゴマだれをのせてできあがり

このほかにも、青じそをタップリ入れてガーリックバター炒めにしたり、ネギと焼いて焼き鳥ネギマ風なんていうのもオツですね(^_-)-☆。

暑サニモ雨ニモ負ケズ、丈夫ナカラダニナリタイものです(^^ゞ。どうぞ今週も良い週末を!(^.^)/~~~

ほかにも低たんぱく食のレシピをご用意しておりマス。

低たんぱく食レシピ集カテゴリ
レシピの一覧は低たんぱくレシピ集までどうぞ。

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

低たんぱくレシピ-うなぎの蒲焼丼

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくの献立です。

慢性腎炎など腎臓病(CKD)の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

体力が低下する夏、是非とも食べておきたいのが「うなぎ」ですね~(*^_^*)。土用の丑の日を前に、できるだけ低たんぱくに(?笑)、でもできるだけたっくさん食べられるように(笑)計算してみました(^^♪~低たんぱくごはんにすればもっと余裕が出ます(^^)v。

「たれ」は蒲焼についているものではなく、ご自分で用意した方が塩分を抑えられると思いマス。(薄味に慣れた方なら無くてもよいかもしれません)

言わずもがなではありますが、ここでちょっとうなぎの効能についても補足しておきますネ~(*^_^*)。

★骨粗しょう症の予防:カルシウムやビタミンDが豊富

★視力改善作用:ビタミンAが豊富

★動脈硬化の予防:DHAとEPAの作用

★消炎作用:EPAには関節炎の痛みを緩和する効果がある

美味しくて栄養タップリなうなぎを食べて夏バテなんて吹き飛ばしてしまいましょう!(^O^)/

<材料>

うなぎの蒲焼 50g

ごはん※ 200g

[たれ]
減塩しょうゆ 5g
砂糖 2g
みりん 3g
日本酒 3g

青じそ 2g

白炒りゴマ 3g

総カロリー520.5Kcal、総蛋白質17.6g、塩分1.1g
(カリウムは243mg)

※ごはんのたんぱく質は5gで計算してありマス

<作り方>

1.うなぎの蒲焼は1.5~2cm角に切る

2.青じそは千切りにしておく

3.たれの調味料を鍋に入れて一煮立ちさせ、切ったうなぎを中に入れて少し温める

4.ボールに熱々のご飯を入れて3を軽く混ぜ合わせ、器に盛る

5.青じそと炒りゴマを散らしてできあがり

↓コメントで、みゆさんから「散らし寿司の作り方」をご披露いただいています。錦糸卵を除けば、だいたい同じ栄養価で作れると思いマス。作ってみたらとても美味しかったので、皆様もどうぞお試しください

ほかにも低たんぱく食のレシピをご用意しておりマス。

低たんぱく食レシピ集カテゴリ
レシピの一覧は低たんぱくレシピ集までどうぞ。

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年7月10日 (金)

低たんぱくレシピ-サムゲタン

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくの献立です。

慢性腎炎など腎臓病(CKD)の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

早くも夏バテ(>_<)~そんな方にはピッタリの一品です。本格的に作るときは鶏を1匹丸ごと使うのですが、今日はお手軽な作り方をご紹介します。サムゲタンで胃腸の調子をととのえて、夏バテなんて吹き飛ばしてしまいましょう(^O^)/。これでは量が多すぎるという方は、少し水を多めにしてつくり、2度に分けてお召し上がりくださいマセ。

注)朝鮮人参は滋養強壮にはイイですが、特に筋腫のある方は出血量が増える可能性があるので、くれぐれも食べ過ぎないようにしてくださいマセ。

<材料>

鶏手羽肉(骨※1皮付き)40g

鶏ムネ肉(皮付き)30g

鶏モモ肉(皮付き)30g

水400cc

朝鮮人参※2 少々

乾燥ナツメ 5g

もち米大さじ2杯(10g)

根深ネギ 30g

塩1つまみ 0.2g

こしょう 少々

総カロリー208.6Kcal、総蛋白質15.4g、塩分0.3g
(カリウムは329.4mg※3)

※1 廃棄率45%で計算しております

※2 朝鮮人参の栄養価が定かではなかったので計算に加えられませんでした。たんぱく質はそれほど多くないと思いますが、カリウムは少し多くなってしまうかもしれませんので、制限のある方はお気をつけください。

※3 鶏肉のカリウムを210.6mgで計算しております。鶏肉の表面積を大きく切ってあらかじめ下ゆでなどすれば多少は減らせるとは思いマスが、旨みも減ってしまうかもしれませんデス(>_<)。

<作り方>

1.鍋に水、スライスしたニンニク、ナツメ、各鶏肉、朝鮮人参、もち米を入れて煮立てる。(本来は鶏が丸ごと入ったスープなので、鶏肉の大きさは適当でかまいません)

2.煮えてきたら、斜め切りにしたネギを入れる

3.30~40分ほど煮込み(お湯が減ったら適宜、水を加えてください)、塩とこしょうで味を調えたらできあがり

朝鮮人参とナツメさえ手に入れば、いつでもカンタンにできてしまうので、是非お試しくださいマセ。少し多めに作ると、おかゆスープにも使えて重宝します(^^♪。

それでは、どうぞ良い週末をお迎えください(^.^)/~~~

ほかにも低たんぱく食のレシピをご用意しておりマス。

低たんぱく食レシピ集カテゴリ
レシピの一覧は低たんぱくレシピ集までどうぞ。

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

低たんぱくレシピ-エビとキュウリのサッパリ炒め

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくの献立です。

慢性腎炎など腎臓病(CKD)の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

毎日暑くなってまいりました。梅雨独特のむし暑さに対抗するために、タウリンやアスタキサンチンがタップリのエビと、利尿効果の高いキュウリを使って、サッパリと食べられる一品をご紹介します。

エビには補腎(腎臓を丈夫にする)効果、開胃(食欲を促進する)効果があり、カラダを温める食材としても知られております。食べ過ぎるとカラダに熱がこもってしまうのでどちらかというと夏には適さない食材なのですが、カラダを冷やす性質のあるキュウリ(夏野菜)と炒める※ことでうまく中和できると言います。

※夏野菜にはカラダを冷やす性質がありますが、炒めることでその性質が緩和されるといわれています

今回はオイスターソースを使いましたが、おしょうゆとお酢を使ってもサッパリいただけマス(*^_^*)。

<材料>

ブラックタイガー 40g

キュウリ 60g

玉ねぎ 30g

にんにく 4g

マイタケ 30g

オイスターソース 4g

オリーブ油(小さじ1)4g

総カロリー103.6Kcal、総蛋白質9.9g、塩分0.6g
(カリウムは387.6mg※)

※キュウリと玉ねぎのカリウム量を165mgで計算しております。スライスした後、水にさらせば少し減量が可能だと思います。

<作り方>

1.エビは皮をむいて背わたを取り、背開きにして食べやすい大きさに切っておく

2.キュウリは千切り、玉ねぎは薄切りにしておく。カリウムを減らしたい場合はここで水にさらしてください

3.にんにくはスライス、マイタケは食べやすい大きさに分けておく

4.フライパンにオリーブ油を熱し、エビ、玉ねぎ、マイタケ、キュウリの順で炒める

5.エビに火が通ったらにんにくを加えてさらに炒める

6.キュウリがしんなりしたらオイスターソースを加え、混ぜ合わせてできあがり

材料が多くなると薄味になってしまうので(塩分を増やしたくないので)この程度にいたしましたが、赤や黄色のピーマンなどを加えても彩がきれいになって食欲をそそります。う~んと手軽にできちゃいますので、ぜひお試しくださいマセ(*^_^*)。

ほかにも低たんぱく食のレシピをご用意しておりマス。

低たんぱく食レシピ集カテゴリ
レシピの一覧は低たんぱくレシピ集までどうぞ。

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年4月10日 (金)

低たんぱくレシピ-レンコンとマイタケの炒り煮

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくレシピです。腎臓病(CKD)や慢性腎炎の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

今日はレンコンマイタケを使った料理をご紹介します~料理とはいっても超お手軽なのですが・・・(^^ゞ。

レンコンは風邪にも花粉症にも良いといわれていますが、それはレンコンに含まれるムチン(水溶性の糖たんぱく質で粘膜を潤す働きがある)とビタミンC(抗酸化作用と粘膜を丈夫にするコラーゲンの生成を助ける)の効果が大きいと思われます。ワタシは風邪を引きそうになると毎食レンコンを食べているほどデス(^^)v。

マイタケに関しては、アンドルーワイル博士もその免疫力UP効果を絶賛しておられるほど!~よろしければコレを食べれば免疫力がUPする?をお読みくださいマセ。~手軽に作れる料理で日々免疫系をととのえていきたいものですね。

<材料>

レンコン 40g

マイタケ 30g

赤唐辛子少々

オリーブ油(小さじ1)4g

昆布だし汁(大さじ1)15g

(調味料A)

砂糖 2g
減塩しょう油 4g
日本酒(小さじ1)5g
米酢 3g

ごま油(小さじ1/2)2g

総カロリー103.8Kcal、総蛋白質2.2g、塩分0.4g
(カリウムは295.1mg※)

※レンコンは176mgで計算しておりマスが、いちょう切りにしたあと水にさらすことでカリウムを大分減らすことができると思いマス。

<作り方>

1.レンコンは薄いいちょう切りにする。(カリウムを減らしたい方はこのあと水にさらしてください

2.マイタケは食べやすい大きさに分けておく

3.赤唐辛子は小口切りにしておく

4.オリーブ油で、赤唐辛子、レンコン、マイタケを炒める

5.だし汁と調味料Aを加えて炒り煮する

6.汁気がなくなったら器に盛って、仕上げにごま油をたらせばできあがり

ほかにも低たんぱく食のレシピをご用意しておりマス。

低たんぱく食レシピ集カテゴリ
レシピの一覧は低たんぱくレシピ集までどうぞ。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月27日 (金)

低たんぱくレシピ-カレーピラフ

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくの献立です。慢性腎炎などの腎臓病(CKD)の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

せっかく作ったソーセージ(^^♪。でも、「お肉を続けて食べるのは~(>_<)」とためらってしまったらもったいない(笑)。

すぐに食べない分は気軽に調理に使ってしまいましょう。

今日はカレーピラフをご紹介します。

<材料>

精白米のごはん 180g

手作りソーセージ 30g

青ピーマン 20g

にんじん 10g

オリーブ油 8g

塩 0.4g(ふたつまみ)
カレー粉 2g

総カロリー447.5Kcal、総蛋白質9.3g、塩分0.8g
(カリウムは213.7mg)

※手作りソーセージの場合、1本あたりの重量を66gで計算しておりマス。加熱することで重量が減ることが予想されますので、たんぱく質は+1gぐらい余分にみておいてください。

<作り方>

1.ソーセージはラップから出して小口切りにする

2.ピーマン、にんじんはみじん切りにしておく

3.フライパンにオリーブ油を熱し、2の野菜を炒める。野菜に火が通ったら、1のソーセージを加え、さらに炒める

4.3にごはんを加えて炒め、ごはんがほぐれたら、塩、カレー粉を加えて味付けをしてできあがり

ほかにも低たんぱく食のレシピをご用意しておりマス。

低たんぱく食レシピ集カテゴリ
レシピの一覧は低たんぱくレシピ集までどうぞ。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

低たんぱくレシピ-手作りソーセージ(^^♪

IgA腎症関連子宮筋腫関連低たんぱく食関連低たんぱく食レシピ関連

カラダに優しい低たんぱくの献立です。慢性腎炎などの腎臓病(CKD)の方はモチロンのこと、「腎臓をいたわる」低たんぱく食は、毎日を健康に過ごしたいとお考えの方にもお勧めデス。(妊婦さんや成長期のお子さんは除く)

たまにはソーセージが食べたくなっても、食品添加物や塩分のことを考えると買うのを躊躇してしまいがちデス(>_<)。

そんな時に手軽に作れる手作りソーセージはいかがですか?○ランラップ(ラップフィルム)があれば簡単にできてしまうんです(^^)v。ローズマリーやセージのフレッシュハーブなどを加えて作ってもイイですね~♪

低たんぱくにするには1回に1本でお願いしたいですが(笑)、せっかく作るのですから、今回は4本分のレシピを用意しました。

残りの3本は冷凍庫で保存し、なるべく早く食べてください。

<材料~4本分>

豚ひき肉 200g

塩 3g
砂糖 3g
こしょう少々
ハーブ類(あれば)適宜

玉ねぎ(すりおろしたもの)30g
にんにく(すりおろしたもの)5g
しょうが(すりおろしたもの)5g

じゃがいも(すりおろしたもの)20g

1本あたりの栄養素

総カロリー122Kcal、総蛋白質9.5g、塩分0.8g
(カリウムは197.5mg)

<作り方>

1.玉ねぎ、にんにく、しょうがをボールにすりおろし、分量を量る:(用意する目安としては、玉ねぎは小1/4コ、にんにくは1かけ位です)

2.じゃがいもは別の容器にすりおろしておく

3.1にひき肉、塩、砂糖、こしょう、ハーブおよびつなぎとして2のすりおろしたじゃがいもを入れて、よくこねる

4.材料を四等分する

5.ラップを2重にして敷き、1/4のネタを真ん中にのせて形を整えながら巻き、両端は輪ゴムでシッカリと縛る

6.5の材料を沸騰したお湯にいれ、小さな泡がぶつぶつ上がってくる程度の温度(90℃程度)で15分間加熱殺菌する

7.粗熱が取れたらすぐに冷蔵庫へ。できたてを軽く焼いて食べても美味しいですよん(^^)v。すぐに食べない場合は冷凍庫で保管のこと

ほかにも低たんぱく食のレシピをご用意しておりマス。

低たんぱく食レシピ集カテゴリ
レシピの一覧は低たんぱくレシピ集までどうぞ。

人気ブログランキングへ

もしもお役に立てていただけましたら、
応援クリックをお願いできませんでしょうか?wink

tulipトップページはこちらデス~カラダにイイこと始めよう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧